ブランディングとは?ブランディングという言葉を聞いたことがあると思います。

ブランディングとは、一体何なのでしょうか?

ブランディングを正しく行うと企業だけではなく、個人が飛躍的に活躍することができ、利益を大幅に拡大することもできます。

しかし、ブランディングを正しく理解できていない状態で行ってしまうと、効果が出ないだけではなく、時間とお金と労力の無駄になってしまいます。

この記事では、ブランディングとはどういうものなのかを明確にしていきます。

1:ブランディングとブランド

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。

~ 引用元:wikipedia ブランディング ~

ウィキペディアには、上記のように書かれています。

簡単に言うと「人に共通のイメージを持たせる手法」です。

名前や肩書、ロゴ、USP、なども含め、製品デザインなどはすべて、ブランドに対して共通のイメージを持たせる手法ですので、これらもブランディングのひとつです。

では、ブランドとはどういう意味なのでしょうか?

ブランドとは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービスと消費者の接触点で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。

~ 引用元:wikipedia ブランド ~

ブランドとは、「人が抱く共通のイメージや価値」の事です。

2:ブランドの役割

ブランディングとは?ブランディングを行うことで、他社や他社製品との差別化を図ることができます。

それにより、価格競争に巻き込まれずに、外部環境に影響されることなくビジネスを行うことができます。

また、イメージが浸透されることで、広告を出す必要もなくなります。

例えば、「お洒落でスタイリッシュなPC」というイメージでは、「AppleのMac」などを思い浮かべると思います。

また、「安心・安全な家電や車、食品」というイメージでは、「日本の製品」をイメージします。決して、「安心・安全な食品」と聞いて、中国製品を思い浮かべる人はいないでしょう。

少しゴージャスに見られたいと思い、「お金持ちのブランド」というイメージのある「エルメス」や「ロレックス」を身に付けたりします。

「スターバックス」は、テレビでCMを流すことはありませんが、知名度だけではなく価格帯でも優位にビジネス展開をしています。

このように人にイメージが浸透すると、差別化をすることができ、それにより多少の外部環境で売上が左右されない強固なビジネスを継続することができるのです。

3:ブランディングを行わないとどんなことになるのか?

ブランディングとは?ブランディングができていないと、価格競争に巻き込まれてしまいます。

もっとも簡単にお客様に選ばれる方法は、価格を下げることです。

ライバル社が価格を下げるとお客様がそちらに行ってしまうことから、同じように価格を下げざる負えなくなります。

しかし、価格を下げることで利益率が低下するので経費削減が始まり、大抵の場合はまずは販促費の削減を行います。

販促費を削減することで、新規顧客を呼べなくなります。

当然、市場シェアは下がります。

この状況を打開するために、更に価格を下げるということが繰り返され、固定費の大幅な削減などが始まり、リストラが始まってしまうのです。

これが、ブランディングが正しくされていない企業で起きていることです。

このような状態に陥らない為に、ブランドによって顧客を呼び込み、離さない力を得るために、ブランディングが必要なのです。

4:ブランディングの手順

弊社で、実際に行っているブランディングの手順をご紹介します。

弊社では、コーチやコンサルタントなどの個人起業家のクライアント様が中心となりますが、他の職種でも基本的には以下のように進んでいきます。

ステップ1:ポジションを決める

まずはポジションを決めます。

あなたがどんな分野で誰をターゲットにして、ビジネスを行うのかを絞り込んでいきます。

ポジショニングに関しては、以前、こちらの女性が好きなことを活かして起業する為にも重要なポジショニングとは?という記事をかいているので詳しくは、女性が好きなことを活かして起業する為にも重要なポジショニングとは?をご覧ください。

ステップ2:コンセプトを決める

ポジショニングを明確にしたら、次にあなたの見込み客がブランドに対してどんなイメージを持ってほしいか、どんな価値を提供したいかなどのコンセプトを決めます。

コンセプトを決めるということは、あなたのブランドがどんな強みを持っているのかを明確にする作業です。

ステップ3:USPを明確にする

ポジションとコンセプトを元に、USPを明確にしていきます。

USPに関しては、こちらの強いUSPの作り方で具体的に解説しています。

ステップ4:ビジュアルを整える

ブランディングとは?ここまでを明確にできたのであれば、あとは人に認知してもらうように拡散していくのですが、その前に、あなたの所有するメディアのビジュアルを整えていきます。

Facebookやブログ、YouTubeなどのカスタマイズを行い、あなたがイメージされたいようなビジュアルにします。

視覚からの情報はイメージされやすいので、隅々をチェックする必要があります。

例えば、プロフィール写真もあなたがイメージされたい姿になっているかを確認し、そのイメージとかけ離れていたら台無しになってしまいます。

視覚的な印象は思っている以上に強烈です。

医者なのに白衣を着ていないと医者だとはわかりません。

人は、医者=白衣というイメージを持ちます。

ビジュアル面でのポイントは、分かりやすいことです。

一瞬でイメージされるように見た目を整えましょう。

写真だけではなく、サイト全体の色やLogoなど、細かい所まで見直しましょう。

ステップ5:情報発信

見た目を整えたら、次に内部に入っていきます。

視覚的なイメージとあなたの発信する情報とでギャップがないようにしましょう。

あなたが何かの専門家であれば、それに見合った見た目や発する内容が重要です。

ステップ6:情報を拡散する

ここまでを行った上であなたのブランドを広めていきます。

ブログなどを使って自力で広めていくこともできますが、どうしてもある程度の時間が掛かってしまいます。

時間を短縮する為には、広告が手っ取り早いです。

広告を使う場合、発信するメディアを選定していきます。

TVCMなどの動画メディア、雑誌やチラシ新聞広告のような紙媒体、GoogleやFacebookなどのインターネット広告媒体などメディアによってユーザー特性や予算なども変わってきます。

例えば、80歳以上の人がターゲットであるならば、インターネットよりも新聞の方が良いかもしれません。

それぞれのターゲットに合ったメディアの選定を行う必要があります。

ステップ7:検証と改善

ここまでのことをやりっ放しにするのではなく、必ず検証を行いましょう。

あなたが見込み客に与えたいブランドイメージと、実際に見込み客がイメージしたことにギャップがないのかを検証します。

直接、クライアント様に聞くのが一番簡単で信用があります。

そこで、少しでもギャップがあるようだったら、改善していくことで、より強固なブランドが出来上がっていきます。

これを繰り返し、行っていくことで、よりブランドイメージが伝わりやすくなります。

まとめ

ブランディングとは「人に共通のイメージを持たせる手法」です。

まずは、あなた自身がブランドとして育てていくという決意を行い、誰にどんな価値を提供するのかを考えます。

そのブランドの伝えることが、あなたの見込み客と合致し、共通のイメージを持てたときにブランドとなります。

ブランディングを正しく行うことで、ビジネスを優位に進め、長期的な利益を得ることができるので、目先の売上だけを追うのではなく、長期的な戦略に基づいて行っていきましょう。