コンテンツマーケティングとは、

コンテンツマーケティングとは、見込み客にとって価値ある良質なコンテンツを提供し見込み客を育成し、ファンとして定着させることを目指すマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングは、2011年頃から注目されはじめました。

そして現在は、成果を出している企業や個人が続出し主流のマーケティング手法となっています。

ここ数年、様々な企業や個人が「コンテンツマーケティング」に取り組んでいます。

しかし、このコンテンツマーケティングは即効性がないことから、本当に成功しているのか不安に感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

この記事では、コンテンツマーケティングとはどのような手法なのか解説していきます。

過去と現在と新たなインターネットマーケティング

まずは、過去と現在のインターネットマーケティングの変化について理解しておきましょう。

過去のインターネットマーケティングの主役となっていたのは、リスティング広告やSEOでした。

成果を見る指標は「クリック単価」を下げることが主流となっていました。

近年は、リスティング広告やSEOにリターゲティング広告やDSP広告が加わりました。

成果を見る指標は、クリック単価を下げることに限界がきたことにより「顧客獲得単価」が主流となりました。

これにより、ランディングページを改善し、登録率を上げることが重要視されました。

これまでのインターネットマーケティングは「安く」そして「効率よく」新規顧客を獲得することが重要視されていました。

しかし、これも限界がき始め「長期的」に「関係性を築く」ことが注目されました。

コンテンツマーケティングは、見込み客に価値を提供し続け、ファン化させる戦略です。

 

リスティング広告に依存する大きなリスク

今現在、リスティング広告の単価は上がり続けています。

過去に収益が出ていたキーワードも価格が高騰していることで採算が悪くなってきています。

このように価格が高騰している原因は、限られた広告枠を多くの広告出稿者が奪い合いをしているからです。

リスティング広告は、即効性の戦略です。

  • 「今すぐ資料請求してもらいたい」
  • 「今すぐ登録してもらいたい」
  • 「今すぐ購入してもらいたい」

という目的を果たすための戦略です。

売上に直結しやすいのですが、ライバルや競合も同じように考えているため価格が高騰しているのです。

特に検索数の多い人気のビッグキーワードは、さらに価格が高騰し続けると予測できます。

なので、リスティング広告に依存しているのであれば、それは大きなリスクとなってしまいます。

コンテンツマーケティングのメリット

 

コンテンツマーケティングのメリット1
広告宣伝費を抑えることができる

コンテンツマーケティングは、一度コンテンツを公開するとそのコンテンツ自体を削除しない限り機能し続けます。

コンテンツを増やせば増やすほど見込み客との接点が増え続けます。

その結果、費用対効果が改善していいきます。

継続することで、コンテンツが資産となることは大きなメリットです。

 

コンテンツマーケティングのメリット2
専門家として認知・信用・信頼される

2つめのメリットは、コンテンツマーケティングを通じて、「専門家」として認知され、信用され信頼されるようになることです。

見込み客が価値を感じるコンテンツを継続して提供することで、「〇〇と言ったら○○(あなた、あなたのサイト)」というように「専門性のある企業(人)」として認識されます。

下手なブランディングを行うよりも、効果的に専門家として認知されるようになります。

 

コンテンツマーケティングのメリット3
情報を拡散できる

検索エンジンやFacebookやTwitterなどのSNSを通じて、コンテンツを探している人が情報を見つけ出してくれるようになります。

さらにコンテンツを読んで価値を感じた人は、メールやTwitter、Facebookなどで知人や友人に紹介してくれるので、口コミも働くようになります。

広告に頼らなくても、自然と情報を拡散できるようになります。