コンテンツ やってはいけないことブログ集客を行うには、コンテンツが最も重要になります。

ブログで記事を書く上でやってはいけないことは、一昔前のSEOコンサルタントという方々が行っていたモノで、今それをやってしまうと全く効果がないだけではなく、Googleからペナルティーを受けてしまう恐れがあります。

もし、あなたがこれらをやってしまっていたら、ブログで集客することは無理だと言えます。

そこで、この記事では、Googleからペナルティーを受けてしまう!?コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないことをご紹介します。

これをもとに、あなたのブログを見直してみてください。

コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないこと1
キーワードに関するNG行為

コンテンツ やってはいけないこと

1:1つのコンテンツ内に複数キーワードを設定

様々なキーワードを1つのコンテンツ内で、最適化しようとすると、1つ1つのキーワードが薄まってしまいます。

その結果、どのキーワードでも検索上位に表示されなくなります。

従って、欲張らずに1コンテンツ1キーワードを最適化するようにしましょう。

2:キーワードを過剰に詰め込む

キーワードの使用率は、3%~7%以下が理想です。

箇条にキーワードを詰め込み、使用率が10%を超えるとペナルティーを受けると言われています。

1つのコンテンツ内でのキーワード使用率は、多くても7%程にして、自然な使い方を心がけるべきです。

不安な時は、こちらの「ohotuku.jp」というツールで無料で調べることができます。

コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないこと2
リンクに関するNG行為

コンテンツ やってはいけないこと

1:関連性のないサイトからのリンク

あなたのコンテンツと全く関連性がないサテライトブログからのリンクは意味がありません。

また、リンクファームも同じです。

高額なSEO業者が過去に行っていた自作自演の小細工は、今はもう通用しないのです。

2:1つのサイトからの過剰な相互リンク

同じサイトから、過剰な相互リンクを貼ると、リンクの購入やリンクスパムとみなされることがあるため気を付けるべきです。

また、1つのページからの過剰な外部リンクも同じです。

3:リンクファームに発リンクとリンク切れ

Googleに推奨されていない媒体にリンクを送ること自体が危険です。

例えば、リンクファームなどです。

そのような媒体にリンクを送るだけで、大きな減点要素となります。

また、リンク切れにも注意する必要があります。

定期的にチェックしするようにしましょう。

4:クロスリンク

クロスリンクとは、3つ以上のサイトを使った相互リンクのことです。

例えば、アメブロから、Facebookにリンクして、FacebookからWordPressにリンクすることを言います。

これは、大きな減点要素となるります。

5:隠しリンク

訪問者からは見えなくて、検索エンジンロボットだけから見られるようになっているリンクを隠しリンクと言います。

当然、このような小細工は今の時代、すぐに見つかってしまいます。

コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないこと3
コンテンツに関するNG行為

コンテンツ やってはいけないこと

1:不適切なデザイン・コーディング

検索エンジンは、キレイなデザインで簡潔なコーディングのWEBサイトを好みます。

どこに何があるのか分からないような内部構成になっていると、適切に読み込んでくれません。

2:隠しテキスト

文字の色と背景色が、全く一緒でドラッグしなければ確認できないようなテキストは減点の対象です。

3:クローキング

クローキングとは、人間のユーザーと検索エンジンに対しそれぞれ異なるコンテンツ、またはURLを表示することです。クローキングは、Google のユーザーが予想した結果と異なる結果をユーザーに提供するものであるため、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反と見なされます。

~ 引用元:Search Console ヘルプ ~

4:重複コンテンツ

オリジナルな記事だとしても、サイト内でコンテンツの内容が重複している場合、ペナルティの原因となることがあります。

このような場合は、どちらか一方を削除するようにしましょう。

コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないこと4
ドメインやURLに関するNG行為

コンテンツ やってはいけないこと

1:URLの長さ

URLの長さは、検索ランキングに影響しません。

2:IPアドレス

IPアドレスが、スパム判定されていると検索ランキングには表示されません。

しかし、スパム判定されていなければ、IPアドレスによる影響はありません。

3:GoogleアドセンスやGoogleアドワーズ

Googleは、アドセンスユーザーやアドワーズユーザーを特別扱いしません。

優遇も冷遇もしません。

4:ホスティングエラーの連発

あなたがレンタルしているサーバーに何らかの問題が起こって、サイトが表示されなくなるという状態が頻発すると減点されてしまいます。

なので、無料のサーバーを使うのではなく、多少のコストが掛かってしまっても有料のレンタルサーバーを契約すべきです。

弊社では、エックスサーバーを使っています。

5:過剰にrobot.txtを使う

robot.txtを使うと、検索エンジンロボットに巡回させるページと、巡回させたくないページを分けることができます。

しかし、これが過剰だと、検索エンジンロボットの巡回頻度が落ちると言われています。

必要最低限に抑えるべきです。

6:リダイレクト

リダイレクトとは、ウェブサイトの閲覧において、指定したウェブページから自動的に他のウェブページに転送されること。URLリダイレクトとも言われる。
通常はウェブページのURLが変わったときに、元のURLから新しいURLへ誘導するときに用いられる。フィッシング詐欺サイトへの誘導などで用いられている場合もある。

~ 引用元:wikipedia ~

リダイレクト自体が、ブラックハットSEOなので絶対にやめましょう。

コンテンツを作る際に絶対にやってはいけないこと5
その他NG行為

コンテンツ やってはいけないこと

1:Flash

検索エンジンロボットはフラッシュムービーをインデックスすることはできません。

Flashのみで構成されていてHTMLがないサイトは、集客ブログにすることはできません。

どうしてもFlashでサイトを構成したい場合は、検索エンジンにも認識されるようにテキストも含めておくようにしましょう。

2:ナビメニューの画像リンク

何故だか、ナビゲーションメニューを画像にしているサイトを多く見かけますが、SEO的には明らかにテキストの方が良いです。

特別画像にする理由がないのであれば、テキストリンクで構成しましょう。

まとめ

 

ブログを使って集客するには、正しいことを継続してやり続けることです。

ユーザーにとって好ましくないコトを検索エンジンも嫌います。

是非、参考にしてブログ集客を実現させてください。