オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン

オープンクエスチョンとは、「イエス」「ノー」での回答ではなく、自由に返答できる質問を言います。

when(いつ)where(どこで)who(誰)what(何)why(なぜ)how(どうやって)の「5W1H」を使った質問です。

オープンクエスチョンを使いこなせるようになることで、会話を広げることができます。

なぜなら、相手の考えを具体的に知ることができるので、コミュニケーションが活発になるからです。

オープンクエスチョンに対して、クローズドクエスチョンとは、「イエス」「ノー」で答えられるような質問の仕方です。

クローズドクエスチョンをうまく使いこなすことで、相手との会話を広げるきっかけになるのです。

また、会話をコントロールすることになります。

なぜなら、質問者が話題を決定することができるからです。

この記事では、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを理解し、使いこなすことでコミュニケーションを活性化させる方法をお伝えしていきます。

1:オープンクエスチョンとは

オープンクエスチョンはwhen(いつ)where(どこで)who(誰)what(何)why(なぜ)how(どうやって)の「5W1H」を使って質問をするということです。

5W1H

when(いつ)

それを知ったのはいつですか?

where(どこで)

どこでその商品を手にしたのですか?

who(誰)

これを選んだのはですか?

what(何)

あなたが最近読んだ本はですか?

why(なぜ)

なぜその本が好きなんですか?

how(どうやって)

どうやって○○さんとの人脈を築いてきたのですか?

オープンクエスチョンのメリット

自由に回答することができる

オープンクエスチョンは、「イエス」「ノー」では回答できないため、相手から幅広い答えを引き出すことができ、その結果、会話が盛り上がります。

気づきが生まれる

オープンクエスチョンは、相手に考えを深めるきっかけを作ることにも繋がるため、質問をされた方は新たな気づきが生まれる

考えるきっかけになる

普段、考えないようなことを考えるきっかけになります。

オープンクエスチョンのデメリット

時間が掛かる

考えさせる質問をするため、答えを得るまでに時間がかかる場合があります。

なので、答えを急いでいる場合にはオープンクエスチョンは、適しません。

相手が答える際に十分に考える時間が必要になります。

予想外の答えが返ってくることがある

自分の価値観にない、思いがけない返答が返ってくることがあります。

なので、質問をする側(コーチ)は、相手の答えをしっかりと受け止める姿勢や柔軟性が必要になります。

信頼関係が必要

相手とそれほど親密でなかったり、信頼関係が気付けていない場合に際どい質問をすると「答えられません」という答えが返ってくることがあります。

また、「特に…」「別に…」などといったそっけない答えが返ってきてしまい、会話がそれ以上発展しない、ということも起こりえます。

なのでオープンクエスチョンを行う前に十分な信頼関係を築く必要があります。

2:クローズドクエスチョンとは

クローズドクエスチョンは、「イエス」「ノー」で答えるような質問です。

クローズドクエスチョンの例

本は好きですか?

「イエス」or「ノー」

昨日、テレビを見ましたか?

「イエス」or「ノー」

目標を達成したいと本気で思っていますか?

「イエス」or「ノー」

クローズドクエスチョンのメリット

相手から答えを素早く得ることができる

クローズドクエスチョンは、「イエス」「ノー」で回答できるため、相手から素早く答えを引き出すことができます。

事実を明確にすることができる

クローズドクエスチョンは、「イエス」「ノー」で回答できるので白黒がはっきりします。

なので、事実のみを明確にすることができます。

話題をコントロールできる

質問側が話題を振ることができるため、コントロールしやすいと言えます。

答えも「イエス」「ノー」の2種類なので、予測することができます。

意思確認できる

例えば「このプロジェクトをリーダーとしてやってくれるか?」というクローズドクエスチョンをすると、相手は「はい!やります!」と答えるとします。

「はい!やります!」答えることに「絶対に成功させよう!」と決意を新たにすることもできます。

このように、相手の意思確認を行うだけではなく、相手のモチベーションを上げたい場面で活用できます。

クローズドクエスチョンのデメリット

質問され続けると尋問されているように感じる

クローズドクエスチョンばかりを使ってしまうと、質問攻めされているような感じを受けます。

「イエス」「ノー」ですぐに答えが出るので、質問量が多くなり、それが訊問と思われてしまいます。

バランスよく、オープンクエスチョンと合わせることでこれを解決できます。

クローズドクエスチョンだけでは会話が広がらない

クローズドクエスチョンは答えが「イエス」「ノー」で完結します。

親しい仲でない限り、1ターンの質問と答えで会話が終わってしまいます。

よって、クローズ・ドクエスチョンのみで盛り上がる会話をすることは難しくなります。

3:オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを融合させる

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンそれぞれメリットがあればデメリットもあることをご理解いただけたと思います。

この2つを組み合わせることによって、スムーズで途切れない会話の流れを作ることができます。

会話のスタートはクローズドクエスチョンから入り、オープンクエスチョンで会話を広げていきます。

これを繰り返すことで、会話がどんどん広がり、相手のことをより知ることができます。

結果、話題をコントロールできます。

4:まとめ

オープンクエスチョンを使うことで、信頼関係を築きながら相手の考えや思いを知ることができます。

そして、クローズドクエスチョンも適切な使い方をすることによって、会話を盛り上げる場を作り上げるのにとても有効です。

さらに、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを融合させることで、スムーズで途切れない会話の流れを作ることができ、それが信頼関係を築き上げることにつながります。

オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンをスムーズに使いこなして会話を盛り上げられるようになるには、とにかく日頃から積極的に試すことが近道です。

ぜひ、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを意識して取り入れ、会話を盛り上げられるようにしてみてください。

 

無料体験コーチング