コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素ここ数年、様々な企業が「コンテンツマーケティング」に取り組んでいます。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値あるコンテンツを公開し続け、ユーザーにファンになってもらい最終的に商品、サービスを販売していくというモノです。

価値あるコンテンツを提供し続けることがコンテンツマーケティングの大前提です。

しかし、このコンテンツマーケティングは即効性がないことから、とりあえず始めてみたはいいものの、本当に成功しているのか不安に感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

この記事では、コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素を解説します。

コンテンツマーケティングが注目された理由

コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素まずは、コンテンツマーケティングが注目されはじめた背景を知っておきましょう。

Googleはユーザーファーストを貫いてます。

「ユーザーが求めるコンテンツが見つけやすい検索エンジン」を目指しているのです。

しかし、数年前まではアルゴリズムの隙をつくブラックハットSEOが横行しました。

このことから、価値のないコンテンツが検索上位を独占してしまうという問題が発生しました。

そこで、Googleは大幅にパンダアップデートとペンギンアップデートを行い本来の「ユーザーが求めるコンテンツが見つけやすい検索エンジン」に近づけました。

今までのように、ブラックハットSEOを行っているとペナルティを受けるケースも多発しています。

徐々にGoogleが推奨するホワイトハットSEOへのシフトが始まりました。

Googleのアルゴリズムの変化に伴い、コンテンツを重視したコンテンツマーケティングに注目が集まり始めました。

パンダアップデートとペンギンアップデート

2012年、Googleは2つの大きなアップデートを導入しました。

コンテンツの「質」を評価する「パンダアップデート」とリンクの「質」を評価する「ペンギンアップデート」です。

パンダアップデートは、GoogleのBiswanath Panda(ビスワナス・パンダ)氏が中心となって行われたアップデートのため、パンダアップデートと呼ばれています。

その後、ペンギンアップデートが導入されました。

パンダが「白・黒」の動物なので、同じ白黒の動物の名前を付けるという意味で、ペンギンという名前になったと言われています。

この2つのアップデートによって、真面目に正攻法でサイトを運営していた人のサイトは検索上位に上がりました。

その半面、悪質なSEOを行っていたサイト運営者は、検索上位表示されていたのに圏外に飛ばされてしまった…
ということが起きました。

そして、現在もたくさんのサイトの順位が変動し続けています。

パンダアップデートとペンギンアップデートとはどのようなモノなのかを明確にして、それによってペナルティーを受けないための方法をご紹介していきます。

パンダアップデート

パンダアップデートは、内的SEOに対するアップデートです。

  • 自動生成されたコンテンツが多いサイト
  • 内容の薄いコンテンツが多数あるサイト
  • 他のサイトと内容が重複しているコンテンツが多数あるサイト

これらに該当するサイトのスコアを下げるアップデートです。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは、外的SEOに対するアップデートです。

  • 自動生成されたような内容の薄いサイトからのリンクを集めていたサイト
  • リンク販売業者から購入したと思われるリンクを集めていたサイト
  • 多数のリンクを自作自演行為で集めていたサイト

これらに該当するサイトのスコアを下げるアップデートです。

コンテンツマーケティングを行う目的

コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素コンテンツマーケティングは、見込み客に向けてコンテンツを発信し、見込み客から顧客へと育成するための手段です。

即効性のあるマーケティングではないので、ある程度の期間取り組む必要があります。

なので、コンテンツマーケティングが成功しているか否かの不安が押し寄せてきます。

成功しているか否かを判断するのは計測です。

まずは、GoogleアナリティクスなどでPV数や検索ワードなどを調査します。

意図した検索ワードで集められていなければ、元も子もありません。

しかし、コンテンツマーケティングの最大の目的は「ファンの獲得」です。

ではファンを獲得するには何を行えばいいのでしょうか。

そこで、コンテンツマーケティングで成功に必要な3つの要素を解説します。

コンテンツマーケティングを成功に導くために必要な3つの要素

コンテンツマーケティングを成功させるためには、絶対におさえるべき要素が3つあります。

  1. 一人の理想的な見込み客
  2. 対策キーワードの選定
  3. コンテンツ作成

それでは、1つずつ具体的に解説していきます。

 

コンテンツマーケティングを成功に導くための要素1
一人の理想的な見込み客

コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素「一人の理想的な見込み客」は、マーケティングの業界では「ペルソナ」に似たことです。

「ペルソナ」とはマーケティング業界では「象徴的な利用者像」と解釈されています。

「一人の理想的な見込み客」をしっかりと作り上げることでターゲットの行動パターンやニーズをより明確にできます。

コンテンツマーケティングにおいて、ターゲットユーザーへの理解は欠かせません。

 

一人の理想的な見込み客を設定する時の注意

一人の理想的な見込み客を決めるときに、妄想やイメージだけで設定してはいけません。

なぜなら、それは予測でしかないので、大幅にズレている可能性があるからです。

当然、コンテンツ提供側と見込み客にズレがあったらコンテンツマーケティングは成功しません。

念入りにリサーチを行い、必ず実際のデータを参考にしましょう。

年齢や性別を特定し、どのような生活スタイルなのか、そして日ごろからどんなことにフラストレーションを持っているのかなどを具体的にします。

どんな悩みがあり、どんな未来を望んでいるのか…

これらを具体的にして一人の人物を作り上げることです。

これにより、あなたのコンテンツがよりメッセージ性の高いモノとなり、その一人の理想的な見込み客の心を動かすことに繋がってくるのです。

コンテンツマーケティングを成功に導くための要素2
対策キーワードの選定

コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素コンテンツマーケティングを行う為には、SEOを意識して適切なキーワードを選定できるスキルは非常に重要です。

適切なキーワードを設定し、それに沿って作られたコンテンツは、検索ユーザーに見てもらえる確率が高くなり、更にGoogleからも評価されやすくなります。

コンテンツマーケティングの主な流入源は検索エンジンとSNSです。

特に検索で流入してくるユーザーはニーズを持った能動的なユーザーなので、コンバージョン率も高くなります。

必ず効果測定をする

コンテンツマーケティングはユーザーが起点となります。

ユーザーの反応を無視してコンテンツを作り続けてはいけません。

常に検証と改善をしていくことが重要です。

なので、以下のツールを使い効果測定を必ず行いましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスはこちら

Google Search Console

Google Search ConsoleはWEBサイトの状態をチェックして改善するためのツールです。

Google Search Consoleはこちら

Facebookページインサイト

Facebookページインサイトは、コンテンツごとの拡散性を測定するのに不可欠です。

どのようなコンテンツがシェアされているかを分析し、傾向をつかむことができれば安定して拡散性の高いコンテンツを作成することができます。

コンテンツマーケティングを成功に導くための要素3
コンテンツ作成

コンテンツマーケティングで成功するための3つの要素対策キーワードを選定したら、良質なコンテンツを作成します。

このときに意識することは、一人の理想的な見込み客に向けてコンテンツを作るということです。

あなたにとって理想的な見込み客が男性なのか、それとも女性なのかでコンテンツは大きく変わっていきます。

拡散されるコンテンツを作成する重要性

FacebookやTwitterといったSNSで拡散されるようなコンテンツを作ることも重要です。

コンテンツマーケティングにおける流入源は「検索エンジン」と「SNS」となります。

検索エンジン経由のユーザーを獲得するためにはSEOを強化する必要があります。

当然、最初から上位表示されることはないので時間が掛かってしまいます。

一方、FacebookやTwitterといったSNSは、拡散されれば早く多くの新規ユーザーを獲得できる可能性があります。

拡散されることでナチュラルな被リンクも増えます。

拡散してもらうためには、良質なコンテンツを作るしかありません。

圧倒的に価値ある情報を提供することです。

当然、それ以前にFacebookやTwitterですぐに拡散できるようなWebサイトにしておく必要もあります。

最低でも気に入ってもらえたらすぐに拡散できるようにFacebook、Twitter、はてなブックマークのリンクを貼っておきましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングを成功させるためには、見込み客を明確にしてキーワードの選定を行います。

キーワードを選定したら、良質なコンテンツを作成し続けます。

そして、常に測定を行い実際にどれだけのユーザーに届いているかを確認します。

重要視すべきことは、良質なコンテンツを提供するということです。

これができなければ、コンテンツマーケティングの成功はありません。

しかし、誰が見ても価値を感じるコンテンツというのは作ることができません。

なぜなら、人はそれぞれ違うからです。

例えば、この記事をビジネスにまったく興味を持っていない小学生が見て、価値を感じることはありません。

逆に私が玩具などの情報が満載のコンテンツを見ても価値を感じません。

だからこそ、一人の理想的な見込み客を明確にすることが大切なのです。

見込み客が検索するキーワードで、見込み客が価値を感じるコンテンツを作れば良いのです。

まずは、コンテンツマーケティングの一歩目として、見込み客を具体的にしてみてください。