コーチングとティーチング

コーチングとは何なのか?

また、コーチングと比較対象にされるティーチングとは何なのか?

そして、コーチングとティーチングのどちらが効果的なのか、またその違いについて、きちんと答えられる人はあまりいません。

コーチングとティーチングの違いを明確に知った上で、正しく使い分けることができれば、部下やクライアントのモチベーションアップや問題解決、マネジメントに直結します。

この記事では、コーチングとティーチングの違いを明らかにしていきます。

コーチングとティーチングの使い分けをしてみてください。

1:コーチングとは

まずは、コーチングの正しい定義を押さえておきましょう。

コーチングとは、人材開発の技法の1つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

〜引用元:wikipedia

 

コーチとクライアントは会話を通じてコミュニケーションを交わします。

コーチは傾聴、承認、質問などのスキルを基本として、時と場合によって提案することで、クライアントの考えを整理し明確にすることで行動をより起こしやすくしていきます。

コーチングにより、クライアントは自分の責任において意思決定、選択、そして行動を起こし、成果がもたらされます。

コーチングは、質問を投げかけることによって、相手から答えを引き出します。

また、解決方法など、自らの意思をもって決定することを大切にします。

コーチングにおいて大切なことは、「相手は答えを持っている」ということを信じることです。

コーチの役割とは

コーチの役割は、クライアントの目標達成や、生産性を高めること、さらに質の高い人生を手に入れることを支援することです。

コーチはそのために、コーチングスキルを使い、クライアントの中から本当の問題や解決策、戦略を引き出すことに務めます。

 

コーチングによってもたらされる成果

コーチングによって、クライアントは新しい視点や今までとは違った考え方を得ることができます。

また、日常生活における意思決定や対人能力を促進することもできます。

生産性が増すことにつながるため、目標達成により近づきます。

ひとりで取り組むより、コーチという第三者の視点が加わることが、より効果的だと言われています。

コーチングのメリットは、相手が自分の意志で動くこと、考える力、自己解決する力がつくことが挙げられます。

人は、他人から言われたことよりも、自分で意思決定したことを、積極性をもって実行するものです。

よって、コーチングはやる気を上げることができるとも言われています。

デメリットとしては、相手が答えや考えをを持っていない、持とうとしてない消極的な場合には機能しません。

2:ティーチングとは

一方、ティーチングとは、

教えたり指示やアドバイスをして相手に答えを与え、その通りに動かすこと

です。

また、命令をして、相手にその通りにやってもらうことも、ティーチングです。

ティーチングによってもたらされる成果

ティーチングのメリットは、明確な指示を伝えることで、メンバー同士で共通認識を持つことができます。

また、相手が答えや考えを持っていない、持とうとしてない消極的な場合に答えを与えることで、与えられた部下は新たな気付きを発見し、積極的にさせることができます。

デメリットは、相手が自らの意思や考えを持っていた場合、それを潰すことにつながることがあります。

3:コミュニケーションの3原則

コーチングのスキル以前に、コミュニケーションの3原則を抑えることで、抜群の効果を発揮します。

原則1:相手の可能性を信じること

コーチングを行なっていると、様々な人がいます。

人によって成果を出すスピードは違います。

勘がいい人もいれば、中々閃かない人、それぞれです。

しかし、人は必ず成長することができます。

これを信じることができなければ、コーチングを取り入れるべきではないと思います。

また、もしクライアントが依頼してきたとしても断るべきです。

それだけ相手の可能性を信じることが大切なのです。

原則2:価値観はそれぞれ違うと理解する

人はそれぞれ親も違えば、育ってきた環境が異なります。

たとえ兄弟であっても同じ価値観ではありません。

なので、それぞれが様々な価値観を持っているのは当然のことです。

これは、どうしても忘れてしまいがちですが、自分の常識だから他人にとっても常識、自分の当たり前が他人の当たり前という考えは危険です。

相手の発言に対し理解できない場合は、そのままにするのではなく確認をすることが、相手と共通認識を持つことに役立ちます。

原則3:信頼は積み重ね

信頼はすぐに得られません。

よっぽどのことがない限り、一瞬にして人を信頼することもされることもありません。

信頼は、こつこつと積み重ねるモノです。

当たり前のことを確実にしっかりとやることだけでも信頼関係は少しづつ出来上がっていきます。

まとめ

コーチングはここ15年程の間に急激に注目されるようになりました。

その理由のひとつは、変化の激しい世の中のスピードにいち早く対応することが求められる時代になったからです。

古い考え方や取り組み方はもはや機能しないことが多々あり、新しい考え方や取り組みをいち早く学習する必要が出てきています。

コーチングはパフォーマンスを向上させるスキルとして注目されるようになり、ビジネス現場のリーダーやマネジャーは、このコーチングの手法を学習することが求められるようになったのです。

社内にコーチングを取り入れるということは、ビジネスの現場などにおいて、個人や組織の発展や成長を支援するために、社内のリーダーなどがコーチングスキルを活用することです。

人材育成などでも使われることが多いです。

また、社内の従業員ではなく、第三者のプロのコーチと契約することも昨今では珍しいことではなくなりました。

コーチ、クライアントという契約関係を持ち、目標を達成することを目指して特定の期間、パートナーシップをもって取り組むことです。

多くの場合、具体的な数値目標や、成果を確認するための評価基準を事前に設けます。

また、ここ数年はコーチをつける企業や経営者が増えています。

無料体験コーチング