コーチとはどんなビジネスなのか?

コーチとはどんなビジネスなのか?

この記事では、そんな疑問にお答えします。

今は、少しでも他の人よりも知識やノウハウがあれば、誰でもすぐにコーチになることができる時代です。

弊社では、独立して専門性を持ったコーチとして活躍する人材をサポートしています。

そこでここでは、「コーチとはどんなビジネスなのか?」をご紹介していきます。

コーチングとコンサルティングの違い

最初にコーチングと似ているコンサルティングの違いを明確にしておきましょう。

コーチングとコンサルティングを同じように考えている人が多いかもしれません。

コーチングとコンサルティング共に、クライアントを成功に導くという点では似ているかもしれません。

しかし、その性質は違います。

コンサルティングの場合、クライアントが抱えている問題に対して、その解決策を提示します。

その場で起こっている問題について、策を教えるのがコンサルティングです。

一方、コーチングは、問題を解決するのは同じですが、そのプロセスが違います。

クライアントが今抱えている問題の解決策を教えるだけではなくって、解決できるように導き、クライアントを成長させるのがコーチングです。

その場限りの問題解決ではなく、将来的に起こりえる問題にも対応できるようにクライアントを成長させるのがコーチングなのです。

クライアントの悩みや問題の本質となる原因を明確にして解決へと導くのが、コーチングです。

コーチとはどんなビジネスなのか?
其の1:様々な専門性を活かせるビジネス

コーチとはどんなビジネスなのか?

コーチングとコンサルティングの違いを明確にしたところで…コーチと聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?

きっと、コーチングの資格を持った人をイメージするのではないでしょうか。

ですが今では、このような資格を持つ人だけでなく、様々な専門分野を持ったコーチが存在するようになりました。

例えば、

・マーケティングコーチ・WEBコーチ・デザインコーチ・エグゼクティブコーチ・恋愛コーチ・人事コーチ・ピアノコーチ・着付けコーチ・料理コーチ・メイクアップコーチ・集客コーチ・営業コーチ・セールスコーチ・出版コーチ・起業コーチ・英会話コーチ・アンチエイジングコーチ・ダイエットコーチ・ファッションコーチ

など無数にあります。

昨今は「◯◯の専門家」というのは「◯◯コーチ」と使われるようになっています。

他の人よりも知識やノウハウがあればコーチになれる!

他にも「コーチ」とは呼ばれなくても、同じようなビジネス形態のものはたくさんあります。

例えば、弊社のクライアントさんの中には「キャラ弁研究家」という肩書きをつけた人がいます。

料理を作るのが得意で、子供の弁当を作るのが好きで他の人よりもキャラ弁当について詳しく、サポートができるというのがコーチ(研究家)としての仕事を始めたきっかけでした。

ちなみにキャラ弁研究家という資格は存在しませんし、作るのにも資格はいりません。

つまり、コーチとしてのビジネスを行うには、資格は不要だということです。

何か悩みや問題がある人に対して、自分の成功体験や失敗体験、知識やノウハウからクライアントをサポートをしていくことができるのがコーチという仕事です。

だからあなたも、クライアントよりも経験があったり、知識やノウハウがあれば、すぐにでもコーチになれるのです。

 

コーチとはどんなビジネスなのか?
其の2:知識を提供するビジネス

コーチとはどんなビジネスなのか?

コーチの仕事は、知識やノウハウを活かしてクライアントの悩みや問題を解決し、目標達成のサポートをするビジネスです。

つまり、クライアントに知識を提供するビジネスのことを言います。

体を動かしたビジネスではなく、頭を働かせ知識を提供するビジネスです。

コーチは、悩みや問題を持ったクライアントに対して、その悩みや問題の本質となる原因を明確にして、的確な質問やアドバイスをすることによって解決へと導きます。

しかし、コーチ自身が問題を解決するわけではありません。

コーチはコーチングスキルを使いクライアントの頭を整理し、気づきを与え、解決方法を導き、アドバイスをすることが仕事です。

実際に解決するのはクライアント自身なのです。

コーチは、知識を提供するビジネスなので「1対1」である必要はありません。

つまり、セミナーのように「1対複数人」で価値を提供できれば、一度にたくさんのクライアントの問題を解決することもできます。

稼いでいるコーチは、ほとんどの人がセミナーを開催しています。

「1対複数人」で価値を与えられるようになると収入に限度はなくなります。

セミナーを開催すれば、自分一人のビジネスでも年収1000万円は夢ではありませんし、もっと上を目指せます。

トップコーチは5000万、1億を超えています。

コーチとはどんなビジネスなのか?
其の3:自分で働き方を決めることができるビジネス

コーチとはどんなビジネスなのか?

コーチは、会社員とは違い働き方を自分で決めることができるビジネスです。

一般的な会社員の場合、毎朝同じ時間に起き、同じ時間に家を出て、満員電車や車で通勤をし出社します。

帰りも付き合いや残業があります。

しかし、コーチの場合は「会社」や「時間」「場所」「クライアント」に縛られることなく、自分で働き方を決めることができます。

コーチングやセミナーを行う時は、会場を借りることができますので、事務所を持たなくてもビジネスができます。

家事、育児が忙しくても自分で時間や場所を決めることができます。

勿論、自分で働き方を決めることができるということは、全てが自分の責任になります。

それが苦にならずに自分ですべてを決めて動ける人にとっては最適と言えるでしょう。

コーチとはどんなビジネスなのか?
其の4:人間性が影響するビジネス

コーチとはどんなビジネスなのか?

コーチは人間性が大きく判断される人気商売とも言えます。

経験が豊富でもスキルが高くても、素晴らしい知識やノウハウがあったとしても、コーチ自信の人間力が乏しい場合、クライアントがついてくれません。

実際に、コーチとして高い専門性のスキルや知識、ノウハウを身につけても、思ったようにクライアントを獲得できないと悩む方も多いです。

  • 毎日ブログを更新しているけれど、アクセスが増えない…
  • メルマガの読者登録が増えない…
  • セミナーを開催しても申し込みがない…
  • 無料体験のクライアントも集められない…

そうならないためにも自分自身の人間力を磨き続け、魅力的になることが大切になります。

不思議なことに、文書にも人間性が出ます。

人は、ブログやメルマガでも人間性を感じ取るのです。

勿論、セミナーやコーチングも同じです。

これは、人として「誰にでも好かれるいい人」になれ!ということではありません。

クライアントが抱えている悩みや問題、願望、欲求を知り、しっかりとクライアントの言葉に耳を傾け、共感でき、的確なアドバイスができるコーチは継続してクライアントを増やすことができるのです。

つまり、クライアントを尊重し、クライアントが悩みや問題を解決して目標を達成できるようにコーチが本気で関わることが大切なのです。

そうすることが、あなたの魅力を最大限に引き出す方法です。

コーチとはどんなビジネスなのか?
其の5:自由度が高いビジネス

コーチとはどんなビジネスなのか?

ここまで見ているのであれば、コーチというビジネスは、自由度が高いビジネスだとご理解いただけていると思います。

ニーズさえあれば、自分の専門性は自由です。

他の人よりも知識が高い趣味や特技だってビジネスになります。

自分でプログラムを作ることができるのです。

あなたの専門分野のことで困った人がいて、あなたがそれを解決する知識やノウハウを持っていれば、コーチになれます。

コーチングの価格も自由ですし、働く時間も自由です

1日3時間くらい働いて、家事や育児の時間に使うこともできます。

休みなく働き、ガンガン稼ぐことだってできます。

資格も必要ないので、今すぐコーチになることができます。

コーチになるには資格が必要だと思っていた方にとっては、少し驚いたのではないでしょうか。

あなたが自分の趣味や特技を教えて、それがクライアントの役に立ち、感謝され、お金も稼げる。

これがコーチというビジネスです。

コーチとはどんなビジネスなのか?
まとめ

弊社では、独立して専門性を持ったコーチとして活躍する人材をサポートしています。

 

今回は、コーチとはどんなビジネスなのかをご紹介しました。

ここまでをまとめると、

  • 其の1:様々な専門性を活かせるビジネス
  • 其の2:知識を提供するビジネス
  • 其の3:自分で働き方を決めることができるビジネス
  • 其の4:人間性が影響するビジネス
  • 其の5:自由度が高いビジネス

これからご自身の趣味や特技を活かした専門性を持ったコーチとして活躍する人が増えることを楽しみにしています。

この記事がコーチを目指す方のお役に立てば幸いです。