コンテンツマーケティングは、企業だけではなく個人にも有効なマーケティング手法です。

人材やお金などの資産が多くあり、幅広い商品やサービスを取り揃えている企業だけのマーケティングではありません。

ニッチな分野の個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべきです。

人材やお金などの資産が少ないニッチなビジネスを行っているコーチやコンサルタントなどの個人起業家にも、非常にメリットの多いマーケティング手法なのです。

この記事では、個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき5つの理由をご紹介します。

個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由1
ブランディング

ニッチな分野の専門知識をブログで情報発信することで、ブログ訪問者にその分野の専門家として認識されます。

専門分野に特化した価値のある良質なコンテンツを提供することで、ブログ訪問者から信用され、信頼を得て唯一無二の存在になれます。

これを続けることでブログ訪問者はファンとなっていきます。

つまり、「あなた」というブランドの認知度も上がり、商品やサービスへの信用が高まることにもつながります。

また、ニッチな特定分野の情報を求めている人は、その分野にとてつのない興味や関心があり、強い情熱を持っていることが考えられます。

なので、良質なコンテンツを提供し続けることで、興味・関心を持っている熱い人を惹きつけることができるのです。

 

個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由2
見込み客が見つけやすい

ニッチな分野に興味・関心を持っている人は、その分野そのものに情熱を持っているため、自分でその情報を探し出すバイタリティーもあります。

なので、あなたが良質なコンテンツを作り続けていくことで、あなたの情報にたどり着くでしょう。

ニッチな分野であれば、ライバルや競合も少ないので比較的容易に見込み客に見つけてもらいやすいとも言えます。

これは、ニッチな分野の専門家がコンテンツマーケティングを取り入れる大きなメリットの一つと言えます。

 

個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由3
成約率が高い

ニッチな分野の情報を掲載する専門ブログを見つける人は、元々その分野に強い興味・関心を持っている人たちばかりです。

元々その分野に強い興味・関心を持っている人ということは、あなたが良質なコンテンツを提供していれば、商品やサービスにも興味を持つ可能性も高いです。

なので、成約率も高くなります。

訪問者にとって価値のある良質なコンテンツを作った上で、無料オファーを用意し、購入に結び付くようにすれば高い成約率を見込むことができます。

 

個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由4
経費削減

ニッチ分野の専門家としてビジネスを行っている個人起業家は大企業のように多くの予算があるわけではありません。

大抵は、予算が限られ少ない予算でやっている場合が多いでしょう。

しかし、コンテンツマーケティングは、コストをかけることなく取り組むことができます。

予算が少ないからコンテンツマーケティングを取り入れることができない…という問題は発生しません。

コンテンツマーケティングを行う以前に、広告を使っていて全く結果が出なかった人も、コンテンツマーケティングを始めて、広告をやめても結果が出たという例もあります。

コンテンツマーケティングを行うことで、広告費を大きく削減することが可能になります。

さらに、Googleアナリティクスなどで、サイト訪問者のアクセス元や滞在時間、無料オファーのダウンロード数、CTAボタンのクリック率などを計測できるので、改善する場所が明確にわかります。

これにより、お金を掛けなくても改善する場所が明確になるので、無駄にお金を掛けずに取り組むことができます。

 

個人起業家こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由5
文章にキーワードが自然に入ってくる

コンテンツマーケティングは、SNSで拡散されることでコンテンツを広めることと、検索エンジンから見込み客を集めることも大切になります。

この場合、SEOを意識したライティングが必要になってきます。

しかし、SEOと言っても、過去のSEOをやっていては、速攻でペナルティーを受けてしまうので、絶対にやってはいけないことです。

今は特に正攻法のSEOを意識しなければなりません。

正攻法のSEOの第一は、価値のある良質なコンテンツを提供することです。

これが今、最も効果的なSEOと言えます。

しかし、それを前提として、タイトルや見出し、本文にキーワードを適度に散りばめることも重要です。

また、タイトルタグなどを正しく使用することなども重要です。

正しいSEOを行い、ニッチな分野のコンテンツを作れば、そのニッチ領域のキーワードで検索上位を独占することもできるようになります。

ニッチな分野では、キーワード選びにかける労力、キーワードを上位表示させる労力などが幅広い市場向けの場合より、少なくてすむと言えます。

 

まとめ

弊社では、ニッチな分野のコーチやコンサルタントこそコンテンツマーケティングを取り入れるべきだと思っています。

一番の大きなメリットはサイトを立ち上げて2~3ヶ月で、その分野のトップに立てる可能性が高い、ということです。

コンテンツマーケティングでより大きい効果を出せるのがニッチな市場です。

ニッチな分野のビジネスを行っているのであれば、今すぐコンテンツマーケティングを始めるべきだと考えています。

コンテンツマーケティングの主役は当然、コンテンツです。

集客できるWEBサイトにするためには、コンテンツの質が何よりも大切になります。

是非、コンテンツマーケティングにチャレンジしてみてください。