専門家としてビジネスを行う上で、マーケティングは最も重要なことです。

マーケティングができなければ専門家としてのビジネスが成立しないと言っても大げさなことではありません。

この記事では、専門家にとってマーケティングとは、どのようなことなのかをお伝えしていきます。

専門家にとってのマーケティングの定義

 

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである

引用元:マネジメント【エッセンシャル版】

 

ピーター・F・ドラッカーは著書マネジメントの中でこのように言っています。

セールスをしなくても「クライアントから商品が欲しい」という状態にすることがマーケティングの理想です。

しかし現実は、セールスをしないで商品・サービスが売れることは、滅多にありません。

よほど有名な方でない限り、セールスは必要です。

ただし、無名であっても強引なセールスをせずに、背中を押すだけで売れるようにすることはできます。

全くセールスをしないのではなく、セールスを少なくする為の活動が専門家にとってのマーケティングなのです。

専門家は積極的なセールスはしない

専門家 マーケティングとは車や不動産、保険などは営業マンがいて、積極的にセールスをしてきます。

しかし、専門家はセールスをすればするほど売れなくなってしまいます。

なぜなら、専門家はコーチングやコンサルティングを行う先生というビジネスですので、売り込みを行うことで相手は、「この人は人気がない先生なんだ…」と思い価値が下がってしまうからです。

価値が下がると、下に見られてしまい、指導者とクライアントという立場ではなく、販売者とそれを購入したお客様という関係になってしまいます。

販売者とお客様という関係になってしまうと、こちら側のアドバイスを平気で無視したり、値切ったり、理不尽なことを要求されるようになり、振り回されてしまいます。

実際、車の営業マンは「買ってあげるから安くして!」と日常的に言われていると聞きます。

ですので、専門家は自分から「買ってください」「サービスを試してください」と絶対に言ってはいけないのです。

 

専門家としての価値を下げないようにするために「サービスを受けたい」という状態にして、決めかねている人の背中を少し押してあげるようにするのがベストです。

専門家にとって価値が命

専門家 マーケティングとは専門家はクライアントの悩みや問題を見つけ出し、願望を叶える為のアドバイスをして、それを行動させ、成果に結びつけるのが仕事です。

ですので、専門家は価値がとても大切です。

価値が低くて、クライアントに下に見られている状態でアドバイスをしても行動してくれません。

あなたの価値が高いからこそ、クライアントはあなたを信頼して行動に移すのです。

行動をするので、当然、成果が出ます。

だから、自分自身の価値を高め、クライアントから「お願いします!どうか個別コーチングを受けさせてください!」と言ってもらえるような状態を作らなくてはなりません。

セールスをしないでもクライアントが集まってくるようになれば、価値を下げずにいられます。

自分の価値を下げるくらいであれば、クライアントを獲得しない方がマシです。

自分の価値が低ければ、価値の低いクライアントが寄ってきます。

価値の低いクライアントは、自分の都合を押し付けたり、値切ったり、反発したり、理不尽なことでクレームを言ってきます。

挙げ句の果てには、サービスを受けるだけ受けて返金を求めてきます。

これが実際にあるのです。

価値の低いクライアントに関わってしまうと、売上以上にマイナスになってしまうのです。

このようなクライアントを獲得するくらいであれば、必死で自分の価値を高めていくことを優先すべきです。

起業当初は、目の前のお金に心を惑わされることがありますが、そこをグッとこらえて、断ることが重要です。

専門家が取り組むべきマーケティング

専門家 マーケティングとは専門家が取り組むべきマーケティングは、情報発信を主体としたコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。

  • ブログ
  • メールマガジン
  • 動画
  • レポート
  • SNS

など様々なコンテンツを使い情報発信を行うマーケティングをすべきです。

 

このような情報発信を主体としたマーケティングを行うことで、専門家としての価値を高め、クライアントを集めることができます。

特に、専門家のメディアとして、WordPressを用意し、ブログで情報発信を行い、メールマガジンに登録してもらい、メルマガで情報発信していくことは必須です。

情報発信を続けることで、クライアントとの関係性が構築され「あなたのサービスを受けたい!」と言われることが期待できます。

ですので、専門家として起業すると決めたのであれば、今すぐWordPressでブログを準備し、始めることをおすすめします。

まとめ

専門家にとってマーケティングとは、クライアントを獲得するためだけではなく、専門家としての自分の価値を高める為であったり、クライアントに成果をださせる為であったり、関係性を構築してファンにしていく為でもあります。

 

マーケティングは、強引な売り込みをするのではなく、セールスをできる限り減らすために行います。

「買ってくれ!」というのではなく「売ってくれ!」という状態を作り、背中をおすのが理想です。

ですので、専門家は価値を下げないようにするためにも、マーケティングに力を入れることは大切です。

なぜ専門家は、マーケティングやるべきなのかをしっかり理解して、取り組んでいってください。