専門家は見込み客が求めているコンテンツを提供する

専門家が知識や経験、ノウハウを商品化するためには、コンテンツを作る必要があります。

セミナーや動画であれば話す内容を作らなければなりません。

しかし、コンテンツをつくる際に多くの人が間違いを犯してしまい、それが原因で失敗しています。

その間違いとは、自分が作りたいモノをつくり、売りたいモノを商品化してしまうことです。

専門家がつくるべきコンテンツは、見込み客が求めているコンテンツです。

見込み客のメリットになり、悩みや問題を解決するようなコンテンツでなければならないのです。

自分が売りたいモノを売ろうとしても売れません。

見込み客が欲しいと思うモノを作るから売れるのです。

つまり、専門家が商品をつくる際には、エゴを捨てなければならないのです。

見込み客が求めているコンテンツの作り方

マーケターとは、簡単に言ってしまうと商品を売ることが仕事です。

弊社もありがたいことに、これまで様々なコンサルの依頼を受け協力させていただいておりますが、はっきりと言えることがあります。

それは、見込み客の欲しいモノは売れるけれど、見込み客が欲しいと思えないモノは売れないということです。

つまり、どんな商品でも売れるという訳ではないということです。

現代は情報も含めてモノが溢れている時代です。

良いモノであることは当たり前の時代です。

どんなに良くても、見込み客が興味のないモノは売れないのです。

では、どうすれば見込み客が求めているコンテンツをつくることができるのでしょうか?

それは、あなたと同じ分野のライバルや競合のコンテンツを参考にすることです。

具体的にどのように行うのかを解説します。

1:リサーチ

まずは、インターネット上でライバルや競合となる方を探します。

活躍しているであろう人を大体5名決めます。

そして、その人たちのブログやFacebook、YouTubeなどを見て、

  • どのような情報を発信しているのか
  • どのような画像を使っているのか
  • どのような商品を扱っているのか

などを徹底的に調べます。

2:潜入調査

次に潜入調査です。

あなたが選んだ方がメルマガを書いているのであれば、登録して毎日読むようにします。

セミナーをやっているのであれば、お金を払って参加してみます。

また、商品を実際に購入しても良いと思います。

実際にライバルや競合となる方のコンテンツを体験してみるのです。

3:自分の商品に盛り込む

人気があるセミナーや商品を実際に体験すると、売れる商品をモデリングできます。

人気があるということは、それなりの理由があるのです。

その理由を知り、自分の商品に盛り込むことができれば、失敗する確率を大幅に減らすことができます。

また、実際にメルマガに登録したり、セミナーや商品を購入することは、あなたは見込み客やクライアントとなることです。

つまり、見込み客の立場で物事を考えられるようになるのです。

知識もスキルもアップする

私も実際にWEBマーケターのコンサルティングという商品を購入しました。

そして、未だに年に10回ほどライバルが行っているセミナーに参加します。

また、年に1回は高額講座を購入しています。

年間300万円ほどは、商品企画の参考にするために使っています。

商品企画の参考にするだけではなく、ライバルのセミナーや講座に参加すると、様々な知識を得ることができます。

  • あなたが知らない専門知識を得られる
  • あなたの専門分野で誰がトップに君臨しているのか知れる
  • どんなマーケティングをしているのかが分かる
  • どんな商品が売れているのかが体験できる
  • どんなセールスをしているのか体験できる
  • どんな服装やメイクが見込み客に好まれるのか客観視できる
  • どんな話し方が良いのか気づける

など学ぶことが多くあります。

あなたがこれから専門家としてビジネスを行う上で知っておく必要のあることが学べます。

ただの見込み客として参加するのではなく、あなたがこれから専門家としてビジネスに参入するための参考資料を得るためだという目的で参加すれば、多くの気づきを得ることができます。

無料体験コーチング