専門家として起業し成功するために必要な3つの行動についてお話します。

弊社では、知識や経験、ノウハウといった価値を人に提供して、人の役に立ちたい!というコーチやコンサルタントとして起業することを「専門家起業」と呼んでいて、そのお手伝いをしています。

これまでに多くの専門家起業志望の方々の話を聞いてみると、次のような不安を感じていることがわかります。

  • 成功できるのかな…
  • 失敗するんじゃないかな…
  • クライアントが集まらなったらどうしよう…

このような不安は、これまでビジネスをしたことがない方にとっては当然よぎる感情ですし、この記事を読んでいるあなたもそう感じているかもしれません。

この記事では、そんな不安をなくし、リスクを最小限にして、専門家として起業し成功するための方法をお伝えします。

専門家として起業し成功するために必要な3つの行動

これから紹介する3つの行動は、どれも起業前に取り組むことができるものです。

もしあなたがコーチやコンサルタントとして起業して成功したいと考えているのなら、実際に取り組むことを考えながら読み進めてください。

専門家として起業し成功するために必要な行動1:
無料でコーチングをしてみる

専門家として起業し成功するために必要な3つの行動コーチやコンサルタントとして起業する前に、まずは有料ではなく無料でコーチングやコンサルティングをしてみてください。

ここでの狙いは「経験」です。

当然、有料よりも無料の方がクライアントにとって、申込のハードルが低いので、多くクライアントを集めることができます。

そこであなたは、コーチ・コンサルタントとしての経験、実績を積んでいくことができれば有料化する自信が湧き出てきます。

しかし、無料でコーチング・コンサルティングをして終わってしまっては、その経験が勿体ないです。

そこで必ず「お客様の声をしっかりともらう」ということを忘れてはいけません。

どのような声をいただくのかというと、サービスを受けたことで「○○という問題を抱えていて、体験セッションを受けたことで△△という結果になりました」という内容の声をもらってください。

例えば、あなたが顔痩せ専門コーチだとしたら、下記のような声をもらってください。

「二重アゴにずっと悩んでいたのですが、○○さんに教わった顔面体操を毎日3分行なっただけで、1ヶ月後にはたるみがなくなりスッキリしました」

このような声を集めるのです。

人は自分一人では決めることができない優柔不断タイプがほとんどだと言われています。

ですので、お客様の声をたくさん集めておくことで、有料クライアントを取るときに、意思決定の判断材料になるため、大きな武器になります。

そして、もうひとつ無料でやる理由があります。

それは「その専門分野のニーズを確認するため」です。

無料で募集を始めたにもかかわらず、クライアントが集まらないのであれば、お客様のニーズがなく、ビジネスが成り立たないということが推測できます。

その場合は、

  • サービスを変えてみる
  • ターゲットを変えてみる
  • 発信するメッセージを変えてみる

などの必要性があると判断できるのです。

まずは有料サービスを提供する下準備として無料セッションを実施してください。

そうすれば、コーチやコンサルタントとして起業する前に必要な準備を整えることができます。

専門家として起業し成功するために必要な行動2:
ブログを使いアウトプットする

専門家として起業し成功するために必要な3つの行動知識や経験、ノウハウといった価値は積極的にアウトプットしてください。

アウトプットで一番手っ取り早いのが「ブログ」です。

知識や経験、ノウハウといったモノは、目に見えないので、伝わりづらいと言えます。

頭の中にいろんな知識や経験、ノウハウが蓄積されていたとしても、文字起こししてみると、上手く書けなかったりします。

それを、人が理解できるようにまとめることで、自分の頭も整理されます。

この作業を行うと、あなたの知識やノウハウが明確になるため、クライアントにも伝えやすくなり、結果、コーチングやコンサルティングの成果もアップします。

また、ブログは継続しなければなりません。

その時に途中で挫折をして、記事の更新が中断してしまう場合があります。

もしそこで、頻繁に中断してしまったり、書くことができなくなってしまったら、厳しいようですが「その専門知識を使ってのビジネスは起業してまでやりたいことじゃなかった」ということです。

なぜなら、好きなことや情熱があることはどれだけ大変であっても続けていけるからです。

それを確認せずに、勢いだけで起業してしまうと、その先に待っているものは「楽しくないのに働かなければ食べていけない」という現実です。

こんな状況であれば、会社員として安定していた方がマシだと思います。

なので、自分の好き・嫌いの気持ちに気づくためにもブログを更新し続けてください。

それに、ブログで価値のある情報を提供し続ければ、それを読んでくれた人があなたのクライアントになってくれようになります。

専門性の高い情報を届けてくれる専門家としてのポジションも作れるので、起業してからもクライアントの獲得が簡単になります。

専門家として起業し成功するために必要な行動その3:
週末起業からはじめる

専門家として起業し成功するために必要な3つの行動あなたが専門家として起業をしたいと思っているなら、現在、本業をお持ちだと思います。

まずは、その本業のかたわら休みの日や空いた時間を使っての週末起業からビジネスをスタートさせてみてください。

理由は2つあります。

1つ目は「有料化できるかのチェック」です。

無料でクライアントが集まり始めたとしても、有料になると話は別になってきます。

無料なら受けたいけど、有料ならいらないという人もいるのです。

もしそんなクライアントばかりだったのなら、その分野で起業して成功するのは難しくなります。

だからまずは、収入が安定して入っているうちに、有料化まで持っていき、しっかりと有料化することができるのかを確認すべきです。

2つ目は、ブログと同様「好き・嫌いの判断をするため」です。

よくあるのが、本業で安定した収入があるから、安心感で活動が面倒臭くなり、続けられないというパターンです。

これはこれで構いません。

なぜなら、これもブログ同様「好き・嫌い」を判断できるからです。

もし、あなたが本当にやりたい仕事であれば、たとえ本業があったとしてもやり続けます。

だから、途中で活動をやめてしまうということは、それに対して、そこまでの情熱がないと判断できます。

週末起業ではなく、今すぐ会社を辞めて、自分を追い込め!」と言う方もいます。

それを否定するつもりはありませんが、全く収益が見込めない状態で起業するというのは、相当キツいです。

私もそうでしたが、どんどん減っていく貯金残高を見ると不安で仕方ありませんでした。

ですので「追い詰めてまで起業をする必要はない」というのが私の意見です。

まずは、本業をやりながら会社が休みの日や隙間時間を使っての週末起業をしてください。

そして、お金をもらうことで、経済的リスク、そしてやりたくないことを本業にしてしまうリスクを排除しながら成功していくことができます。

まとめ

専門家として起業し成功するためには、起業する前に次の3つの行動をとることが大切です。

  1. 無料でコーチングやコンサルティングをする
  2. ブログを始める
  3. 週末起業からスタートする

つまり「起業する前にテストする」ということです。

テストをしないで勢いで起業しようとするから、失敗したらどうしよう…という不安が生まれるのです。

まずは、小さくテストしてみて、それで自分の意思がどれほどなのかも確認できます。

また、リスクも最小限ですし、それで成功する可能性も高まります。

ここでお伝えした3つ行動をぜひ実践して、専門家として起業し成功を手にしてください。