コーチング スキル

コーチやコンサルタントは、あなたの専門分野の知識や経験、ノウハウ、技術などを売りにしてクライアントの悩みや問題を解決させるため、願望を達成させるためのサポートをするビジネスです。

クライアントは、悩みや問題を解決するために、あなたの専門知識を求めています。

そして、専門知識が洗練されればされるほど、問題解決が正確になり、クライアントに成果を出させることができます。

ですので、コーチやコンサルタントは、自分の専門知識を向上させるための勉強を欠かすことはできません。

最初は知識が乏しくても、しっかり学べば、あなたの専門知識は向上します。

しかし、自分の専門分野の本を読み続けると、どれも知っていることばかりになり、学習効率が下がっていきます。

これは誰もが経験することでしょう。

このような状態になったとき、どうすればさらに専門知識を向上させることができるのか?

それには、3つの方法があります。

この記事では、コーチングの専門スキルを高める3つの方法をご紹介します。

コーチングの専門スキルを高める方法1
自分とは真逆の意見のモノを勉強する

あなたはその分野の専門家ですので、その分野で「自分の意見」を持っていると思います。

しかし、あなたとは違う意見を持っているライバルや競合もいると思います。

それが良いとか悪いとかではなく、一度自分の固定概念を外して、真っ白な気持ちでそういった人の主張も受け容れてみてください。

そうすることで、新たな気づきがあったり、ライバルや競合との「違い」が明確になります。

それによって、あなたの専門知識がより深まることになります。

また、あなたとライバルが「真逆の意見」を言っているように見えても、本質部分は同じということも多々あります。

本質を知るスキルは、コーチングやコンサルティングで大切なスキルです。

この「本質を知るスキル」が身につくようになります。

例えば、あなたはAさんの本を10冊読んだとします。

そうすると自然とAさんの意見や価値観に染まっていきます。

Aさんとは真逆の意見を言っている人の話は最後まで聴かずに「間違っている」と決めつけてしまいます。

しかし、これではAさんのコピーとなってしまいます。

ですので、他の人の本やセミナーで勉強してみるのがオススメです。

なぜなら、他の人の価値観も学ぶことによって、あなたの専門知識に磨きがかかり、独自の価値観が出来あがるからです。

偏った学び方だけではなく、様々な意見を取り入れる柔軟性を持って専門知識を深くしてください。

コーチングの専門スキルを高める方法2
他分野を勉強する

あなたの専門分野以外からも様々な学びを得ることができます。

例えば、あなたがダイエットの専門家だとしたら、ダイエットに関する書籍だけではなく、栄養などの書籍からも学ぶことはたくさんあります。

ヨガの専門家であれば、解剖学から学ぶことも多いでしょう。

マーケティングの専門家であれば、接客に関する本からアイディアも出てくることがあります。

また、ターゲットが購入するファッション誌を見ることでトレンドを知ることもできます。

自分の専門分野以外の本を積極的に読むようにしてください。

 

コーチングの専門スキルを高める方法3
インプットをやめる

インプットだけがコーチングスキルを高める方法ではありません。

コーチングスキルを高めるため最も効果的なのが実践です。

どんなに机上で学んでも実践で役立つかは自分自身です。

インプットをやめて、その空いた時間をクライアントと接する時間に使ってください。

過去にあなたが学んできたものをクライアントにアウトプットすることになります。

その結果、アウトプットの質が高まります。

実践を積み重ねると、あなた独自のコーチングノウハウ、スキルが磨き上げられていきます。

ですので、インプットも重要ですが、実践を重視することも大切です。

繰り返しますが、実践に勝る学びはありません。

スキルを高めるために強力な方法なので、ぜひやってみてください。