動画を使って情報発信をする理由TVショッピングやテレビCMなど、動画を使ったマーケティング戦略は古くから行われていました。

しかし、テレビCMを出す為には、数千万円という莫大なコストがかかるため、大企業しか手を出すことができないマーケティングでしたが、インターネットで動画を見ることも投稿することもできる時代になり、動画コンテンツがより身近なコンテンツになってきました。

そして、YouTubeが流行し始め「動画マーケティング」という言葉が身近になりました。

誰もが簡単に無料で動画を配信できるYouTubeを使った動画マーケティングを行い、大きな成果を出す人も続出しました。

また、テレビでは数千万のコストが掛かってしまう広告ですが、YouTubeの広告は数千円、数百円でも出稿することができるというメリットもあります。

では、なぜ多くの企業や個人は動画を使って「情報発信」をするのでしょうか?

理由1:「読む」より「聞く」ほうが楽

文章を読むという行為は、話を聞くよりも疲れる作業です。

文章を読むというのは、目で見た文字を頭にイメージさせ、その単語を音に変換し、意味を読み取り、それをイメージをしていきます。

このように脳をフル活用して文章を読んで理解します。

では、聞くという行為はどうでしょう。

声として聞く場合は、最初から音として処理することができるので、意味を読み取り、イメージをするだけになります。

読むに比べて脳の負担は少なくなります。

更に音に映像が加わる場合、イメージをする必要がなくなるので、負担が大幅に軽減します。

きっと多くの人は、本を読むよりも動画を見る方が楽だと言えるのではないでしょうか?

例えば、小説を読むのとテレビを見るのを比べてみると、小説を読み終えたときには疲労感があるのに、テレビを見終えたときには、それほど疲労を感じないのではないでしょうか?

このように、文章を「読む」よりも、話を「聞く」方が疲れにくく、集中力を保ちやすいのです。

また、動画のように、声と同時に映像が表示されると、さらに理解しやすくなります。

更に、テレビのバラエティ番組などでも、話した内容がテロップとして文字で表示されると、よりその部分の理解が深まって、印象に残りやすくなります。

このような理由から、文章よりも、音声、そして音声よりも動画が効果を発揮するのです。

理由2:声やしぐさには「感情」が乗る

人の声やしぐさは、感情を表現することができます。

 

文字では伝えきれない感情を声には乗せることができるのです。

また、しぐさも同じです。

怒っていないと口では言っていても腕組みしていれば不機嫌なのかと思います。

声やしぐさは、感情を伝える為に効果的なのです。

しかし、そうは言っても「演技」をすることはおすすめしません。

素人の演技は嘘くさく、みっともなく感じます。

私は過去にある動画を見て一気に冷めた経験があります。

それは、インタビュアーがストーリーを聞いてボロボロ泣き始めたのです。

それが嘘くさく、みっともないように感じました。

一気に冷め、インタビュアーの「作り笑い」「オーバーリアクション」など過剰な演技ばかりが目に入ってきました。

動画の内容どころではありませんでした。

このように、極端に声やしぐさに感情を乗せてしまうと、逆にうそ臭くなってしまいます。

そうではなく、あくまでも自然体を心がけましょう。

声やしぐさを自然に使うことで、文章よりも見込み客の感情を動かすことができます。

理由3:「流し読み」や「読み飛ばし」を防げる

文章だけの最大の問題は「読み飛ばし」をされてしまうことです。

どんなに濃い内容の文章を書いても、読み飛ばしをされてしまうと、伝わるモノも伝わりません。

しかし、動画の場合は、基本的に自動で進みます。

もちろん、早送りなどをして、飛ばしながら動画を見る人もいるかもしれませんが、基本的には一度見始めると受動的に続きを見てしまう人がほとんどです。

最初から最後まで動画を見てもらえるというのは「流し読み」や「読み飛ばし」をされてしまう文章と比べた時に、とても大きなメリットです。

以上、動画が効果的な3つの理由をお話ししました。

まとめ

動画というと「難しい」というイメージで敷居が高く思われてしまいますが、実際は文章(テキスト)と変わりません。

文章はブログに投稿し、動画はYouTubeに投稿するだけの違いです。

また、ブログ記事のコンテンツを作るよりも、動画コンテンツの方が時間を短縮することができます。

私は、この記事を約30分で書いておりますが、実際に動画で話したら5分程で済んでしまいます。

「どんな動画を投稿すれば良いのか分からない」という人もいますが、ブログ記事を読み動画にするだけでも効果的です。

是非動画にチャレンジしてみてください。