コーチングで起業

コーチとしての起業は、やり方によっては比較的成功しやすい起業の方法だと言えます。

勿論、ビジネスですので100%確実に成功するということはありませんが、成功率を上げて100%に近づけることができる起業法です。

その方法は、失敗するパターンを事前に把握して、それを避けることです。

つまり、コーチングで起業して成功するための条件を理解しておくことが重要です。

この記事では、コーチングで起業して成功するための条件を3つお伝えします。

ぜひ、あなたがコーチとして起業するときには、この条件をチェックしてください。

コーチングで起業して成功するための条件1
初期費用がほとんどかからない

コーチングで起業

「起業するのにかかる費用を小さくする」ことは起業の必須条件です。

初期費用が大きければ、その投資金額を回収するのが大変です。

この初期費用を少なくすることができれば、成功率が上がります。

たとえ失敗したとしても、すぐに立ち直れます。

「始める前から失敗することなんて考えるな!」と精神論を言う人もいますが、「もしものこと」を事前に考えておくことは、とても重要なことです。

起業にチャレンジしたことで、人生がどん底に陥ってしまった…という状況にならないように、リスクを排除しておくことが今の時代の起業法です。

コーチは、初期費用をほとんどかけずに起業することができます。

飲食店のように、店舗も在庫も必要ありませんし、従業員を雇う必要もありません。

コーチングで起業して成功するための条件2
経費を極限まで抑える

コーチングで起業

売上から仕入れ金額を引いた金額が粗利です。

そこから家賃や給料といった経費を支払い残った金額が純利益です。

純利益を出すためには、売上げを最大にして、経費を極限まで抑えることです。

コーチは、一人で起業できて事務所を持つ必要もないので、経費を抑えることができます。

また、基本的には仕入れも必要ないので、粗利を残すことができます。

コーチは、経費を極限まで抑えることができるので、手元に利益を残すこしやすいビジネスです。

 

コーチングで起業して成功するための条件3
リピート性がある

コーチングで起業

ビジネスを行う上でリピート性があることがとても重要です。

リピートのお客様に商品・サービスを販売する方が初めて商品・サービスを購入していただくよりも、数倍も楽に販売できます。

当然、リピートするお客様が多いビジネスの方が儲かります。

コーチのサービスは、やり方次第でリピートしやすくできます。

ビジネスを選択する段階でリピート性があるものを選ぶべきです。

そして、リピートしてもらうような施策を打つことも重要です。

コーチングで起業して成功するための3つの条件
まとめ

コーチング起業で成功するための3つの条件をまとめると

  • コーチングで起業して成功するための条件1:初期費用がほとんどかからない
  • コーチングで起業して成功するための条件2:経費を極限まで抑える
  • コーチングで起業して成功するための条件3:リピート性がある

この3つの条件は、コーチング起業で満たすことができます。

コーチング起業に初期費用はほとんどかかりません

打ち合わせは近所のカフェやホテルのラウンジでやればいいので、事務所は自宅で大丈夫ですし、特別に必要な機材も必要ありません。

私自身も起業するときにかかった初期費用は、パソコンや携帯電話は、もともと使っていたモノですので、10万円以下です。

経費は、電話代やネット代、メルマガ代など月3万円ほどでした。

一度、クライアントの悩みを解決できれば、新たな悩みや問題が出たときにリピートされます。

コーチング起業をするときには、この3つの条件を全て満たすようにしましょう。

そうすれば、成功率を100%に近づけられ失敗しない起業ができるはずです。