弊社では、これまで300名以上のコーチやコンサルタントなどの個人起業家と関わらせていただいております。

そこで、およそ8割のコーチやコンサルタントが、「集客に困っている」という状況であることがわかりました。

あなたは、「集客で悩んでいるのは自分だけ…」と悩み、少し恥ずかしく思い孤独を感じていたかもしれませんが、集客に苦労しているのは、あなただけではありませんので恥ずかしがることはありません。

そこで、この記事では、コーチやコンサルタントがネット集客をするための仕組みの作り方を解説していきます。

コーチやコンサルタントが集客に苦しむ理由

ネット集客 仕組みコーチやコンサルタントが集客に苦しむのは当然と言えば当然です。

なぜなら、コーチやコンサルタントなどの商品は、「コーチング」や「コンサルティング」など目に見えないサービスなので、形のあるモノと比べると「分かりずらい商品」と言えます。

また、コーチやコンサルタントは先生業ですので、こちらから「私のコンサルティングを購入して受けてください」とお願いしにくい職種でもあります。

こちら側から、「私のコンサルティングを受けてください」とお願いしたら、「この先生、仕事が無いんじゃないのかな。」とか「こんな先生に頼むのは不安だな…」と思われてしまい、不信感を与えてしまうことになります。

非常に難しいのですが、コーチやコンサルタントは「お願い」をした瞬間に、先生とクライアントという立場が保てなくなってしまいます。

私自身も経験しましたが、「お願い」をしてサービスを受けてもらうと、コンサルタントとクライアントといった関係ではなく、商品販売者と購入者という関係になってしまいうまくいかなくなってしまいます。

まずは、コーチやコンサルタントは根本的にクライアントを獲得しにくい職種だと頭に入れておいてください。

お手軽に起業できることでライバルが増え続けている

ネット集客 仕組みコーチやコンサルタントといった「先生」と言われるビジネスは、店舗を構えるビジネスとは違い家賃や仕入れなどが不要で、自分の知識や経験、スキル、ノウハウなどだけで起業することができるので、多額の資金も必要なく簡単に始められるためライバルが増え続けています。

これが原因で、

  • 他のコンサルタントとの料金を比較されてしまいクライアントを獲得できなかった
  • 紹介をお願いしても誰も紹介してくれない
  • クライアント以前に、見込み客すら獲得できていない

といった、状況が起こってしまうことがあるのです。

このように、コーチやコンサルタントは「先生業」ということから、「私のコンサルティングを買ってください」と積極的に営業をかけることが難しい為、クライアントを獲得しにくい職種なのです。

他と同じことをやっていたら、他と同じように集客ができないコーチやコンサルタントになってしまいます。

つまり、集客できるようになるためには、他とは違う正しいマーケティングが必要だということです。

マーケティングの理想

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである

~引用元:マネジメント[エッセンシャル版] ピーター・ドラッカー (著), 上田 惇生 (翻訳)~

ピーター・F・ドラッカーは、著書マネジメントの中でこのように言っています。

コーチやコンサルタントがマーケティングに成功すると下記のようになります。

  • お客様からコーチングやコンサルティングの依頼がくる
  • 24時間365日中、見込み客がどんどん増え続ける
  • 他よりも高くても契約できる

このような状態を作り出すことがマーケティングを行う目的です。

弊社はコーチやコンサルタントなどの個人起業家や、趣味や特技を活かしてコーチやコンサルタントとして独立・起業を目指す方をサポートする個人起業家専門のコンサルタントとして活動しています。

コーチやコンサルタントの方、これからコーチ、コンサルタントとして活動する方のサポートを行っています。

このため、300名以上のコーチやコンサルタントの方と関わってきました。

成功している方は例外なく「マーケティング」を行い、クライアントを獲得しているということです。

ですので、コーチやコンサルタントとして成功したいのであれば、マーケティングを行うことです。

クライアントとの関係性を意識した仕組み

ネット集客 仕組みコーチやコンサルタントは、見込み客との関係性を意識した上で集客の仕組みを作ることが重要になってきます。

見込み客との信頼関係を構築することができれば、目に見えない上にわかりづらい、高額なコーチングやコンサルティングでも、見込み客側から「是非お願いします。」と言われて契約できるようになります。

こちら側から営業する必要はなくなるのです。

「クライアントとの信頼関係を構築する」など、当たり前のことだと思われたかもしれません。

すでに意識し、実践している方も多いと思います。

しかし、ネット集客では信頼構築という発想がなくなってしまう方が多くいます。

集客できていない多くのコーチやコンサルタントは、ネット集客を成功させるには、サイトのアクセス数を増やしてお問い合わせをしてもらうことが大切と考えています。

もちろん、アクセス数やお問い合わせをもらうことは重要なポイントなのですが、アクセス数を増やすことができてもお問い合わせを増やすことができても、コーチ契約に結び付けることができなければビジネスとして成立しません。

信頼関係が構築できていない人が、お問い合わせをして料金を聞いた途端、音沙汰なし…ということが多々あります。

コーチング契約、コンサルティング契約に結び付けるためにも、信頼関係を構築することが重要なのです。

だからこそ、コーチやコンサルタントがネット集客するには、見込み客と信頼関係を構築するプロセスを取り入れて、仕組みを作る必要があるのです。

ネット集客の仕組み

ネット集客 仕組み見込み客と信頼関係を構築するプロセスを取り入れて、ネット集客の仕組みを作ると言っても、どのようにやれば良いのか具体的なイメージが沸かないという方もいると思います。

そこで、その方法を解説していきます。

コーチやコンサルタントが見込み客から選ばれ、信頼関係を構築していくためには、2つのステップを行う必要があります。

  1. コンセプトを決める
  2. そのコンセプトを信頼構築の仕組みに落とし込む

1:コンセプトを決める

まずは、コンセプトを決めることで、ライバルや競合との差別化することができます。

コンセプトは、「あなたが選ばれる理由」となります。

このコンセプトをしっかりと作り込まなければ、どんなにブログを更新し続けても集客という成果に繋がりません。

  • 「ホームページはあるのですが、全く反応がないのですが…」
  • 「ブログを更新しているけど全くお問合せがないのですが…」

弊社で受ける相談の中で、この内容が最も多くあります。

そのほとんどの原因は、このコンセプトが不明確になっていることにあります。

ではどのようにコンセプトを決めると良いのでしょうか?

コンセプトを決めるとは、下記の3つを決めることです。

  1. ターゲットとなる一人のクライアントを決める
  2. 独自のポジショニングを確立する
  3. ポジショニングを伝えるメッセージに変換する

これら3つを決めることで、「誰に」「何を」「どのように」「その結果どうなる」をクライアントに伝わるようにすることができます。

2:コンセプトを信頼構築の仕組みに落とし込む

次に「コンセプトを信頼構築の仕組みに落とし込む」ことです。

これがインターネット上で信頼構築し、見込み客から「お願いします」と言われてクライアント獲得するための半自動の仕組みになります。

Webサイトを見込み客に知ってもらい、信頼関係を構築し、実際に見込み客とお会いするという流れをWeb上で構築します。

一度Web上で仕組みを作ってしまえば、半永久的に効果が蓄積されます。

コーチやコンサルタントは自分ひとりで行っている場合が多いので、時間を有効に使う必要があります。

だからこそ、Web上に仕組みを作ることで効率的にクライアントを獲得することができるようになります。

コーチがWeb集客の仕組みを構築する方法は、以下のステップです。

  1. Webサイトにアクセスを集める
  2. 訪問者を見込み客にする
  3. 見込み客と関係性を深める

1:Webサイトにアクセスを集める

ネット集客 仕組みまずは、あなたのWebサイトに多くの訪問者を集めることです。

どんなにデザインが素晴らしく立派なWebサイトを作っても、誰も訪問しないWebサイトであれば、存在していないのと同じです。

Webサイトは、訪問する方がいてこそ貴重なモノとなります。

そのため、まずはWebサイトにより多くの訪問者に来てもらうための仕組みが必要になります。

2:訪問者を見込み客にする

ネット集客 仕組み次に訪問者を見込み客にすることです。

訪問者を見込み客にするとは、訪問者の個人情報を取得することです。

Webの場合、名前や住所、電話番号、メールアドレスなどがリストに該当します。

ここでは、メールアドレスを残してもらう仕組みを作ります。

あなたのターゲットとなる人が欲しがるようなプレゼントを作り、Webサイトの訪問者自らメールアドレスを登録する仕組みを作っておくことが重要なのです。

この仕組みを作れば、半自動的に見込み客を集めることができるようになります。

3:見込み客と関係性を深める

ネット集客 仕組みステップ3は、見込み客と関係性を深めるです。

見込み客と関係性を深めるには、見込み客と接触の機会を頻繁に持つということです。

接触頻度が高ければ関係性が深まることが心理学の研究によって実証されています。

Webの場合、ブログを更新し価値を提供し続けることや、メルマガを毎日送ることがこの見込み客と関係性を深めることに当たります。

 

これがインターネット上で信頼構築し、見込み客から「お願いします」と言われてクライアント獲得するための半自動の仕組みになります。

まとめ

ネット集客は「難しい」とか思われている方も多いかもしれません。

しかし、この仕組みを作ってしまえば、半永久的に集客し続けることができるようになります。

最後に要点だけおさらいしておきます。

コーチのWEB集客の仕組みとは、

  • コンセプトを決める
  • そのコンセプトを信頼構築の仕組みに落とし込む

という2ステップで進めることです。

そして、信頼構築の仕組みの作り方とは、

  1. Webサイトにアクセスを集める
  2. 訪問者を見込み客にする
  3. 見込み客と関係性を深める

ぜひ、実践して半永久的に集客し続ける仕組みを作り上げてみてください。

無料体験コーチング