専門家 断る勇気

起業をしたいのに、なかなか決断することができない人は大きな勘違いをしています。

それは、「能力が高くなければ成功できない」という勘違いです。

能力が高いから成功するのではなく「行動し続けている人が成功」しているのです。

あなたは人生を変えたいと思ったから、今この記事を読んでくださっているのだと思います。

ですので、まずはスタートラインに立ち、一歩を踏み出してみましょう。

何度も繰り返しますが、専門家起業はリスクがほとんどありません。

失敗を恐れる必要はないのです。

一般的な起業と違い、失敗しても借金を背負うことはありません。

何度もやり直すことができるのです。

成功者でも失敗する

専門家 断る勇気

最初から失敗しない人はいません。

超一流と言われるイチロー選手ですら失敗を繰り返しています。

イチローは、日本でもアメリカでも認められる野球選手です。

そんな超一流のイチローの全盛期の打率は4割ほどです。

つまり、10回中6回は失敗しています。

プロ野球では、3割打てれば一流と言われます。

10回中7回失敗しても一流です。

ビジネスも同じで失敗を繰り返しています。

あるお菓子メーカーは、年間500品以上の商品を企画するのですが、ヒットするのは1割ほどだと言います。

つまり、450品は発売されては直ぐに消えているのです。

成功している企業や起業家は、最初からうまくいっているように見えますが、失敗を見せていないだけです。

何度も失敗を重ね試行錯誤を繰り返しています。

知名度がある大きな企業でも、有名な起業家でも今現在も失敗を繰り返しているのですから、これから起業する人が毎回成功するということはないのです。

クライアントの人生を変えるのが専門家という記事の中でもお話ししましたが、私自身、最初に独立を決意して一年後には転職しています。

全財産を失い小学生のお小遣い程度しか財布になかったこともあります。

食費を削減するために公園の水で飢えをしのいだこともあります。

失敗をして諦めかけた時がありましたが、「人生を変えたい!」からこそ、またスタートラインに立つことができ、一歩を踏み出せました。

そして、何度も失敗を重ねて、その失敗経験も今の専門家として役に立てることができています。

専門家起業は、リスクが最小限ですみますので、何度でもやり直すことができるのです。

専門家として成功するためには、失敗を恐れずにチャレンジし続けることです。

起業をすると選択の連続です。

その時、自分がやりたいことは全てチャレンジすることです。

迷うこともあるかもしれませんが、「やりたい!」と思ったらやる!

反対にどんなに条件が良くても「やりたくない!」と思ったら断る!

どんなことでもやる決断しろ!という方がよくいますが、どんなに条件が良くても情熱を持てない、やりたくないことをやったら絶対に後悔してしまいます。

専門家は、断る勇気も必要なのです。

無料体験コーチング