コピーライティング テクニック文章を書く力、コピーライティングスキルは、ビジネスで欠かすことができない重要なスキルです。

例えば、ブログの記事、メールマガジン、Web広告、ダイレクトメール、チラシや名刺まで、全てコピーライティングスキルがあるか、ないかで結果が大きく変わってきます。

また、コピーライティングスキルは文章だけではなく、実際に話す時にも必要だとも言えます。

コピーライティングスキルが高い人の話と、コピーライティングを学んでいない人の話を比較すると、明らかに前者の方が見込み客を惹きつけることができます。

そこで、この記事では、実際にすぐに使える3つのコピーライティングテクニックをご紹介します。

すぐに使えるコピーライティングテクニック1
反応率の高いタイトル

コピーライティング テクニックブログの記事、メールなど文章で最も重要な部分はタイトルです。

なぜなら、ほとんどの人はタイトルだけを見て、自分に必要なコンテンツなのか、どうかを判断するからです。

タイトルを見て自分に必要な情報だと感じたら、記事を読み進め、不要だと感じたら、記事を読むことはありません。

メールであれば、読まないどころか、開く前にゴミ箱へ直行となってしまいます。

反応率の高いタイトルには、あらかじめいくつかの「型」があります。

これをそのままあなたの文章に使うだけで、反応率を上げることができるでしょう。

反応率の高いタイトルの3つのテンプレート1
欲求を刺激する

  • なぜ一部の人たちは、どんなに食べても太らないのか?
  • なぜあの人は、集客に困らず毎月売上を拡大できているのか?

多くの人は、一部の人だけしか知らない秘密を持っていると思っています。

その秘密を持っている人だけが得をしていると感じています。

そして、その秘密を知り得をしている人と同じように自分もその秘密を知りたいと思っています。

反応率の高いタイトルの3つのテンプレート2
恐怖を与える

  • 結婚記念日。すっかり忘れてしまったら、あなたはどうしますか?
  • もし今帰ったら、知らない男性が奥さんと…
  • 突然会社からリストラされたら、あなたはどうしますか?

このように恐怖を与えるようなタイトルは、続きを読ませる強力なモノです。

できれば起きてほしくないことや起きてしまったら最悪の事態を文字にして伝えると思わず続きが気になってしまいます。

反応率の高いタイトルの3つのテンプレート3
ニュース性

  • 太りにくい「間食の摂り方」
  • 男性が本当に嬉しい褒め言葉TOP5
  • NYで人気のドーナツ店が再び復活

「新しいことが始まる」「何だかすごそうだな」「過去にない情報を得られる」といったワクワク感を与えることができれば、集中して記事や動画といったコンテンツを見てもらうことに繋がります。

ニュース性を出すには、好奇心を刺激する言葉とベネフィットを入れることが重要になります。

ベネフィットは、商品がお客様に約束できる結果や変化など、得られる未来のことです。

  • 購入者にとってどんな得があるのか?
  • どんな良い結果をもたらしてくれるのか?
  • その商品は、お客様に何をしてくれるのか?

などを伝えることが重要です。

すぐに使えるコピーライティングテクニック2
文章に惹きこむ書き出し

コピーライティング テクニックタイトルの次に重要なのが、文章の書き出しです。

出だしの一文で読者の心を掴むと、精読率は跳ね上がります。

多くの人がここを失敗してしまっています。

例えば…

あなたは、原宿を歩いていると、「日本発上陸!欧米で人気NO1のパンケーキ」という看板が目に入りました。

丁度、小腹がすいていたあなたは、興味を持ち店に入ることにしました。

席に着くと、店員がやってきて、「今日は暑いので、ソフトクリームがおすすめです。」と言われたら、あなたはどう思うでしょうか?

ソフトクリームではなく、欧米で人気NO1のパンケーキを求めて店に入ったあなたは、おそらく、不快に思うでしょう。

これは、タイトルで興味を掴んだのに、出だしの一文で折角のお客様を逃してしまっているのと同じです。

このようなことをやっている文章はとても多くあります。

文章に惹きこむ書き出だし1
ストーリー

もっともシンプルに読者の興味を惹き付ける方法はストーリーを語ることです。

例えば、

  • タイトル:「突然会社からリストラされたら、あなたはどうしますか?」
  • 書き出し:「雪がちらつく凍えるような2月末のある日…」

文章に惹きこむ書き出だし2
驚きを与える

驚きや衝撃を出だしの一文で与えると嫌でも最後まで読んでしまいます。

例えば、

  • タイトル:「帰ったら、知らない男性が奥さんと…」
  • 書き出し:「体調不良で会社を早退したら、クローゼットから全裸の男が出てきた…」

文章に惹きこむ書き出だし3
偉人の名前と名言

書き出しに偉人の名前と言葉を使うことで文章全体の信頼性を増すことができます。

例えば、

  • タイトル:「なぜあの人は、集客に困らず毎月売上を拡大できているのか?」
  • 書き出し:「あのアップル創業者のスティーブ・ジョブズは…」

書き出しを少し工夫するだけで、あなたの文章を最後まで読み進めてくれる確率は大幅に上がります。

タイトルからスムーズな書き出しができるように意識してをして書きましょう。

すぐに使えるコピーライティングテクニック3
文章を書く上での心構え

コピーライティング テクニック文章と対面のコミュニケーションには、共通点があります。

それは、人を惹き付けるためには熱意が欠かせないということです。

しかし、文章は目の前に人がいる訳ではないので、熱量が下がってしまい、いざ文章を書こうと思っても「書けない」という問題が生じることがあります。

そんな時に、文章を書く上での2つの心構えを知っておくと、「文章が書けない」という問題を解決させることができます。

「文章が書けない」という問題を解決させる心構え1
書いて書いて書きまくる

とにかく手を動かし続けてみることです。

内容は後回しで良いので、キーボードを打ち続けることで、調子が出てくるものです。

調子が出てくる前の文章は、もしかしたら使えない文章かもしれませんが、エンジンがかかるまでの助走だと思えば良いのです。

やる気がないからやらないのではなく、行動しないからやる気が上がらないのです。

一度始めれば、最後まで続けることができるようになります。

「文章が書けない」という問題を解決させる心構え2
評価を恐れない

文章を書くことができない原因の一つに恐怖があります。

「こんなこと言ったら、批判されるかもしれない」という感情は、無意味な感情です。

批判をする人は、どんなことを書いても批判をします。

また、よっぽど知名度がある人ではない限り、炎上することなどありません。

特にこの記事を読んでいるあなたは、自分のビジネスの為に記事を書くはずです。

だからこそ「自分は、この分野に関して、深い知識を持っていて、この記事は、ライバルの記事よりも役に立つものだ」と自信を持ちましょう。

「自分はこの分野では一番だ!」と自己暗示をかけましょう。

あなたの熱意は読者に伝わります。

熱意にあふれた文章を、後から調子を和らげることはできますが、もともと熱意のない文章を後から熱意を追加することはできません。

まとめ

文章はあなたの伝えたい情報を出来るだけ分かりやすく伝えることに集中するべきです。

この記事で書いた3つのことを意識して文章を書いていれば、あなたは素晴らしい文章を書けるようになります。