この動画では、動画シナリオを企画するための3つのヒントについてお話しします。

動画のシナリオを作っておくことは、動画制作をスムーズに進めるために役立ちます。

動画シナリオには、出演者のセリフやナレーターのセリフ、撮影時の細かい説明などを書きます。

本格的な映像を提供する映画やテレビの場合は、カメラのアングルなどの指示を追加したり、それを関係者全員が共通認識する必要がありますが、ブランディングや集客、商品・サービスの販売としたビジネスを行うのが目的の場合、あまり複雑にする必要はありません。

ここでの動画シナリオは、出演者の動きやセリフ、動画の全体像、注意点やポイントなど、基本的なストーリーを頭の中に入れるために作ります。

動画制作に慣れていれば、動画シナリオを作らずに動画制作することもできますが、慣れていない状態で動画シナリオを用意していないと、言葉が出てこなかったり、必要なシーンの動画素材が足りなくなってしまったり、一貫性がない動画になってしまったりすることがあります。

それでは、動画シナリオを作る3つのヒントをご紹介します。

動画シナリオを作る3つのヒント

1:最初から完璧を追求しない

1つ目は、最初から完璧を追求しないことです。

動画シナリオは、いつでも手を加えることができるようにしておきます。

最初から完璧な動画シナリオを作ることにこだわらず、簡単なセリフや動作だけでも書き込んでいきましょう。

そこから膨らませていくことで、完成します。

ここでのポイントは、とにかく頭の中でイメージしていることを書き始めるということです。

言葉で表現するのが難しいのであれば、まずは絵コンテにするのも良いと思います。

2:人の意見やネットから情報を得る

2つ目のヒントは、人の意見やネットから情報を得ることです。

動画シナリオを作ろうと思っても、なかなか手が進まない場合は、他人の意見を聞いたり、ネット検索をしたりして、情報を集めましょう。

他人の意見が大きなヒントになります。

「自分では理解しているから他人にも伝わるだろう」という思い込みは、とても危険です。

思っている以上に自分のイメージを他人に「伝える」ことは容易ではないのです。

自分が思っていることを、正確に伝えるには、それなりの訓練が必要です。

ですので、迷ってしまったら第三者に意見を聞き、それをヒントに動画を作るようにすべきです。

3:ブランディングを意識したセリフと動作を明記する

3つ目は、ブランディングを意識したセリフと動作を明記することです。

動画はブランディングに効果的です。

セリフやちょっとした動作一つでイメージが崩れてしまったりします。

ですので、しっかりとブランディングを考えたセリフや動作、表情を意識しなければなりません。

動画シナリオにも出演者のイメージを変えてしまう、セリフや動作、表情がないように一言一言を記述しましょう。

例えば、「セレブ」というイメージを与えたい場合、「わたし」と言うのと「わたくし」というのでは大きくイメージが変わります。

出演者がどんなセリフや動作、表情で何を話すのか…

また、特別な存在に思われるためや興味を惹くためにはどうすれば良いのか考えて動画シナリオを作成しましょう。

これらを意識することで、求めている人物像に近付くことができ、ビジネスを優位に進めることができるでしょう。

ここまでで、動画シナリオを作るヒントを3つご紹介しましたが、動画シナリオに縛られすぎてもいけません。

動画シナリオに縛られすぎてしまうと、セリフっぽくなってしまい、感情が伝わらなくなってしまいます。

「感情が伝わりやすい」ということは、動画を使う大きなメリットです。

ですので、動画シナリオはしっかりと作りながらも、はめ込みすぎずに、撮影中はアドリブも加えていくという方が良いでしょう。

この動画は以上となります。