小学生が将来なりたい職業にYouTuberがランクインするなど、動画が注目を集めています。

YouTubeでは、企画や動画編集ができれば、個人で番組を無料で作ることができます。

ここ数年で、チャンネル登録者が100万人、200万人、それ以上いる個人が多く出現しています。

YouTubeクリエイター(YouTuber)は、再生されることで表示される広告や、そのチャンネルで企業から依頼された商品・サービスを紹介することで、収益を得ています。

YouTubeクリエイターを目指す方だけではなく、これからビジネスを行なっていく上でもクリエイティブなスキルは今後大きなモノとなるでしょう。

そこで、この記事では、ビジネスでYouTubeを活用する方法をご紹介します。

YouTubeだけではなく、自分の趣味や特技を活かしてニッチな分野の専門家としてビジネスを行う上で成功するためのスキルを身に付けていきましょう。

ここではまず、事前に知っておくべきポイントをご紹介します。

ビジネスでYouTubeを活用する方法1
YouTubeを使いビジネスで成功する4ステップ

YouTubeは、全世界で1分間に約400時間分の動画がアップロードされていると言われています。

更に、動画の視聴だけではなく、評価やコメントの機能があるため、動画を楽しむだけの場としてだけではなく、世界中のファンが集うコミュニティの場になっているのです。

視聴者とインターネット上で交流することができるので、ソーシャルネットワークとも言えます。

あなたが趣味や特技を活かした専門家としてコーチ・コンサルタントとして活躍を目指すのであれば、YouTubeはとても効果的です。

なぜなら、YouTubeは無料で使うことができ、動画という形で世界中にあなたのメッセージを届けることができるからです。

あなたがニッチな分野の専門家として活躍するために、YouTubeを使うことはとても効果的だと言えるのです。

それでは、ニッチな分野の専門家がどのようにYouTubeで成功したのか4ステップを解説します。

YouTubeを使いビジネスで成功する手順1
YouTubeチャンネルを作る

YouTubeを始めるためには、アカウントを取得して、チャンネルを作ることから始めます。

チャンネル名やプライバシーの設定を行い、そこに動画をアップロードして管理していきます。

YouTubeチャンネルの作り方は、こちらの記事に書いておりますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeチャンネルのつくり方

YouTubeを使いビジネスで成功する手順2
認知してもらう

チャンネルが完成したら、次にアップロードした動画を見つけてもらう必要があります。

YouTubeを使いビジネスで成功するためには、ターゲットを明確にして、サムネイル、メタデータ、魅力的なタイトルなど工夫しています。

WebサイトにSEOを行うように、YouTubeでもSEOを行う必要があるのです。

勿論、口コミで話題となり、動画が繰り返し視聴されることもありますが、それは狙って起こせるモノではありません。

ですので、動画SEOの基礎を理解しておくことは欠かすことができないのです。

動画SEOに関しては、こちらの記事に書いておりますので、ぜひ参考にしてください。

動画SEOで有効な4つの施策

YouTubeを使いビジネスで成功する手順3
継続して観てもいファン化する

動画を観てもらい「面白い」「勉強になった」などと思われると、過去にアップロードした動画などを続けて観てもらうことになります。

そして、気に入ってくれたら、チャンネル登録に繋がり、何度も再訪してもらえるようになります。

ここを目指しましょう。

ですので、定期的に継続的にアップロードすることやYouTube上で、交流することが重要になります。

YouTubeを使いビジネスで成功する手順4
見込み客リストを取得する

ここまでのステップを踏んだら、次にビジネスで最も大切になる見込み客リストを取得します。

YouTuberと言われる方は、ここが不足しています。

ビジネスに繋げるためには、リスト化させなければなりません。

あなたの専門分野に興味を示した人のメールアドレスを取得し、その方々だけに向けた動画を配信することができます。

コミュニティを作り、そこで濃い関係性を築くこともできます。

メルマガを送り、セミナーや交流会に招待することもできます。

勿論、商品・サービスをオファーすることもできます。

ですので、リストを獲得することを忘れずに行いましょう。

ビジネスでYouTubeを活用する方法2
コンセプトを明確にする

YouTubeを始めるときは、チャンネルの核となるコンセプトを明確にすることが重要です。

動画によって、誰をターゲットにして何を伝えたいのかを明確にすると、アイディアをまとめやすくなります。

コンセプトを明確にすることで、ブランディングやチャンネルの企画などといった要素のすべてを適切に決定することができます。

YouTubeチャンネルのコンセプト1
目的を明確にする

まずは、目的を明確にしていきましょう。

何のためにYouTubeを活用して、将来的にどんな自分になりたいのかなど、下記の項目を明確にしておきましょう。

  • YouTubeを活用する目的は何ですか?
  • どんな分野で知名度を上げたいですか?
  • あなたにとっての成功とは何ですか?
  • あなたの強みは何ですか?
  • ターゲットにどのように見られたいですか?

YouTubeチャンネルのコンセプト2
ターゲットを明確にする

YouTubeに限らず、全てのことに言えるのですが、自分の関心を最優先にビジネスをしてはいけません。

勿論、趣味や特技など自分が情熱を持てることを動画にすべきなのですが、視聴者のことを無視して自分が好きなことだけの動画を作っては誰も関心を示してくれません。

  1. 自分が好きなこと
  2. 自分ができること
  3. 見込み客が望んでいること

この3つが交わる部分を動画にすべきなのです。

まずは、見込み客となる視聴者がどんな動画を望んでいるのかを理解することです。

自分がやりたいことを一方的にやってもビジネスには繋げることができません。

チャンネルを計画する上で、視聴者を理解することは大切な要素です。

視聴者があなたのコンテンツに共感し、もっと見たいと思うようにしなければなりません。

あなたにとって理想的な見込み客となる視聴者とはどのような人なのか明確にしましょう。

  • あなたの動画に興味を持ってくれるのは、誰でしょうか?
  • あなたのチャンネルは、見込み客の共感を呼びますか?
  • あなたのチャンネルは、見込み客の悩みや問題を解決するコンテンツになっていますか?

YouTubeチャンネルのコンセプト3
計画を明確にする

ブログと同じようにYouTubeも継続することが大切になります。

そして、共有することができるコミュニティです。

動画制作の核心に進む前に、以下の点を明確にして計画を立てましょう。

  • 定期的に動画をアップロードするスケジュールを組めていますか?
  • どのくらいの頻度で動画を制作できますか?
  • 動画の計画立案、撮影、編集に無理はありませんか?
  • どのように観られたいのかなど、ブランディングは明確ですか?

まとめ

この記事では、ビジネスでYouTubeを活用する方法についてご紹介しました。

ビジネスでYouTubeを活用するためには、まずはしっかりと計画を立てることが大切になります。

一度始めたら方向転換をするのは、労力がかかります。

ですので、始める前にブランディングだけではなく、ターゲットなどコンセプトを明確にしておきましょう。

今、ビジネスで動画を使うのは当たり前の時代です。

ぜひ、より大きな成果を出せるように動画を効果的に使ってみてください。