私は6年程前から、動画マーケティングに力を注ぎ、多くの映像制作を行なってきました。

あなたも昨今「動画マーケティング」というキーワードを耳にすることが多くなったと思います。

動画広告市場は2013年に153億円程でしたが、2017年に880億円規模に到達する見込みです。

4年間でおよそ5倍の急成長をしている市場なのです。

弊社では、来週の土曜日から動画マーケティングプロジェクトを本格スタートさせます。

先週に弊社のクライアント様にテストを行った結果、とても良い反応でしたので拡大させていこうと決めました。

もし、あなたが下記の項目に一つでも当てはまるのであれば、それは、間違った思い込みですので、少人数性のワークショップに参加し改めることを

オススメします。

  • 動画制作を外注すれば、反応の良い動画を作ることができる!
  • 効果的な動画は時間やコストをかけなければできない!
  • 動画制作はプロに依頼するのが当たり前だ!
  • 動画制作は素人には無理だ!
  • 高価な機材を揃えなければ効果的な動画は作れない!

このワークショップを通じて、このような間違った思い込みから抜け出して、コストをかけてプロに任せるのではなく、自力で動画制作に取り組んで欲しいと思います。

考えてみて下さい。

あなたが自力で動画を作れるようになれば、外注に動画1本を発注する費用を広告費などに使えるのです。

その広告から数十万、数百万の売上を得ることができるのです。

また、一度制作した動画内容の修正や改良も、自分で作業が出来るため改善スピードがアップします。

自力で動画制作ができれば、費用をかけずに何度でも修正や改善ができるので、マーケティングの効果も加速度的に高まります。

これをプロに頼むと、発注のたびに修正箇所を伝えて、費用を払って、それでもイメージどおり出来ずに差し戻す

これを繰り返すことで、費用も時間も無駄になるでしょう。

これが、動画マーケティングを導入しようという時に大きな障害となるのです。

動画制作を外注に出すと、撮影者や編集者といった人件費がかかるため、100万円、200万円になることも当たり前です。

だから、多くの中小企業、個人起業家は、動画制作を諦めてしまいます。

しかし、ここ数年は、YouTubeだけではなく、FacebookInstagramなどでも動画の反応率は高いので、これらを使わないことは大きな機会損失です。

私たちは、ぜひ大企業や中小企業の方だけではなく、パソコンが苦手な個人起業家の方にも、動画を使ったマーケティングを行っていただきたいのです。

是非、こちらから詳細をご覧ください。

動画マーケティングワークショップ