全体像を理解することは、ゴールを把握し、道のりを理解することです。

ですので、どんなことでもまずは、全体像を理解する必要があります。

弊社では、無料起業相談や個別コンサルクライアントの相談などで

  • メルマガ読者が増えません…
  • ブログを毎日更新しているのに、何も反応がありません…
  • お問い合わせが全くきません…
  • 無料体験コーチングのお申し込みがありません…
  • サービスが売れません…

といったWebマーケティングのお悩みがたくさん寄せられていますが、原因のほとんどは全体像を理解しないで部分的な点で捉えてしまっていることにあります。

点ではなく線で結び面で考えることで成果につながっていくのです。

そういった意味で、全体像はとても大切になります。

この記事では、専門家のWebマーケティングの基礎についてお伝えしていきます。

まずは、Webマーケティングの全体像を理解し目標達成までのルートを理解してください。

専門家のWebマーケティングの全体像の図

Webマーケティングの基礎

上記の図が専門家のWebマーケティングの全体像です。
※広告を使わないでアクセスを集める場合です。

この記事で解説するのは、広告を使わないでブログとSNSでアクセスを集める時のWebマーケティングの全体像を解説します。

広告を使った場合は、blogを経由せずに、LP(ランディングページ)に直接アクセスを集めるのが一般的です。

専門家のWebマーケティングSTEP1:
GoogleやYahoo!の検索、SNSのシェアからblogに誘導する

Webマーケティングの基礎まずは、あなたの理想的な見込み客がGoogleやYahoo!の検索窓にどんなキーワードを入力するのかをできるだけリアルに想像してブログに記事を投稿します。

詳しくは、こちらの起業して情報発信する時のブログの書き方をご覧ください。

そして、そのブログ記事をFacebookなどのSNSでシェアします。

そうすることで、ブログ記事が人に見つけられやすくなります。

GoogleやYahoo!の検索

見込み客が検索するであろうキーワードで、GoogleやYahoo!の検索結果で上位表示されれば、それだけアクセスを見込むことができます。

ただし、ブログを始めたばかりであったり、ブログの記事が短すぎたり、記事の質が悪いと判断されると検索上位に表示される確率は低くなります。

また、他の記事をコピペしたモノであったりすると、Googleからのペナルティーを受け、検索結果に表示されないことになりますので、注意しなければなりません。

SNSのシェア

Webマーケティングの基礎ブログの記事をFacebookやtwitterなどSNSにシェアすると、それに興味を示してくれた人が記事を開いてくれます。

そして記事を読み、共感してくれた人がその記事をシェアしてくれるようになります。

シェアが拡大すると、ブログへ大量のアクセスを見込めます。

Facebookの友達やFacebookページのフォロワーが多ければ、広がるスピードも早くなります。

たとえ1つの記事のアクセス数が少なくても、記事を増やすことでトータルでアクセスが増えます。

ですので、継続してブログ記事を増やしていくことが大切になります。

専門家のWebマーケティングSTEP2:
ブログ記事を読んでもらう

 

Webマーケティングの基礎ブログに誘導したらブログ記事を読んでもらいます。

ブログ記事では、価値を与えることです。

「凄く役に立った」「悩みを改善するキッカケになった」と思えるような価値を提供することができなければ、先に繋がりません。

ですので、知識や経験、ノウハウを出し惜しみするのではなく、「この記事を真剣に読んて行動してさえくれれば悩みや問題が解決できる」というレベルの高い記事を作り続けていくことが重要となります。

記事を読んで「つまんない…」「役に立たない…」と思われてしまったらそれっきりになってしまいます。

ましてや売り込みなどしていたら、もう二度とブログにアクセスしてもらえません。

ですので、ブログ記事は更新することを目的にするのではなく、1記事1記事しっかりと、価値を与えることを意識して作ることが大切なのです。

専門家のWebマーケティングSTEP3:
ランディングページ(LP)に誘導し登録してもらう

 

Webマーケティングの基礎ブログ記事を読んだ直後に、ランディングページに誘導しましょう。

そこで、無料オファーを用意して登録してもらいます。

ここで言う、ランディングページとは、メールアドレスを獲得することが目的のページのことです。

ブログ記事を読んで価値を感じたユーザーは、メールマガジンを登録してくれやすくなります。

そこで、記事の下に、「今なら○○を無料プレゼント」と掲載されていたら、クリックしページを見て登録してくれます。

これを、無料オファーと言い、動画や音声、PDFレポートなどコンテンツを無料で提供することです。

 

無料オファーは、動画や音声、PDFレポートであれば、いくらでも無料で複製できますし、ステップメールからダウンロードできるようにしておけば、すべて自動化することもできます。

当然ですが、無料オファーはあなたの見込み客が欲しいと思える知識や情報、ノウハウにしましょう。

ランディングページの注意点

Webマーケティングの基礎ランディングページはメールアドレスを登録してもらうページのことです。

そのページに無料オファーの詳細を明記し、登録してもらいます。

ランディングページを作る際に2点だけ注意すべきことがあります。

1:複雑にしない

ランディングページは、複雑に作りこむ必要はありません。

  • 無料オファーとして何がもらえるのか
  • それをもらうことで読者にとってどんなことがあるのか(ベネフィット)

この2点を、シンプルにわかりやすく伝えるようにしてください。

ブログで価値を提供することができているので、その流れのまま登録してもらうというイメージです。

勿論、広告を使いブログを経由せずに、いきなりランディングページに誘導するときは、らんでぃんぐページ内で価値を提供するということも必要になる場合が多いですが…

この場合は、シンプルな方が良いです。

2:登録しやすくする

無料オファーの登録フォームは、入力項目が多ければ多いほど登録率が下がります。

メールアドレスの他に、名前、住所、電話番号など入力してもらいたくなりますが、登録のハードルが上がってしまい、複数になるほど登録率は下がっていきます。

必要最低限の項目は、メールアドレスです。

メールマガジンに登録してもらうことが目的ですので、特別な戦略や問題がないのであれば、メールアドレスのみにすることをおすすめします。

私の場合は、テストも兼ねて名前を必須にしている無料オファーもありますが、やはりメールアドレスだけの方が圧倒的に登録率は高いです。

専門家のWebマーケティングSTEP4:
ステップメールをあらかじめ作っておき自動配信する

 

Webマーケティングの基礎メールマガジンに登録してもらったら、ステップメールで情報発信をしていきます。

ステップメールを予め作っておくことで、登録直後から自動で順番通りのメッセージを届けることができます。

わざわざメールマガジンの登録の度に、手動で行うのは大変ですので、メルマガ配信スタンドを選ぶ際には、必ずステップメール機能が付いている配信スタンドを使うようにすべきです。

1通目のステップメールには、無料オファーの入手方法や自己紹介などを送り、その後は、無料オファーの補足や、見込み客に役に立つ情報を書いておきます。

ここでの目的は、接触頻度を高めることです。

接触頻度が高くなれば、あなたのことを認識してくれることになり、信頼関係ができやすくなります。

ですので、ステップメールは毎日1通は届けることです。

1日何通も届くと、逆効果になってしまうので、注意しなければなりません。

ステップメールの期間としては最低でも7日以上がおすすめです。

私の知人は、365日分ステップメールを組んでほぼ自動化させています。

メルマガを解除されるのは当たり前!?

Webマーケティングの基礎私のクライアントさんに「せっかくメルマガ登録されたのにすぐに解除されてしまった…」とガッカリしている方がいました。

しかし、ガッカリする必要はないのです。

 

あなたからメルマガが届くの拒否する人は、あなたのクライアントにはなってくれません。

ですので、すぐにメルマガを解除してくれる方が良いのです。

勿論、それはしっかりと価値を提供していることが前提となりますが、それを不要だという方に無理に届ける必要はありません。

ですので、心配せずに毎日1通、届けするようにしてください。

専門家のWebマーケティングSTEP5:
フロントエンドをセールス・通常メルマガの配信をする

 

Webマーケティングの基礎ある程度ステップメールを配信したら、フロントエンド商品のセールスを入れます。

私の場合は、5日目のステップメールでフロントエンドのセールスページに誘導するようにしています。

できるだけ早い段階で最初のセールスをして購入してもらうことが大切なのです。

なぜなら、早い段階で商品・サービスを購入してくれた人は、次の商品・サービスも購入してもらいやすいからです。

ですので、フロントエンド商品はできるだけ安くして、購入しやすい状態にしておくことがおすすすめです。

オンラインセミナーやオンライン講座などがおすすめです。

なぜなら、これも一度作ってしまえば良いので、あなたが動かなくても売上になるからです。

毎回売れる度に、自分が行動していてはそれだけで多くの時間が取られてしまいます。

ですので、専門家として一人で起業するのであればどうしても限界が出てきてしまうので、自動化させることも大切になってくるのです。

フロントエンド商品を購入しなかった方には、再度ステップメールを配信します。

そして、そのステップメールが終わったら、通常のメルマガにつなげます。

そこからもできる限り頻繁にメルマガをお届けして、価値を提供していきます。

そして、たまにフロントエンドのセールスを案内していきます。

必ずステップメールを入れる

Webマーケティングの基礎無料オファーを行い、ステップメールの配信をせずに、いきなり通常のメルマガにする方がいます。

これはやるべきではありません。

なぜなら、いきなり通常のメルマガにつなげると、途中からメルマガを読みだすことになってしまうので、理解できない場合が多いからです。

教育というのは、順番が大切です。

1から突然5に飛んだら多くの人は理解できません。

ですので、最初は順番通り1から配信することのできるステップメールを使い、最低限の基礎を理解していただきましょう。

その後に、通常のメルマガにつなげてください。

専門家のWebマーケティング:まとめ

 

これが専門家のWebマーケティングの全体像です。

マーケティングというと、複雑で難しいというイメージを持つ方が多いのですが、実施にやるべきことはシンプルです。

複雑にしてしまっているのは、自分自身なのです。

全体像を理解していれば、たとえ方向がわからなくなっても正しい方向に修正することができます。

そして、成果が出るのも早くなります。

まずは、この流れを頭に入れてからWebマーケティングに取り組み始めてください。

そして、迷ったら再度、この全体像を読み直してみてください。