コーチ コンサルタント セミナーコーチやコンサルタントとして起業するならば、セミナーをやるべきです。

その理由は、起業して最も簡単に売上を上げることができるからだけではありません。

この記事では、なぜコーチやコンサルタントはセミナーをやるべきなのかを解説します。

しっかりとその理由を理解した上で、ぜひあなたもセミナーを開催してみてください。

コーチやコンサルタントがセミナーをやるべき理由1
収入を大幅にアップさせることができる

コーチ コンサルタント セミナーコーチやコンサルタントは、働けば働いた分収入を増やすことができ、働かなければ収入が入ってこない労働集約型ビジネスです。

一般的にコーチやコンサルタントとして起業する場合、自分一人で起業することが多いので、労働時間を含め、労働力には限界がありますので、収入に限界があると言えます。

コーチングやコンサルティングは基本的に一対一で行いますが、セミナーを開催すれば、一対複数になります。

つまり、人数を増やせば収入を増やすことができるのです。

一人10,000円のセミナーであれば、1人でしたら10,000円ですが、5名参加していただければ50,000円にすることができます。

10名であれば10万円になります。

セミナーは、同じ時間を使って5倍にも10倍にも売上をアップさせることができるのです。

しかし、セミナーは、開催日や開催場所が決められていることから、遠方の方には参加してもらうことができません。

また、セミナー会場の収容人数にも限界がありますし、日数にも限界があります。

さらには、会場を借りるとお金も必要になります。

そこで、遠方の方が参加できないという問題も、参加人数の限界という問題、日数の問題、会場費の問題も解決する方法をご紹介します。

それは、セミナーをビデオ撮影して動画コンテンツとして販売するという方法です。

ビデオカメラやスマホで、ビデオ撮影し動画として販売すれば、全ての問題を解決することができます。

DVDにしても良いと思いますが、それも制作費や配送費用がかかってしまうので、ダウンロードできるようにしておくことで、一切お金をかけずに配布することができます。

これで、限界がなくなります。

目先の売上だけを目的にした一回限りのセミナーではなく、一回のセミナーで最大限の売上を出すことを考えるべきだと言えます。

ぜひセミナーを撮影して動画コンテンツとして、販売してみてください。

コーチやコンサルタントがセミナーをやるべき理由2
接触頻度を増やし関係性を築ける

コーチ コンサルタント セミナークライアントと関係性を構築するために接触頻度がとても大切です。

セミナーは、クライアントとの接触頻度を増やすことができるため、関係性を築くことができます。

接触頻度が高まると、それだけで信頼度が高まります。

セミナーを行えば、直接の接触頻度が増えます。

メルマガを使って接触頻度を上げることも効果的ですが、直接会うことが最も効果的です。

コーチやコンサルタントがセミナーをやるべき理由3
立場が確立される

コーチ コンサルタント セミナーセミナーは、「指導者」と「受講生」という立場が明確になります。

たとえ、あなたが初めてセミナーを行う立場であっても「指導者」となり、そのセミナーに参加している方が10年以上会社経営をしている人でも「受講生」です。

実はこの「指導者」と「受講者」という関係性が意識しないでも権威性を高めることになります。

例えば、セミナー後にバックエンドで個別契約をしたとします。

すると、セミナーで「指導者」と「受講者」という関係が一度構築されているので、「商品販売者側」と「お客様」という関係ではなく、「先生」と「クライアント」という関係になります。

この関係性でなければ、アドバイスをした時に「こっちがお客様なんだぞ!」と反発が生まれてしまい、結果的に行動してくれなく成果を出すことに繋がりません。

コーチングやコンサルティングは、あなたではなくクライアント自身に動いてもらうビジネスなので、「先生」と「クライアント」という関係性がとても大切になるのです。

コーチやコンサルタントがセミナーをやるべき理由4
個別コーチングや個別コンサルティング契約に繋げやすい

コーチ コンサルタント セミナーセミナーを行うことで、あなたの価値観を直接伝えることができます。

直接メッセージを自分の言葉で伝えることができると、相手に正しくメッセージが伝えることができるので、信頼関係が構築しやすくなります。

また、明確な立場が確立されるので、当然、後のコーチングやコンサルティングの契約に結びつきやすいとも言えます。

コーチングやコンサルティングは無形商品なので、目に見えません。

目に見えないということは、手に取って触ることもできないのでイメージすることもできません。

食品のように試食することができないですし、洋服のように試着もできないし、車のように試乗することができないのです。

ですので、本来、コーチングやコンサルティングのような無形商品は売りにくい商品と言えます。

また、多くの方は、コーチングやコンサルティングを実際に受けたことがありません。

ですので、売りにくい商品と言われるのです。

そこで、セミナーを何度も開催して、信頼関係が構築されると、どんな商品なのか理解しやすくなり頭の中でイメージできるようになります。

セミナーはコーチング契約、コンサルティング契約をする為の階段の一段目なのです。

コーチやコンサルタントがセミナーをやるべき理由5
自分自身のスキルアップに繋がる

コーチ コンサルタント セミナー学んだ知識や経験、ノウハウ、スキルなどを自分の身に落とし込むには、アウトプットすることが最も最適な方法です。

自分で理解しているつもりでも、正しく人に伝えることができなければ、理解できているとは言えません。

ですので、セミナーは受講生の学びの場であると同時に、あなた自身が「伝えるスキル」を身に付ける場でもあるのです。

最初は、質問されたことを答えられないこともあるかもしれませんが、それが経験となり、新たな学びのきっかけとなります。

これを繰り返し行うことで、自分のノウハウが確立されていくのです。

まとめ

コーチやコンサルタントにとってのセミナーとは、手っ取り早く売上を作ることができるだけではなく、

  1. 「収入を大幅にアップさせることができる」
  2. 「関係性を構築することができる」
  3. 「立場が確立される」
  4. 「個別契約に繋げやすくなる」
  5. 「自分自身のスキルアップに繋がる」

といった理由があります。

あなたがもし、コーチやコンサルタントとして起業したばかりで、セミナーを開催するとしたら、色々な不安が押し寄せてくると思います。

  • 本当に私なんかがセミナーをやっていいのだろうか…
  • しっかり伝えることができるだろうか…
  • クレームにならないだろうか…

これは誰もが経験していることです。

私自身も数十回もセミナーをやっていますが、未だに緊張しますし、不安が押し寄せてきます。

しかし、自分の知識や経験、ノウハウに自信を持って、受講者様に最大限の価値を提供すると覚悟を決めれば、きっと今不安に思っているよりもうまくできるはずです。

セミナーは、経験が最も重要です。

回数を重ねることで、嫌でもうまく伝えることができるようになってきます。

ですので、恐れずに一歩を踏み出してみてください。

そして、あなたのビジネスを加速させてください。