動画SEOで有効な3つの施策

動画SEOで有効な3つの施策について解説します。

動画の埋め込まれたページは、埋め込まれていないページと比べて約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される。

引用元:Forrester Research

2010年、アメリカ調査会社のForrester Researchは、「動画の埋め込まれたページは、埋め込まれていないページと比べて約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される」という調査結果を出しています。

しかし、現状の検索エンジンのシステムで動画の内容を読みとることは不可能です。

ですので、Googleの検索エンジンのシステムで動画を評価する判断基準となるのは、「タイトル」「説明文」「タグ」のテキスト情報のみです。

しかし、「タイトル」「説明文」「タグ」の情報だけでビッグキーワードで上位表示を狙ったとしても、上位表示させることは困難です。

ではどのような対策であれば有効なのでしょうか?

Googleのアルゴリズムは、動画コンテンツの動画タイトル、説明文、タグなどのメタデータといった「テキスト情報」と再生時間や視聴維持率、再生回数、コメントやシェアの数、チャンネル登録数などから表示順位を決めています。

これらの、ユーザーの検索内容に関連性の高いコンテンツを検索上位に表示する仕組みになっています。

他の動画との関連性などもメタデータに基づいて判断され、YouTubeの「関連動画」一覧への表示にも影響してきます。

動画SEOで有効な施策1:動画タイトル

タイトルは動画SEOでとても重要なポイントとなります。

タイトルをつけるポイントは、

  • 動画内容と関連性の高いキーワードは冒頭に置く
  • Googleの検索エンジンのタイトル文字数制限は全角28文字なのでYouTubeの動画タイトルも28字以内に収める
  • サムネイル画像との組み合わせでより動画の内容が伝わりやすいタイトルにする

動画SEOで有効な施策2:説明文

説明文は、検索エンジンが動画の内容をより詳しく理解する上で非常に重要な要素です。

説明文のポイントは、

  • キーワードを含める説明文を書く
  • 動画の内容を的確に説明する
  • 動画視聴後に誘導したい外部リンク(チャンネル登録、LPなどのリンク)を明記する
  • Googleの検索結果画面で表示される説明は約2行分なので、もっとも伝えるべき要素を冒頭にコンパクトにまとめる

動画SEOで有効な施策3:タグ

タグは検索エンジンが動画を認識するために必要で、検索結果やYouTubeの関連動画の表示に影響すると言われています。

タグのポイントは、

  • 動画に関連するキーワードのみを入力する
  • タイトルに含めたキーワードをタグとして登録する
  • 関連キーワードを全て入力する

今日は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。