ネット集客

ネット集客をするためには、Webサイトを育てる必要があります。

稀にWebサイトを作っただけで集客できると思い込んでいる方がいるのですが、実際お金を掛けて、どんなに格好いいデザインでWebサイトを作ったとしても集客することはできません。

そこで、この記事ではネット集客をするためにどのようにWebサイトを育てていけば良いのかをお伝えします。

この記事に書かれていることを実践し、継続することで早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月でネットからお問い合わせを発生させることができるでしょう。

Webサイトを育てるとはどういったことなのか…

ネット集客Webサイトを作ったからといって急にネット集客できるようになる…ということはありません。

それどころか、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客は、あなたのWebサイトを見つけることすらできません。

インターネット上には多くのWebサイトが存在しています。

Webサイトを作ったばかりの状態は、インターネット上にスペースを確保したようなことです。

ネット集客は、このスペースをうまく活用できるかどうかで決まるのです。

あなたのWebサイトを魅力的にしていくことで、見込み客が注目し集まり、問い合わせがくるようになります。

これで、たとえあなたが無名であってもネット集客できるようになるのです。

つまり、Webサイトを育てるとは、Webサイトを魅力的にしていくということなのです。

魅力的なWebサイトというのは、定期的に更新し、価値ある良質なコンテンツを増やしていくことです。

Webサイトを作ったことに満足し、放置していては、無意味どころかマイナス的な要素ばかりで、プラス面は一つもありません。

更新されていないWebサイトを見たとき、「このサイト運営者は、いい加減で信用することができない管理者だ」と思うのではないでしょうか?

「いい加減で信用ができない」人には相談しようとは思いませんよね。

では、実際にどのようにWebサイトを魅力的に育てていけば良いのでしょうか?

Webサイトを魅力的に育てる方法

1:PDCAサイクルでWebサイトを育てる

ネット集客弊社では、最も基本的なPDCAサイクルを意識してWebサイトを魅力的に育てることを意識しています。

PDCAサイクルは、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

〜引用元:wikipedia PDCAサイクル〜

集客を目的としてWebサイトを運営するのであれば、見込み客にとって価値のある良質なコンテンツを作り公開し、アクセスを解析し、改善することを明らかにし、改善を行い、また実行する。

この繰り返しです。

アクセス解析こそが真実

インターネットは、様々な情報で溢れています。

しかし、その情報の中には真実もあれば嘘もあります。

どれが本当なのかわからなくなってしまうこともあります。

例えば、口コミサイトであれば、人の感情も混ざっていることも考えられるので鵜呑みにすることはできません。

しかし、解析データは違います。

アクセス解析は、評価が数値に表れます。

自分では、最高に良いと信じ作ったコンテンツなのに全くアクセスがなかったら、それは何かしらの問題があることがわかります。

  • 検索上位に表示されていない
  • 見込み客のニーズに応えられていない
  • そもそも見込み客はそのコンテンツを求めていない

などの原因が予測できます。

解析データを注意深くみていると良く分かります。

アクセスだけを気にしてはいけない

しかし、アクセス数だけにこだわってしまってはいけません。

アクセス数だけを見てしまうと、大きな勘違いを引き起こしてしまいます。

例えば、アクセス数が少なくても、そのコンテンツからお問い合わせが集中している…ということもあります。

反対にアクセス数が多くても滞在時間が短かく、離脱率が多かったりします。

滞在時間が極端に短ければ、しっかりとコンテンツを読んでもらえていないということになります。

この典型的なのが、Facebookのいいね!です。

Facebookでいいね!が付いたとしても、読んでいるかどうかは別の話です。

いいね!が多いことと集客は比例しません。

なので、しっかりとグーグルアナリティクスなどで、滞在時間を解析するようにしてください。

このようにアクセス解析を行い、改善をしていくことがWebサイトを育てる1歩目となるのです。

2:キーワードを選定する

ネット集客弊社では、Webサイト全体、コンテンツ記事のキーワードを重要視しています。

見込み客がどのようなキーワードをGoogleの検索欄に入力するのかを考えてコンテンツを作っています。

キーワードを選定することで見込み客にWebサイトを発見してもらえる確率が高まります。

 

 

 

人が検索をする理由

そもそも人はなぜ検索をするのでしょうか?

実は、人が検索する理由は一つしかありません。

それは、悩みや問題を解決したいからです。

例えば、住所がわかっていても具体的な場所がわからない時に検索欄に住所を打ち込み、地図を表示させます。

目的地の場所がわからないという問題を解決します。

また、わからない言葉や専門用語などを検索欄に入力し、問題を解決させます。

これは、どんなことにも当てはまります。

見込み客が悩んでいることや問題などをできるだけリアルに予測し、キーワードを選定することで見込み客に発見される確率が高くなるのです。

検索結果にも影響する

見込み客の悩みや問題にぴったりのキーワードを選び、その悩みや問題を解決できる良質なコンテンツを提供することで、検索上位に表示されやすくなります。

当然、検索上位に表示されるとネット集客に繋がります。

反対にキーワードが的外れだと、見込み客を集客することはできません。

どんなにコンテンツを増やしたとしても、見て欲しい人に見てもらうことができないWebサイトになってしまいます。

予測だけではなくリサーチをすることも重要

見込み客が入力するキーワードをできるだけリアルに予測するだけではなく、リサーチすることも重要です。

なぜなら、あなたが予測しているキーワードと実際に見込み客が入力するキーワードが違う可能性があるからです。

あなたが選んだキーワードが月に何件検索されているのかを調べ、需要があるか需要がないのかを調べてからコンテンツを作っていきましょう。

しかし、月に50件以下しか検索せれていないキーワードであっても検索一位を取れれば50件のアクセスが見込めます。

ビッグキーワードばかりを狙っていても、検索上位にならなければアクセスを見込むことはできませんので、しっかりとビッグキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワードを選定しましょう。

Webサイトを育てるメリット

Webサイトを育てることは、時間も手間も掛かってしまいます。

しかし、時間や手間を掛けてでもWebサイトを育てることは大きなメリットがあります。

1:コンテンツが資産として残る

ネット集客一つ目のメリットは、コンテンツが資産として残るという点です。

あなたの作ったコンテンツが検索で上位に表示されると、そこから見込み客を獲得することができるようになります。

そして、上位表示のコンテンツの数が多ければ多いほど集客の窓口が増えるのです。

あなたがWebサイトを削除しない限り、資産として残り、集客し続けてくれるのです。

放置していたら検索順位が下がってしまうこともあるので、定期的にコンテンツを修正し更新することも大切になってきますが…

良質なコンテンツが増えれば増えるほどWebサイトの価値が高まり資産となるのです。

2:Webサイトは優秀な営業マン

Webサイトは、24時間365日働き続けてくれる超優秀な営業マンとなるのです。

Webサイトは、休みなく営業してくれます。

あなたが寝ていてもインターネット上で見込み客に価値を提供し、集客し続けてくれるのです。

検索エンジンとソーシャルメディア

あなたのWebサイトに訪れる人は、主にGoogleやYahoo!の検索とソーシャルメディアからです。

作ったコンテンツは、検索エンジンに登録され、上位表示されるとアクセスが増えます。

また、検索で上位表示されていなくてもソーシャルメディアからのアクセスが見込めます。

ブログを更新したら、ソーシャルメディアで紹介することで、アクセスを流し込めるのです。

1:検索エンジン

Webサイトを魅力的に育てるにはキーワードの選定が大切です。

見込み客の悩みや問題を予測しリサーチしたキーワードをタイトルに使ったり、記事内にもキーワードを入れることは重要です。

しかし、記事内に過剰に入れてしまうと、Googleからペナルティーを受けてしまう可能性があります。

キーワードを意識することは大切ですが、コンテンツが不自然になってしまうくらい使ってしまうのは良くありません。

キーワードはコンテンツ内で5%〜7%と言われています。

なので、5%〜7%くらいを目安にしておくべきです。

2:ソーシャルメディア

過去のSEOは、被リンクが主流でした。

現在の被リンクの役割は、Googleに発見してもらい頻繁にクロールされる為です。

ですので、購入した被リンクなどの不自然なリンクはペナルティーの対象となってしまいます。

自然な被リンクでなければいけません。

関連性のないWebサイトからの被リンクやコンテンツがないようなWebサイトからどんなに多くの被リンクがあっても意味がないのです。

また、今はソーシャルメディアが重要な役割となっています。

ソーシャルメディアとは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。 双方向のコミュニケーションができることが特長である。

〜引用元:wikipedia ソーシャルメディア〜

ソーシャルメディアで、ブログ更新したことを投稿することで、ソーシャルメディア経由からのアクセスを誘導することができます。

特に今は、ソーシャルメディアからは比較的アクセスが集まりやすいと言えます。

しかし、先ほどもお伝えしましたが、いいね!の数だけで判断するのは危険です。

Facebook上でいいね!を付けたとしてもブログにアクセスしない人も多いという事実は頭に入れておきましょう。

無料体験コーチング