スマホやタブレットが普及したことで、動画はより身近になっています。

それに合わせて、ブランディングや商品・サービスのプロモーションとして、通常のコンテンツマーケティングに動画を活用して成果を上げる企業や個人が大幅に増えています。

では、なぜコンテンツマーケティングに動画を活用することが効果的なのでしょうか?

この記事では、コンテンツマーケティングに動画を活用し成功させるコツをご紹介します。

 

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを提供し続けることで、見込み客との長期的な関係性を築き、最終的にコンバージョンへ結びつけ、さらにはリピーターになってもらうことを目的としています。

価値の高い良質なコンテンツを提供することで、見込み客を惹き寄せるマーケティング手法です。

そのためには、ターゲットとなる見込み客が求めているコンテンツを継続して提供することが重要なポイントです。

コンテンツマーケティングで動画を活用すべき理由1
動画市場の拡大

スマホやタブレットの普及により、動画市場は急速に拡大しました。

YouTubeの動画投稿は、世界で1分あたり400時間以上と言われています。

ブランディングの一環としてYouTubeチャンネルを開設する企業や個人も増え続けています。

YouTubeだけではなく、Facebookも動画に力を入れています。

Facebookの動画視聴時間は1日1億時間に達すると言われています。

他にもInstagramやTwitter、LINEなど様々なSNSで動画が注目され、ライブ配信が盛んになっています。

動画市場は今後も大幅な成長が見込まれています。

コンテンツマーケティングで動画を活用すべき理由2
情報発信力

動画を使うことで、声や仕草に感情をのせることができます。

感情をのせられることは、文章だけでは伝えきれないので、大きなメリットとも言えます。

また、文章と比べると、短時間で圧倒的な情報量を伝えることが可能です。

情報量が多い動画なら、テキストよりはるかに短時間で、的確かつわかりやすく伝えられます。

 

動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるポイント

動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるためのポイントをお伝えします。

動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるポイント1
ターゲットを絞り込み目的を明確にする

まずは「誰に何を目的とした動画なのか」を明確にしましょう。

大企業のように資金が豊富にある場合は、より多くのターゲット層に認知されることが大切な場合があるのですが、中小企業や個人は違います。

中小企業や個人がコンテンツマーケティングを行う場合、ターゲットを極限まで絞り込むことが重要になります。

これができていないと、コンテンツマーケティングの効果が上がりません。

また、提供する動画がどのような目的なのかも明確にします。

  • ファンの獲得
  • 商品・サービスの購入
  • ブランディング

など、提供する動画が何を目的にしているかによっても、訴求ポイントは異なります。

ターゲットの性別、年齢、職業、趣味などによっても、動画の内容は変わります。

動画を制作する際は、ターゲットを絞り込んだ上で目的を明確に設定してから制作するのが、動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるポイントです。

動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるポイント2
拡散されやすいコンテンツを意識する

YouTubeやFacebookなどSNSでシェアされ、拡散効果を期待するのであれば、拡散されやすい内容を意識して作ることが大切です。

SNSでの拡散は、ターゲットがその動画を見て、共感や感動した時、もしくは、共感を共有したいと思うことから始まります。

一般的にシェアされやすい動画は

  • 感動的な動画
  • 価値を感じるハウツー動画
  • クスッと笑ってしまう面白い動画
  • 犬や猫などの癒される動画
  • 高クオリティーで格好いい動画

などです。

動画を活用したコンテンツマーケティングを成功させるポイント3
導線を構築する

動画を制作しても、ターゲットが動画を観て終わってしまっては意味がありません。

動画を観てもらった後に、どのような行動を起こしてもらいたいのかを明確にして、その行動が起こる導線を構築する必要があります。

CTA(Call to Action)という行動喚起を設定し、動画を視聴したユーザーをLPに誘導し、メルマガ登録させるなど、コンバージョンに結びつける仕組みを構築しましょう。

まとめ

動画を活用したコンテンツマーケティングで特に大切なポイントは、ターゲットの絞り込みと目的の明確化です。

ターゲットと目的が明確になれば、ユーザーのニーズにマッチした動画コンテンツを作ることができます。

反対に、どんなに良質な動画コンテンツを作っても、ターゲットが絞り込めていなく、目的が不明確であれば、期待した反応やコンバージョンを得られにくくなります。

今後、動画はマーケティングの主役になるので、今のうちに基礎を身につけ、正しい活用方法を理解しておくことをオススメします。