消費者に大きな影響力を与えることのできる人をインフルエンサーと言います。

これまでテレビや新聞などに広告を使っていた企業は、YouTubeチャンネル登録者が多いYouTuberやSNSで多くの人にフォローされている個人に広告を依頼することが当たり前の時代になっています。

この記事では、個人で影響力を持ち活躍するインフルエンサーについて解説していきます。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、影響力がある個人に商品・サービスの宣伝を依頼して、メッセージを拡散する手法のことです。

商品を販売している企業側が情報発信するのではなく、第三者による情報発信なので、商品・サービスの売り込み感が薄れ、情報の信憑性が増します。

例えば、有名なYouTuberが「面白いスマホゲームを見つけた」といってインストール方法を解説し、実際にゲームを楽しんでいる動画を出しています。

これを観た人は、「楽しそう」と思い、そのアプリをインストールします。

これがインフルエンサーマーケティングです。

 

インフルエンサーが商品を紹介すると、インフルエンサーのファンがその商品をチェックします。

そして、そのファンがさらに口コミをして拡散されていきます。

実は、YouTuberの収入は、この企業からの案件が大きな割合を占めているのです。

 

YouTubeだけではなく、最近はFacebookやInstagramといったSNSも動画に力を入れています。

すでに影響力を持つ個人が活躍する時代となってきているのです。

そして、個人ビジネスで成功するためには、今後、影響力を身につけることが大きなポイントとなっていきます。

ニッチな分野に絞り込んで影響力を身につける

インフルエンサーとして活躍するには、YouTubeチャンネル登録者が100万人いなければいけないとか、Twitterのフォロワーが多くなくてはいけないとか、Facebookで記事を書けば100名以上にシェアされるといった要素が必ずしも、なければいけないということではありません。

このような大物になれなくても、企業側がメリットを感じることができれば、広告依頼をされます。

それが、マイクロインフルエンサーと言われるモノです。

マイクロインフルエンサー

YouTubeではHIKAKIN氏やはじめしゃちょー氏など、Instagramではローラ氏や渡辺直美氏などが日本で影響力の高いインフルエンサーです。

このような方々には、多種多様の多くのフォロワーが付いています。

ローラ氏や渡辺直美氏などは、オールジャンルで影響力があるので、様々な広告に対応できると思いますが、子供人気の高いHIKAKIN氏にお酒の企業が広告を依頼することはありません。

なぜなら、子供に対してお酒を宣伝しても効果的ではないからです。

今現在、特別に有名ではないのであれば、何か一つの分野に絞り込むことが大切です。

ニッチな分野に絞り込み、そのコミュニティでだけで強い影響力を持つことはできるはずです。

何か一つのことに特化したインフルエンサーのことをマイクロインフルエンサーと言います。

あなたの得意な分野に特化した専門家として、それに対しての情報発信を続けることでマイクロインフルエンサーになれるのです。

例えば、一品料理に特化して、ワインに合う一品料理の作り方や日本酒に合う一品料理の作り方などを紹介するYouTubeチャンネルやInstagram、Facebookページを作り、動画やブログなどで情報発信を続けることで、コミュニティが出来上がり、そのコミュニティで影響力を持てます。

そうすれば、お酒メーカーやキッチンメーカーなどからの広告依頼に繋がりやすいです。

日本でトップクラスのインフルエンサーに商品のPRをしてもらうより、小さなコミュニティでも専門性を持ったマイクロインフルエンサーに、その商品をPRしてもらった方が、コンバージョンに結びつきやすいからです。

インフルエンサーとなって商品を紹介する時の注意点

インフルエンサーとして活躍していくことでの注意点がいくつかあります。

しっかしとそれを理解した上で行わなければ、バッシングの原因となりメディアが炎上することに繋がってしまいますので、頭に入れておきましょう。

注意1:ステルスマーケティング

ステルスマーケティングとは、一般的に「ステマ」と言われ、消費者に宣伝と気づかれないように行う宣伝のことを指します。

企業が商品と広告費をインフルエンサーに支払って、たまたまその商品を見つけ、購入して気に入ったように見せることはステマに当たります。

一昔前、多くの人気芸能人がこの「ステマ」によって叩かれ炎上し、人気が急降下して、テレビで観なくなってしまいました。

ですので、企業側から案件がきたら、紹介する前に必ず自分が試して、人に紹介して良いモノだと思えたら引き受けるようにしましょう。

そして、紹介するときも嘘をつかずに過剰に評価するのではなく、本音を伝えることが大切です。

もし気に入らなかったら、しっかりと断るようにしましょう。

企業側からの金銭的な報酬よりも、コミュニティで信頼を失うことの方が将来的に大きな損害となることを理解しておきましょう。

信頼を構築することは時間がかかることですが、信頼を落とすのは一瞬です。

注意2:最低限ではなく最大限の効果を出せるようにする

企業側は、時間をかけてインフルエンサーを選び、成果を出すためにお金を投資します。

フォロワー数だけに着目するのではなく、外見や動画や文章から伝わる内面など、様々なことを考えてあなたに投資します。

それには、多くの時間や手間をかけているのです。

あなたに広告依頼がきたのであれば、あなたは企業から選ばれた人なのです。

そして、商品・サービスをあなたが気に入ったのであれば、全力で企業のお役に立てるように紹介すべきです。

嘘をついたり、過剰評価をする必要はありませんが、できる限りのことを行うべきです。

企画内容を工夫したり、動画にリンクを入れてすぐにサイトに飛べるようにするなど、できる限りのことをやりましょう。

たまに商品を悪く言うインフルエンサーもいますが、悪く言うくらいであれば、依頼を受けないことです。

お金を貰えばそれで完了…という考えをしていたら、二度と案件を貰えなくなります。

インフルエンサーとして、最低限の責任を果たすのではなく、最大の効果が出せるように取り込みましょう。