メラビアンの法則 伝えるスキル アップなぜ「人は見た目が9割」と言われているのでしょうか?

この根拠になっているのが、「メラビアンの法則」というモノです。

しかし、この「メラビアンの法則」は間違った解釈をされていることが多いようです。

この記事では、メラビアンの法則を正しく取り入れ、伝えるスキルをアップさせる方法をご紹介します。

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則 伝えるスキル アップメラビアンの法則は、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが、矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断する実験についての俗流解釈です。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合でした。

「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれています。

100万部を超えるベストセラーとなった『人は見た目が9割:竹内一郎氏の著書』は、このメラビアンの法則の解釈をベースに題名がつけられている、と言われています。

メラビアンの法則の誤解された解釈

メラビアンの法則 伝えるスキル アップしかし「話の内容そのもの(言語情報)よりも、声のトーンや大きさ(聴覚情報)の方が相手に伝わる影響力が大きく、それ以上にボディランゲージや見た目の印象(視覚情報)の方が相手に伝わる影響力が大きい」というのは、メラビアンの法則の誤解された解釈です。

この内容が一人歩きをし、この法則から「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論が導き出されるという解釈が有名になっています。

就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などでこの解釈がよく用いられますが、この実験は「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーション」において「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎません。

よって、単に事実のみを伝えたり要望をしたりするコミュニケーションの場合には触れておらず、コミュニケーション全般においてこの法則が適用されると言うような解釈はメラビアン本人が提唱したものとは異なるものなのです。

 

伝えるスキルをアップさせる方法

メラビアンの法則は、「話の中身よりも見た目が大事」ということの根拠として用いられていますが、メラビアンの法則の真実とは異なります。

私は

  1. 話を聞いてもらうために、見た目やボディランゲージが大切
  2. 聞くではなく聴いてもらうために、話の仕方や声のトーンが大切
  3. 内容ももちろん大切

どれか一つだけが大切なのではなく、この順番を意識することが重要だと感じました。

1:話を聞いてもらうために、見た目やボディランゲージが大切

メラビアンの法則 伝えるスキル アップ第一印象は7秒以内に決まると言われています。

その7秒で「この人の話を聴いてみたい」と思ってもらえなければなりません。

ですので、まずは見た目が大切です。

相手の方に、面白そうな人だとか、この人の話は勉強になりそうだと思われなければ、話を聞いてもらえないのです。

2:聞くではなく聴いてもらうために、話の仕方や声のトーンが大切

メラビアンの法則 伝えるスキル アップ第一印象で、相手に興味を持ってもらえたのであれば、次にただ聞いてもらうのではなく、積極的に聴いてもらえるようにしなければなりません。

積極的に聴いてもらうというのは、前のめりになるような話し方が大切になります。

単調な話し方ではなく、抑揚をつけるなど、ストーリーを語るなどのスキルが重要になります。

3:内容ももちろん大切

メラビアンの法則 伝えるスキル アップそして、最後に内容です。

どんなに見た目が良く、話し方が上手くても内容がなかったら台無しです。

メラビアンの法則では、話の内容などの言語情報は7%しか影響を与えないと言われていますが、これは話を聴く準備が整っていない場合です。

準備が整っていれば、内容もやはり重要なのです。

 

コミュニケーションを「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」に分けて捉え、3つが一致する時、伝わるスキルがアップします。

これを意識して行えば、あなたの「伝えるスキル」は確実にレベルアップします。

一方で、「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」が不一致や矛盾があったら相手は違和感を覚え、不信感が高まります。

 

言語情報と非言語情報の質を高める

メラビアンの法則 伝えるスキル アップ話の内容だけでなく、話し方や見た目にも注意を払うことが重要だというのは「非言語コミュニケーション」が重要ということです。

非言語コミュニケーションは「身だしなみ」「ボディランゲージ」「プレゼンの仕方」「話し方」を学び、スキルを高めることです。

一方で言語情報は、メッセージです。

非言語コミュニケーションが重要とは言え「メッセージの質」を高めることは不可欠です。

コミュ二ケーションの一つの目的はメッセージを伝えることです。

どんなに非言語情報を強化しても、メッセージが弱ければ、相手に伝わりません。

メッセージの質を高め、非言語情報を強化していけば、伝えるスキルは向上します。