弊社では、個人事業主のWordPress制作依頼を承っております。

また、自力でWordPressを使いサイトを作りたいという方にコンテンツを通してノウハウをご提供したり、WordPressサイト制作コンサルティングなどもご提供しております。

WordPress制作のご依頼はこちら

過去、Webサイトを自分で更新したいと思った場合、専門知識とホームページビルダーやドリームウィーバーなどソフトの購入が必要でした。

しかし今は、簡単で素早く記事が投稿できるWordPressが登場したことで大きく変化しました。

アメーバブログなどの無料ブログサービスと同じような感覚でブログ記事を投稿することができ、無料、有料のテーマや無料のプラグインの活用で、最小限の知識でも簡単にそれなりのカスタマイズができるようになりました。

ここでは、まずWordPressとはどのようなモノなのかを理解しましょう。

目次

WordPressとは…

では、実際にWordPressとはどのようなモノなのでしょうか?

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

〜引用元:WordPress 日本語ローカルサイト

公式ページには、このように書かれています。

オープンソースや、CMSプラットフォームなどの専門用語が並び、PCに対して苦手意識がある人にとっては、非常にわかりにくいのですが、「記事の投稿や編集が自在に出来るブログ」と覚えておけば大丈夫です。

無料ブログサービスとの違い

WordPressは、アメーバブログやライブドアブログとは何がどう違うのでしょうか?

アメーバブログやライブドアブログなどは無料ブログサービスと言います。

これら無料ブログサービスは、ユーザーにシステムを使わせるだけのサービスで、プログラムそのものを配布している訳ではありません。

つまり、自分のWebサイトを持っているのではなく、サービスを使っているだけなのです。

無料ブログサービスで最も大きなリスクとなるのは、そのサービスが突然終了したり、システムが大きく変更されてしまうことがあるということです

例えば、アメーバブログは過去に規約変更を行い、多くのユーザーのアカウントが削除されたことがあります。

何年も継続してブログ記事を投稿していたのに、一瞬でその全てが失われました。

アメーバブログで集客の仕組みを作っていた人にとっては、仕組みそのものが失われたことになり、大きな損失となったのです。

一方、WordPressは、プログラムそのものを無料で配布しているので「無料で運営・管理できる自分のWebサイト」という感覚です。

「自分のWebサイト」なので、規約自体があなたの自由です。

たとえアダルトサイトであっても運営することができます。

WordPress自体は無料ですが…

しかし、WordPress自体は無料ですが、使うには、レンタルサーバーとドメインが必要になります。

とは言っても、サーバーは年間10,000円程度でドメインも年間2,000円程度です。

レンタルサーバーとは…

レンタルサーバーとは文字の通りで「貸し出されるサーバー」という意味で、ホスティングサーバーとも言われます。

勿論、レンタルせずに自分でサーバーを持ち運用したり管理することももちろんできるのですが、専門知識や手間、コストが掛かるため、サーバー管理を専門とした会社に頼んだほうが圧倒的に安くて安全です。

この為、ほとんどの人はレンタルサーバーを契約して使っています。

例えるのであれば「インターネット上でのマンション」のようなモノです。

「たくさんの部屋があって、自分の部屋を契約する」ことでインターネット上にWebサイトが公開できます。

独自ドメインとは…

それに対して、独自ドメインとは、Web上の住所のようなモノです。

このWebサイトの場合、「innorise.co.jp」と言うのが独自ドメインです。

「http://」から始まりますが、その次に続いていく英数字の組み合わせになります。

どのドメインも末尾は、「.com .net .info .biz .jp .co.jp .ne.jp」などで終わるようになっていて、世界中で絶対重複しないようになっています。

WordPressを使うメリット

私自身も長年WordPressを使い続けていますが、主に下記のようなメリットを感じています。

メリット1:カスタマイズの自由度が高い

まずは、自分好みのカスタマイズできる点です。

WordPressは、htmlやcss、phpなどの知識がなくても、ある程度自由にカスタマイズすることができます。

テーマ

外観はテーマと呼ばれるテンプレートを使います。

WordPressのテーマは無料のモノ、有料のモノが豊富にあります。

テーマを設定するだけでそれなりの見栄えになります。

プラグイン

また、WordPressの機能を拡張するプラグインも豊富で「お問い合わせフォーム」や「サイトマップ」も簡単に無料で設置することができます。

もしもカスタマイズに困った場合でも、Web上には、WordPressのカスタマイズに関する記事を書いているユーザーが多くいるため、調べることに苦労が少ないのことも大きなメリットです。

メリット2:インストールや記事更新が簡単に出来る

2つ目のメリットは、WordPressのインストールや記事更新が簡単だということです。

私の場合、エックスサーバーというサーバーをレンタルしているのですが、WordPressをインストールするのに、1分程でできます。

また、クライアントさんにWordPressでサイトを作るコンサルすることが多いのですが、どんなに初心者の方でも簡単にインストールすることができ、思っている以上に簡単に始めることができます。

さらには、無料ブログサービスと同じように記事を投稿することもできることもメリットと言えます。

メリット3:検索エンジンに強い

3つ目のメリットは、検索エンジンに強い点です。

インターネットが普及し情報が溢れている昨今、集客で大きなポイントとなるのが、検索で上位表示されることです。

単純に検索エンジンに好かれる内部構造になっていることが最低条件であり、とても重要になります。

WordPressは検索エンジンに強いと言われています。

また、初めからSEOをしっかり考え、対策してくれている有料のテーマもありますし、無料のテーマであっても少しだけ内部を変えることやプラグインを使うことで検索エンジンの対策ができます。

実際、様々なキーワードで検索してサイトを見てみると、WordPressで作ったサイトが上位に表示されています。

しかし、ごく稀に悪質なタグが仕込まれているスパムまがいのテーマがありますので、身元がはっきりしないテーマには気をつけなければなりません。

WordPressの公式サイトや身元がはっきりとしている所が配布しているテーマを選ぶことも重要です。

WordPressを使うデメリット

どんなことでもメリットもあれば、デメリットもあります。

しかし、WordPressに関しては大きなデメリットが見当たらないのですが、あえて言うならば、1つだけです。

デメリット1:レンタルサーバー代と独自ドメイン代が必要

WordPressを使うには、レンタルサーバーとドメインが必要でそれにはお金が掛かるという点です。

しかし、自分が管理、運営できるWebサイトが年間15,000円以下で持つことができますので、デメリットとは言えないでしょう。

WordPress制作のご依頼はこちら

WordPressで集客できるサイトを作る方法

現在、FacebookやTwitterなどのSNSが流行しています。

しかし、今から7年程前に流行りSNSの代表だったmixi(ミクシィ)の規約変更、2012年の夏頃行われたアメーバブログの規約変更を考えると、いつどんな形でビジネスに使えなくなってしまうのか分からない状況です。

ですので、やはり自分自身のWebサイトを持ち、しっかりと狙ったキーワードで上位表示されるようにSEOの知識を高め、集客できるWebサイトにしなければなりません。

SEOから集まるアクセスは、問題解決を目的とした人なので、SNSなどのアクセスと比べて、高いコンバージョンが期待できます。

ですので、SNSだけに頼るのではなく、WordPressで集客できるWebサイトを作ることによって、より大きな結果を出すことができるようになります。

SEOの基礎

インターネットに不慣れな方にとっては、SEOと聞いても頭が混乱してしまうと思います。

また、比較的インターネットに強い方でもSEOを勘違いしていたり、古い時代のSEOしか理解できていない方も多くいます。

ですので、まずはWordPressで集客するためのサイトを作るためにSEOの基礎を理解しておきましょう。

SEOとは…

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字を取ったもので、「検索エンジンで上位表示をさせるための対策」です。

GoogleやYahoo!などの検索結果ページで、上位表示させる対策、施策のことです。

狙ったキーワードで上位表示させることができれば、それだけ大きな結果を出すことに繋がります。

昔は、テクニックで上位表示をすることができた時代でしたが、昨今は、テクニックだけでは、検索結果で上位表示させることができない時代になりました。

インターネットを活用しているほぼ全ての企業がビジネスの成長のためにSEOを強化させています。

よりビジネスを成長させるには、SEOを攻略するための基礎を理解し実践する必要があります。

基礎だけでも理解し実践して頂ければ、どのような業種の方でもWebサイトからの集客を実現することができるようになります。

現在多くの企業は、コンバージョンの獲得を目的として、SEOに取り組んでいます。

実際に、弊社でもお問い合わせの約半分はSEO経由です。

そのため私は、SEOはビジネスを行う上で不可欠なことだと実感しています。

しかし、SEOを意識していたとしても、全くアクセスが増えていないとか、アクセスが集まるけどコンバージョンが凄く低いといった状態に陥ってしまいます。

こうなってしまう原因はシンプルで、「SEOのためにやっていること」「SEOに取り組む考え方」の二つが間違えているからです。

そこで、まずは「本当に成果を出すために行うべきSEOとは?」ということを明確にしていきます。

正攻法のSEOとは

多くの企業や個人は、なぜSEOから成果を得ることができていないのでしょうか?

おそらくそれは、そもそもSEOを行う上で基本となる考え方がズレているからです。

まずは、そのズレを知りしっかりと正攻法となる基礎を身につけましょう。

SEOの定義

SEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またはその技術のこと。

〜引用元:wikipedia

この定義では、正しく伝わらないため、弊社では以下のように社員やクライアント様に伝えています。

SEOとは検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWebページを作成し構成すること

SEOの専門家は、検索エンジンという機械を対象に行うものだといった考え方ですが、弊社は、検索ユーザーという人間を対象に行うものだと定義しています。

SEOの専門家は、検索エンジンを攻略するためにテクニックや技術に目を向けます。

価値のないページを上位表示させようとするテクニックや技術のSEO対策は、昔は通用しましたが今は通用しません。

一方、弊社や弊社のクライアントさんは検索ユーザーに上位表示されるべきと思われるような価値あるページを作り上げることに情熱を燃やしています。

当然、検索ユーザーに上位表示されるべきと思われるような価値あるページを作り上げる方が、上位表示された時に質の高いコンバージョンを獲得できます。

そして、その結果として検索エンジンから評価され上位表示されることに繋がります。

SEOで成功してビジネスをより大きく成長をさせるためには、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWebページを作成し構成することは絶対に欠かすことのできないことです。

機械を対象としたSEOの終焉

過去のSEOは、アルゴリズムを解明し上位表示を実現するためのテクニックを追求し実行することでした。

アルゴリズムとは、検索エンジンがWebサイトの表示順位を決める時に重視している項目のことです。

その為、検索エンジンのアルゴリズムの隙間を突いて、価値のないページでも、検索エンジンを騙して、価値のあるページだと評価させて上位表示を実現させていました。

その結果、価値のないページが上位を占めるという問題が発生しました。

そこで、Googleはこの問題を解決する為に、パンダアップデートペンギンアップデートに取り組みました。

価値がないのに検索上位に表示されていたWebサイトを圏外に排除したのです。

Web上から価値のないページを排除する試みを行った結果、今ではアルゴリズムの隙が以前と比べて少なくなり、これまでの小手先のSEOは通じないようになりました。

弊社で進めている人間を対象としたSEOは、検索エンジンを対象としたSEOとは対極の考え方です。

正攻法のSEOを行うために必要な考え方

これからのSEOで追求すべきことは、検索ユーザーに対して何をすることで最大限の価値を生むことができるのかを考えることです。

検索ユーザーが感動してくれるぐらい大きな価値を与えるWebサイトを作ることが重要なのです。

それだけで、多くのアクセスを得てコンバージョンを獲得することができます。

あなたが取り組むべき3つのSEO

ここからは、具体的にどのようにして多くのアクセスを集めコンバージョン獲得するのかをお伝えしていきます。

これからあなたが行うべきSEOは3つです。

1つ目は、コンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するコンテンツを作ることです。

2つ目は、内部SEOです。

内部SEOとは、使いやすく見やすいサイトを作ることです。

そして3つ目は、外部SEOです。

外部SEOは、サイトを多くの人に知ってもらう為に行うことです。

この3つをしっかりと理解して実践すれば、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWebサイトを完成させることができるはずです。

その結果、検索エンジンから質の高い多くのアクセスとコンバージョンを獲得できるようになります。

一つひとつの要素を詳しくご説明します。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するコンテンツを提供することです。

コンテンツSEOは、先ほどのSEOの3つの要素の中で最も重要なモノとなります。

それは、「Googleはより検索ユーザーの役に立つコンテンツを上位に表示したい」と思っているのと「良質なコンテンツは質の高いアクセスと多くのコンバージョンを生む」という2つの理由があるからです。

コンテンツSEOが検索エンジンに高く評価される理由

Googleは、検索ユーザーにとって最も価値のあるサイトが上位に表示されるべきだと考えています。

それを実現するために今でも日々検索エンジンは進化しています。

今後はより良質なコンテンツが上位表示されやすくなっていくと予想できます。

つまり、高い価値を提供するコンテンツを作ることが上位表示の近道だということです。

なので、価値あるコンテンツの作成に最も多くの時間を使うべきです。

コンテンツSEOで質の高いアクセスと多くのコンバージョンを生む理由

コンテンツSEOが重要な2つ目の理由は、コンテンツの質が高ければ高いほど、お問い合わせ、メルマガ登録などのアクションを取ってくれる確率が高くなるからです。

良質なコンテンツを見たユーザーは、信用・信頼をします。

なので、当然コンバージョンの数や質を高めてくれるのです。

内部SEOとは

内部SEOとは、ユーザーにとって見やすく使いやすいページ構成でサイト構造を実現することです。

例えば、見出しや改行の使い方が非常に丁寧で、とても読みやすいサイトにすることがユーザーや検索エンジンにより良く評価されます。

内部SEOでやるべきことは「インデックス最適化」「クロール最適化」の2つです。

インデックス最適化の方法

インデックス最適化とは、「Webサイト全体、Webサイト内の全てのページを、ユーザーにとって見やすいように整えること」を言います。

ページを作る時に「タイトルタグ」「見出しタグ」「meta description タグ」「noindexタグ」「canonicalタグ」に注意すればするほどユーザーにとってより見やすいサイトになります。

例えば、ページのタイトルにキーワードを含めれば、ユーザーは、そのタイトルを見ただけでどんなコンテンツのページなのか…とわかります。

また、見出しタグを適切に使用することで、そのページ内の段落構成が分かりやすくなるしデザイン的にも読みやすくなります。

さらに、クローラーと呼ばれるサイトの情報を収集する役割の検索エンジンのロボットは、ユーザーに近い動きをするようになっているため、ユーザーにとって見やすいサイトということは検索エンジンにとっても見やすいサイトになります。

その結果、上位表示もされやすくなるのです。

クロール最適化の方法

クロール最適化とは、「ユーザーが迷わずにWebサイト内のコンテンツを見つけられる構造のこと」を言います。

ユーザーが迷わずにサイト内のコンテンツを見つけられる構造にするということは、検索エンジンの巡回ロボットがサイト内を隅々まで巡回できるようになり、サイト内のどのページを重点的に評価すれば良いかが分かるようになります。

結果、クロール最適化を行うことによってサイト全体のSEOに好影響が生じるのです。

外部SEOとは

外部SEOとは、サイトを多くの人に知ってもらう為に行うことです。

自作自演で被リンクを貼ることだと思っている方もいるのですが、それはペナルティの対象になる行為です。

本当の外部SEOは、SNSやPPC広告などの外部手段を使って、必要とするユーザーにあなたのWebサイトを知ってもらうことなのです。

FacebookやTwitterで記事の更新情報を流したり、自信のあるコンテンツを、しっかりとターゲット設定を施したFacebook広告、Google adwardsに出したりするのは、多くの人にコンテンツを知ってもらうためのSEO外部対策の有効な手段です。

このように、あなたのサイトをまだ知らない人に見てもらう努力をすることで、SNSでシェアされたり紹介してくれるようになります。

コンテンツSEOが最も重要

3つのSEOでコンテンツSEOが最も重要です。

検索ユーザーも検索エンジンも「このページが上位表示されるべき価値あるモノ」と判断されなければ、内部SEO、外部SEOを行っても意味がありません。

最高のコンテンツを届けているサイトは、すぐに誰かの目にふれて支持されていき上位表示されるモノです。

これからWebサイト作るという方は、コンテンツSEOを理解して実践するところから始めると良いでしょう。

SEOとは検索ユーザーの悩みや問題を解決すること

検索ユーザーは、疑問や悩みを検索します。

その疑問や悩みに対して明確な答えを提供することが価値あるWebサイトです。

つまり、SEOとは検索ユーザーの悩みや問題を解決することなのです。

では、そのユーザーに対して最高の答えを提供する為には、どうすれば良いのでしょうか?

それは、自分自身が持つ専門分野でプロとして高いレベルでなければいけません。

資格などではなく、常に学び、常に新しいことに挑戦して価値を提供し続けるのがプロです。

独自のキーワードポートフォリオを作る

 

SEOは適当に行うのではなく、しっかりとキーワードをリサーチして戦略をもとに実践することが重要です。

毎週1回は、あなた独自のキーワードのポートフォリオを作るようにしましょう。

独自のキーワードポートフォリオとは、

  • あなたのWebサイトの内容とマッチしている
  • 検索数が見込める
  • 競合のサイトのコンテンツもそこそこレベルが高い

この3つの条件を満たしたSEOキーワードのことです。

Googleアドワーズのキーワードツールを使って、この3つの条件を満たしたキーワードを調査します。

何度も調査を繰り返して、あなた独自のキーワードポートフォリオを作っていきましょう。

キーワードポートフォリオを作る時には下記の4つの点に注意しましょう。

1:あなたのビジネスと関連あるキーワードか?

検索上位を狙うキーワード対策をする目的は、あなたのビジネスに興味がある人を、検索エンジンから集客することです。

さらに、そこからお問合せやメルマガ登録などのコンバージョンを生み出すことです。

それこそが、集客できるWebサイトです。

ですので、キーワードポートフォリオに追加するキーワードは、あなたのビジネスと関連するものでなければ意味がありません。

例えば、料理教室を運営しているとしたら、Web集客というキーワードでSEOをして、アクセスを集めても、コンバージョンは生まれません。

当たり前だとは思いますが、あなたのビジネスと関連性があるキーワードを意識してコンテンツを作るようにしましょう。

2:見込み客はそのキーワードで検索するか?

あなたの見込み客が、実際にそのキーワードで検索するかは、とても重要なポイントです。

例えば、料理教室でも、地域、和食、洋食などでは、対策するべきキーワードは違ってきます。

あなたのビジネスにぴったりの理想の見込み客が検索するキーワードで検索上位を狙いましょう。

3:そのキーワードはどのくらいの検索があるか?

弊社では、ビッグキーワードを攻略するために、ロングテールキーワードで上位表示されるようにしています。

ロングテールキーワードとは、複合キーワードのことです。

例えば、「犬」についての情報が欲しい人は「犬 しつけ」や「犬 里親」などと検索します。

また、「イタリアン」のお店を探している人は、「渋谷 イタリアン」とか「渋谷 道玄坂 イタリアン」などと検索します。

このように、メインキーワードにサブキーワードや地域名などをプラスし、単語を繋げたキーワードを複合キーワードと言います。

当然、複合キーワードはメインキーワードよりも検索数自体は少なくなりますが、質の高いアクセスが集まります。

ロングテールキーワードを攻略することをロングテールSEOと言います。

弊社ではロングテールキーワードは検索数が月間300以下としています。

これは手間が掛かる作業の一つですが、リサーチスキルが身につきますし、予想もしなかったキーワードが競合度が低く「隙間」的なキーワードを見つけることにもつながります。

リサーチをすることで対策すべきキーワードが無数にあることが実感できるようになります。

4:適正な企業や個人をライバルにしているか?

月間検索数が多いキーワードを見つけても、実際に調べてみると、検索上位を大企業や有名起業家が独占している場合もあります。

大企業のWebサイトは、コンテンツも充実していて、SEO対策の知識もあり、莫大な予算をかけている場合が多いので、数日、数ヶ月で勝つことは難しいです。

3ヶ月以内に検索画面の1ページ目に入る見込みがないキーワードに重点を置くのはやめるべきです。

そのキーワードではなく、他の上位表示が狙えるキーワードを探し、そこに力を入れましょう。

良質なコンテンツこそ検索上位を狙える

 

上位表示を狙える独自のキーワードポートフォリオを作って満足をしてはいけません。

上位表示を狙えるキーワードを見つけたら、そのキーワードを意識した良質なコンテンツを作らなければなりません。

検索上位表示させるために最も重要なことは、見込み客に良質なコンテンツを提供することだからです。

これは、Googleの目指しているところでもあるので、これを無視して検索上位表示を狙うことはできません。

検索上位表示させることにこだわりすぎていると、最も大切なコンテンツを忘れてしまいがちなので注意しましょう。

上位表示を狙えるキーワードを使ってコンテンツを作る際には、ライバルのWebサイトをしっかりとリサーチして「ライバルのWebサイトよりも良いコンテンツにする為には何を提供すれば良いか?」を常に考えるようにしましょう。

例えば、ライバルのWebサイトが文章だけだった場合、

  • YouTubeを使って動画を使ったコンテンツを作る
  • 画像を付ける

なども良いでしょう。

コンテンツの質こそが、集客できるWebサイトになるということを忘れてはいけません。

上位表示を狙うコンテンツにするための注意点は下記の6つです。

1:そのキーワードで検索ユーザーが満足するか予測する

例えば、「Webサイト 作り方」で検索する人が求めているコンテンツは、Webサイトの制作会社の案内ではなく、自力でWebサイトを作る方法だと予想できます。

「どうやって自力でWebサイトを作れば良いのか」を求めているのです。

このように、検索ユーザーが求めているコンテンツを提供することが大切になります。

検索ユーザーが求めているコンテンツを提供することができれば、検索エンジンに高く評価されるだけでなく、「いいね!」や「シェア」されることにもつながり、拡散されて多くの人にあなたのWebサイトが広まることになり、集客できるスピードが増します。

コンテンツを作る際は、

  • 見込み客が求めている記事をしっかりと予測して記事を書く
  • 一人の理想的な見込み客をイメージしてその見込み客だけに届けるつもりで記事を書く
  • ライバルを徹底的にリサーチをしてより良い記事にする

この3つができれば、自然と良質なコンテンツが完成するはずです。

2:1点集中

1つのコンテンツで様々なキーワードでの上位表示を狙うのではなく、1つのキーワードに集中します。

弊社では、1つのコンテンツには1つのキーワードのみで上位表示を狙うように伝えています。

例え、そのコンテンツが、2つ、3つのキーワードの検索ユーザーを同時に満足させられる場合でも狙いは1つです。

2つ以上を狙ってしまうと、ブレてしまうことがあるからです。

結果的にどちらのキーワードでも上質なコンテンツだと判断されれば、自然に上位表示されるので、狙いは1つにするべきだと考えております。

3:記事タイトルにキーワードを含める

記事のタイトルには、必ずキーワードを含めるようにしましょう。

例えば、「ブログ 集客」で検索してみると、上位表示されているタイトルには、必ず、「ブログ 集客」というキーワードが使われているはずです。

4:記事内にキーワードを含める

タイトルだけでなく記事内にもキーワードを含めておきましょう。

これにより、検索エンジンが、あなたのWebサイトのコンテンツを評価しやすくなります。

5:タイトルタグを使う

コンテンツのタイトルにはh1タグを使い、記事内の見出しや小見出しなどには、h2タグ、h3タグを使うようにします。

これによって、検索エンジンが、あなたのWEBサイトを適切に評価しやすくなります。

6:メタタグを指定する

メタタグも重要な要素です。

検索エンジンには、“meta title”の内容がタイトルとして表示されます。

“meta description”が、抜粋として説明部分に表示されます。

“meta keyword”の内容が、キーワードとして指定されるからです。

 

検索エンジンに好かれるWebサイトを作る

 

Googleの検索の順位決めは、ロボットがアルゴリズムという指標に基づいて、判断しています。

つまり、あなたのWebサイトをクローラーが巡回しやすい構造にして、インデックスされやすい構造にして検索エンジンに好かれるようにしなければ、上位表示されませんので集客できるWebサイトにはできません。

何だか難しそうなことですが、WordPressでWebサイトを作っているのであれば、簡単に設定することができますので、安心してください。

WordPressで検索エンジンに好かれるようにする基本的な方法は下記の3つです。

1:Googleサイトマップを使う

WordPressにGoogle XML Sitemapsという無料プラグインがあります。

「Google XML Sitemaps」をことで、あなたのWebサイトの全ページを、クローラーが巡回してくれるようになります。

それにより、多くのページが検索エンジンにインデックスされることになります。

必ず「Google XML Sitemaps」を導入して、サイトマップを作りましょう。

2:URLのパーマリンクを設定する

パーマリンクとは、Webサイト内の各ページに設定される固定URLのことです。

パーマリンクを「カスタム構造」にして、それぞれの記事を分かりやすくしましょう。

WordPressでは、ダッシュボードの左メニューの「設定」内に「パーマリンク設定」という項目があります。

そこで、「カスタム構造」にチェックを入れて、

/%postname%/

と入力しましょう。

 

3:全てのコンテンツを3階層以内に抑えているか?

サイトの階層が多すぎると、クローラーが巡回しにくくなるため、階層の浅い位置にあるコンテンツの方が、検索上位に表示されやすいと言われています。

従って、全てのコンテンツを3階層以内におさめられるように心がけましょう。

常に計測と改善

 

ここまででWordPressで集客できるサイトを作る方法をお伝えしてきました。

  • 独自のキーワードポートフォリオを作る
  • 上質なコンテンツこそ検索上位を狙える
  • 検索エンジンに好かれるWebサイトを作る

この3つを実践すればお問合せや、メルマガ登録などのコンバージョンが増え、集客できるWebサイトにすることができるはずです。

しかし、この3つを実践していても見込み客との間にズレが生じているかもしれません。

その場合は、どんなに頑張っても的違いなので集客できるWebサイトにはなりません。

だからこそ、計測と改善は欠かせないのです。

自分の知識やスキルを向上し続ける

Googleは、価値のあるサイトを検索ユーザーに届けるために常に変化を続けています。

良質なコンテンツを提供することは変わりませんが、Googleが変化しているように、自分自身も定期的に情報を集めて、自分の知識やスキルを向上し続ける必要があります。

そのためにも、常に下記2つのことは意識して実践しましょう。

1:ライバルの順位変動

あなたのライバルのWebサイトの情報を常に把握しておきましょう。

ライバルがどのようなページやコンテンツ、サービスを追加しているか?

これを続けることで、あなたのWebサイトのコンテンツのヒントにもなります。

2:計測と改善

Googleアナリティクスを使い、常にどのようなキーワードであなたのWebサイトに訪れているのかを常に計測しましょう。

そして、そのキーワードであなたのWebサイトに訪れた人は、他にどんな情報を求めているのかを考え、そのコンテンツを提供しましょう。

 

  • 一番最初に読まれているコンテンツ
  • 滞在時間の多いコンテンツ
  • ページビュー数の多いコンテンツ

これらを知っておけば、より見込み客が求めていることがわかります。

そして、それをコンテンツとして提供することもできるし、商品としてリリースすることもできます。

自分の思い込みだけでコンテンツを作ることは、失敗の原因です。

求められているコンテンツを提供することができれば、失敗は起きないのです。

計測をして、分析を行い、改善して、また計測をして分析し、改善する。

これを繰り返し行い、常に「より良いコンテンツを提供する」ことを目指しましょう。

WordPress制作のご依頼はこちら

無料体験コーチング