コーチングとは、

  • 人間には無限の可能性がある
  • 必要とする答えはその人が持っている
  • その答えに気付くためにはサポートが必要である

この3つを基本にして、自ら積極的に素早く達成することができるように、特性と強みを活かし、その人がもっている能力と可能性を最大限に発揮できるように、自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すコミュニケーションサポートがコーチングです。

「人間には無限の可能性がある」「必要とする答えはその人が持っている」と考えるのですが、それだからといって、「あなたには、無限の可能性があり、目標を達成させることができる人なんだから、自分で考えなさい」と言っては元も子もありません。

コーチはコーチングを行うことによって、相手が望む目標をより早く達成できるようサポートしていくのです。

コーチングを行う際に、コーチが使用するスキルをコーチングスキルといいます。

コーチはクライアントが自ら気づくようにサポートしていきます。

「クライアントが自ら気づく」ということが重要であり、クライアントが自分の能力に自信を持ち、自分の持っている答えに到達して行動し、目標達成することが、コーチングの目的です。

そのために、コーチングスキルが重要なモノとなるのです。

コーチングの3つのスキル

コーチングにおける主役は、コーチではなくクライアントです。

コーチはクライアントが取るべき行動に対する気づきを促すサポート役となります。

クライアントの取るべき行動に対する気づきを促すために重要になるのが、コーチとしてクライアントに自分の思っていること、感じていることを何でも話してもらい、それに対して積極的に聴く「傾聴スキル」とクライアントの考え方などに対して認める「承認スキル」、クライアントが自ら考えて答えを導き出せるような質問を行う「質問スキル」この3つのスキルです。

コーチはクライアントとのやり取りの中で、この3つのスキルを使いながら、的確なコミュニケーションをとることで、クライアントが望む目標をより早く達成できるようサポートしていくのです。

1:傾聴

コーチングを行うには、まずクライアントが何を考えており、どうしたいと思っているのかを聴き出すことからはじめます。

クライアントの心の中に隠れている潜在的なモノを、顕在化するのがコーチングです。

そのために「傾聴」が重要になるのです。

3種類の「きく」

「きく」には3種類あると言われています。3種類がどのように違うのかを理解しておきましょう。

1:訊く(ask)

尋ねる。尋問する。

この訊くは、訊き手がひたすら質問します。

訊き手が話し手を追いこむようにする姿勢です。

話し手の気持ちなど考えず、訊き手が訊きたいことだけを訊くことです。

警察の取調室のような尋問がこの「訊く」です。

2:聞く(hear)

聞こえる。

「聞く」というのは、相手の声や言葉、音楽が聞こえてくるということで、「音声として耳に入ってくる」ことです。

聞き手が自分の都合のいいところだけ聞いています。

聞き手の聞きたい答えだけを選別して聞いているのです。

3:聴く(listen)

積極的に耳を傾けて、話しを聴く。

「聴く」というのは、相手の言葉を聴き、「心の内面をとらえようとすること」と定義されています。

「耳を傾けて十四の心で聴く」ということです。

相手の立場に立ち、積極的に耳を傾けて「聴く」この「聴く」が傾聴に必要な聴き方です。

 

来談者中心療法

アメリカの臨床心理学者のカール・ロジャーズの学説「来談者中心療法」の核心は「人は誰でも自らの内部に、自己を成長させ、実現させる力を持っている」という考え方です。

カウンセラーが複雑な精神分析的理論に従って、クライアントの話を解釈したり、分析したり、指示を与えるよりも、クライアントの気持ちを受容し、共感的に理解することによって、クライアントは、自ら立ち直っていくことが可能であると考えています。

従って、カウンセラーの役目は、言語的および非言語的コミュニケーションを通じて、クライアントの自主的な問題解決や人格の成長・発達を促進する援助活動にあるとしています。

カウンセラーとクラインアントの関係について、開発された来談者中心療法は、人と人との関係についての最も適切な理論として、実践されてきたものです。

このことは、コーチとクライアントとの関係においても同様に適切な理論として実践されています。

この来談者中心療法の実践に使われているのが積極的傾聴技法、つまり傾聴スキルなのです。

7つの傾聴スキル

1:うなずき

「うなずき」は、相手の話しを聴いているというメッセージです。

うなずきがないと、聴いてもらえてないのかと不安に思い、話を続けたくなくなってしまいます。

安心して話せる環境を提供するのもコーチの役割と言えます。

「浅く」「早く 」「深く」「遅く」の4つの「うなずき」を使い分けることも大切になります。

2:あいづち

「あいづち」は、相手の話しが伝わっているというメッセージです。

「あいづち」をうつことで、相手は話を理解されていると安心します。

「あいづち」をうたないと、相手は自分の話していることが理解されているかどうか、変なことを言っているのではないかと不安になります。

同じあいづちばかりでは、馬鹿にされていると感じてしまい逆効果になってしまいますので、様々なあいづちを使い分けることも必要になります。

例えば「はい」「へー」「うん」「ええ」「なるほど」「本当?」「すごいですね」「それいいですね」などがあります。

しかし、使うべきではない「あいづち」もあります。

例えば、話しを否定するようなあいづちです。

「嘘でしょ」「それおかしいよ」「なにを考えているの」などです。

3:アイコンタクト

「アイコンタクト」は、相手の話している気持ちが伝わっているというメッセージです。

「アイコンタクト」をすることで、相手は気持ちが伝わっていると安心します。

「アイコンタクト」をしないと、相手は自分の気持ちが理解されているかどうか、変にとられていないかと不安になります。

「目は口ほどにものを言い」と言われるように、視線はとても重要です。

やさしいまなざしで相手の話を聴くようにすることにつとめます。

ただし、ジッと相手の目を見ているとプレッシャーを与えてしまうことになったりしますので、目を見つめれば良いという訳ではありません。

4:繰り返し

「繰り返し」とは、相手の話していることが伝わっているというメッセージです。

「繰り返し」とは「オウム返し」にすることです。

相手の言っていることを忠実に「オウム返し」することで、相手は自分の言っていることを確認します。

この時に相手の言葉を変えてはいけません。

例えば「楽しい」と相手が言ったのに「面白いんですね」という言葉に変換してはいけません。

同じ意味だと思っても、相手にとっては違う意味ということもありますので注意しましょう。

5:要約

「要約」は、相手の話ていることが伝わっているというメッセージです。

「要約」することで、相手はコーチの理解していることがわかります。

自分の言っていることに対するコーチの理解を確認し、言っていることが正確に伝わっているかどうかが確認でできます。

コーチにとっても、自分の理解が正しいかどうか確認できます。

「あなたの言われていることは、整理してみると○○○○ということですね」

もし間違えていたら「私の言いたいことはそうではない。△△△ということです」という返事が返ってきます。

この確認を行えば、お互いが同じ方向に向いてい進むことができます。

6:うながし

「うながし」とは、相手の話していることが伝わっているというメッセージです。

「うながし」は「あいづち」と組み合わせて使うことが多いです。

例えば「それいいですね(あいづち)」「それからどうなったんですか?(うながし)」など…

話しが止まったとき、うながしてもらえないと今までの話が、理解してもらっているのか不安になります。

7:沈黙

「沈黙」とは、相手が自分の心の深い部分を必死になって探っている行為です。

必死になって探っている人に、話しかけることは手助けではなく、邪魔をしていることになります。

相手が考えているのにそれに対して余計なことを言って中断してはいけません。

相手が「沈黙」から戻ってくるのを待っていることが重要になります。

相手の「沈黙」を恐れずに沈黙を待てるのが、本物のコーチであると考えることです。

2:承認

承認とは対象物を認めることです。

クライアントの行動・考え・発言を認め、指示することと定義されています。

つまり「承認」とは、クライアントの全てを認めるということです。

そして、コーチがクライアントを「承認」していることを、口に出してクライアントに伝える行為です。

「承認」とは、クライアントのいいところを見つけて、褒めることであると言われます。

たしかに褒められるといい気持ちになり、モチベーションがあがるものです。

そして、反対にけなされるとやる気を失うのが人間です。

「承認」とは、相手を「褒める」ことには違いないのですが、コーチングの「褒める」とは「相手の存在を認めた上で褒める」というところがポイントとなります。

つまり「承認」とは、単なる結果を褒めるのではなく、相手の存在を認めた上で、その成長や変化を褒めるのです。

 

「承認」の方法

「承認」とは、結果だけではなくその過程・成長度合いを認めます。

コーチから結果だけではなくそれに至る過程・成長度合いを認められることによって、クライアントは自らの考え・行動に自信をもち、自発的に成長していくのです。

コーチングでは、結果だけではなく、その過程にも注目して「承認」します。

「承認」のスキルには、メッセージの主体別に

  1. YOUメッセージ
  2. Iメッセージ
  3. WEメッセージ

の3種類があります。

1:YOUメッセージ

「あなたはすばらしい」「あなたはよく頑張った」などのようにメッセージの主体が「あなた」となるメッセージのことです。

YOUメッセージを言われた人によっては「そんなお世辞には乗らないぞ」「そんなはずはないんだ」とひねくれてしまうこともあります。

メッセージの受け手がそのメッセージを否定することもあります。

いくらほめ言葉をメッセージにして相手に伝えても、「いえいえ、そんなことはありません」と否定されてしまえば、効果はなくなってしまいます。

2:Iメッセージ

YOUメッセージの後ろに「私は○○だと思う」と言ったメッセージが加えられます。

例えば「あなたはすばらしいです。私は元気づけられました」など、メッセージの主体が「私」となるメッセージのことです。

私がそう感じているんだということであり、このメッセージは受け取った人が否定できないのです。

また受け取った人が充実感を覚え、達成感を感じやすいメッセージになります。

3:WEメッセージ

「○○さんもよろこんでいますよ」などのようにメッセージの主体が「第三者」となるメッセージのことです。

例えば「あなたはよく頑張ってます。御社の社長も喜んでいますよ」などです。

WEメッセージはIメッセージ以上に受け取った人が充実感を覚え、達成感を感じやすいメッセージになっています。

3:質問

コーチングが従来型マネジメントと最も異なる点は、質問型のコミュニケーションであるということです。

「質問する」ということは、コーチングにおける最も重要なスキルの一つであると言われています。

しかし、「ただやみくもに質問すればいい」というわけではありません。

クライアントの気づきを促すような、的確な質問を行うことが重要となります。

コーチングでは「すべての答えは相手の中にある」ことを基本としますが、多くの場合、クライアントは「答えが自分の中にある」とは気づいていないものです。

従来型の上から指示命令されるコミュニケーションでは、「答え」を上が提供するので「答え」は指示命令する側が持っていると思われてしまっています。

このような従来型のコミュニケーションに対して、クライアントが本来持っている「答え」をいかに引き出すか、その為にどのような質問をするかが重要となります。

コーチはコーチの質問にクライアントが答える過程で、クライアントが自ら考え気付き、行動に移るようにコーチングを行い支援するのです。

コーチングにおける「質問」スキル

1:オープンクエスチョン

「はい」「いいえ」で答えられる質問が、クローズドクエスチョンと言います。

クローズドクエスチョン例:「今日は雨が降ってますね?」

2:クローズドクエスチョン

「はい」「いいえ」で答えられない質問が、オープンクエスチョンと言います。

オープンクエスチョン例:「あなた目標は、何ですか?」

3:過去質問

過去に起こった出来事に注目して、その事柄について聞く質問を、過去質問と言います。

過去質問例:「その時どうやって解決したのですか?」

4:未来質問

未来の目標達成に向けて、コーチとして支援していくことを目的として聞く質問を、未来質問と言います。

未来質問例:「この方法を実践した場合、どういう結果がイメージできますか?」

 

これら3つのスキルを活用して、自ら積極的に素早く達成することができるように、特性と強みを活かし、その人がもっている能力と可能性を最大限に発揮できるように、自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すコミュニケーションサポートがコーチングです。

参考になれば幸いです。