検索ユーザーが満足する素晴らしい良質なコンテンツを作ったのに、そのページが検索エンジンでなかなか上位に表示されないと悩む方が多くいます。

良質なコンテンツを作ることは、今最も重要なことではありますが、せっかく手間暇かけて作った記事が検索上位に表示されなければ、アクセスが集まり成果に繋げることはできません。

良質なコンテンツを作ったのに、検索上位に表示されないのは、Webライティングに原因がある場合がほとんどです。

なぜなら、Webライティングを行わなければ、検索エンジンがコンテンツを適切に評価することが難しくなってしまうからです。

その結果、本来は上位に表示されるべきコンテンツにも関わらず、誰も見ることのないくらい下に表示されてしまいます。

そこで、この記事では、あなたが手間暇かけて作り上げた良質なコンテンツを検索上位に表示させるためのWebライティングの基本をご紹介します。

これを意識してやることで、検索エンジンが適切な評価をし、大きく順位を変動することに繋がります。

ぜひ実践してみてください。

目次

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本1
各ライティングの定義

  1. Webライティング
  2. コピーライティング
  3. コンテンツライティング

これらを混同させて考えてしまっている方が多くいます。

そこで、弊社では、各ライティングを以下のように定義しています。

1:Webライティング

Webライティングは、作ったコンテンツをクローラーがしっかりと読み取り、正しくインデックスさせ、正しく評価されるためのライティングスキルのことです。

無理やり上位表示させるモノではなく、コンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術と言えます。

2:コピーライティング

コピーライティングは、検索ユーザーにとって読みやすく、理解しやすく、読み進めたくなるような文章を作るためのライティングスキルです。

3:コンテンツライティング

コンテンツライティングは、検索ユーザーが満足以上の感動を感じる、良質なコンテンツを作るためのライティングスキルのことです。

ユーザーから共感され支持されるコンテンツを作るスキルです。

ユーザーから共感され支持されなければ、いかにコピーライティングやWebライティングを行っても意味がないので、何よりも重要と言えます。

 

ですので、まずはユーザーを感動させるコンテンツを作ることが重要です。

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本2
タイトルの最適化

検索エンジンにコンテンツを正しく読み取ってもらうためには、タイトルの最適化をする必要があります。

多くの記事でタイトルの重要性は伝えていますが、それだけタイトルは重要だということです。

それぞれのコンテンツに、どのようなタイトルをつけるかで結果は大きく変わってくるのです。

主に、

  • 検索順位
  • クリック率
  • 拡散数

に影響します。

検索結果の画面には、コンテンツが下記のように表示されます。

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本

ご覧のように、コンテンツのタイトルが最も目立ちます。

そして、タイトルに検索キーワードが含まれている場合は、その文言が太字で表示されます。

それでは、SEOに最適なタイトルをつける時の注意点をご紹介します。

SEOに最適なタイトルをつける時の注意点1
タイトルに上位表示を狙うキーワードを入れる

コンテンツのタイトルには、上位表示させたいキーワードを必ず入れるようにします。

例えば「抜け毛 改善」が上位表示させたいキーワードの場合、「抜け毛 改善」という文言がタイトルに入っている必要があります。

そうすることで、検索エンジンも、「これは「抜け毛 改善」 で検索する人のために作られたコンテンツ」だと判断するので、「抜け毛 改善」で上位表示されやすくなります。

SEOに最適なタイトルをつける時の注意点2
コンテンツを適切に表すタイトルをつける

コンテンツをみたら、検索ユーザーはどのような情報を得られるのかが分かるように、具体的で分かりやすいタイトルをつけることです。

例えば、以下の2つのタイトルを見比べると、

・「抜け毛を改善する方法」
・「シャンプーで抜け毛改善!正しい洗髪のやり方!」

後者の方がクリック率が高いです。

なぜなら、前者の「抜け毛を改善する方法」の場合は、抜け毛を改善する方法が書かれていることは分かるのですが、「自分でできることなのだろうか…」「医者に見てもらうとかだと面倒だなぁ…」という疑問がタイトルだけでは判断できません。

一方、後者の「シャンプーで抜け毛改善!正しい洗髪のやり方!」の場合だと、タイトルを見ただけで「自分でできる」「シャンプーだけで解決する」と分かるため「このページを見たら解決できそう」という印象を与えます。

タイトルが具体的だと、検索ユーザーがより正しく判断することができるのと同じで、Googleのロボットも、そのコンテンツの内容をタイトルでより良く理解できるようになります。

その結果、検索順位も上がりやすくなるのです。

従って、具体的でわかりやすいタイトルを意識してつけましょう。

SEOに最適なタイトルをつける時の注意点3
32文字を超える長すぎるタイトルをつけない

具体的なタイトルにすると言っても、長すぎてはいけません。

理想は32文字以内です。

なぜなら、検索結果ページに表示されるのが、最大32文字だからです。

極端に長すぎて最後まで表示されなければ、意味すら理解できなくなってしまいますので、注意しましょう。

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本3
メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションとは、下の図の赤枠で囲んだ説明文のことです。

これは、検索順位と直接的な関係はないとされていますが、設定することで検索結果に表示された時のクリック率をあげることができます。

WordPressでは、メタディスクリプションは投稿画面から簡単に設定することができます。

メタディスクリプションを設定する時の注意点をご紹介します。

メタディスクリプションを設定する時の注意点1
120文字以内でコンテンツを正確に記載する

メタディスクリプションは、タイトルだけでは伝えきれないコンテンツの内容が簡潔に書かれているものです。

検索ユーザーに、タイトルの補足的な役割として、中身の要点をメタディスクリプションで伝えましょう。

それによって、検索ユーザーは、自分必要な情報があるかどうかを判断できるようになります。

メタディスクリプションを設定する時の注意点2
各コンテンツにメタディスクリプションを設定する

サイト内のそれぞれのコンテンツには同じメタディスクリプションは使わないようにしましょう。

コンテンツのメタディスクリプションが同じだと、Googleも誤解してしまう可能性があるからです。

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本4
URLの最適化

URLを最適化すると検索エンジンがそのページをクロールしやすくなります。

不可解な文字列が多く含まれていると、リンクを貼ってもらえなくなる可能性が高いです。

また、URLが複雑すぎると、GoogleのクローラーがURLを読み込む時間がかかってしまうため、クロールされにくくなってしまいます。

分かりやすいURLだと、検索ユーザーにも検索エンジンにも正しく評価されるようになります。

WordPressでは、ページごとに手動でパーマリンクを設定することができます。

では、URLに関しての注意点をご紹介します。

URLに関しての注意点1
_ ではなく – を使う

GoogleのSearch Console ヘルプには、下記のように書かれています。

URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

引用元:Search Console ヘルプ

検索上位に表示させるためのWebライティングの基本5
コンテンツの最適化

コンテンツの最適化とは、検索ユーザーとGoogleのロボットに対して、読み取りやすいページ構成にすることです。

それによって、コンテンツの情報が適切にインデックスされるようになります。

適切にインデックスされるようになれば、コンテンツの質が適切に評価されるようになります。

したがって、検索に正しい順位で表示されるようになります。

適切にインデックスされていない場合は、低く評価されてしまいます。

そうならないためにコンテンツの最適化で注意すべきことをご紹介します。

コンテンツの最適化で注意すべきこと1
見出しタグを適切に使う

見出しタグは、本の目次みたいなモノです。

見出しタグをしっかりと使い分けることで、ページ内で階層構造を持たせることができます。

それによって、コンテンツの構成が最適化され、検索ユーザーにも検索エンジンにもコンテンツの内容が理解されやすくなります。

これは、SEOに強いコンテンツを作る上で欠かせないモノですので、しっかりと行うようにしましょう。

 

見出しタグの順番を不規則にしない

見出しタグは、本の目次のようなモノです。

タイトルがあって、見出しがあって、その中に小見出しがあります。

タイトルがあって、次に突然小見出しがくるといったことはありません。

ですので、見出しタグ1のすぐ後に、見出しタグ3があったり、その後に、見出しタグ5がくるような並びがバラバラだと、正しく検索エンジンは理解することができません。

見出しタグは、検索エンジンが理解しやすいページ構成にするために効果的なタグですので、しっかりと順番を規則正しく活用しましょう。

コンテンツの最適化で注意すべきこと2
画像の最適化

画像の設定を最適化すると、シンプルでスッキリとした構造になるため、ページのSEO効果が期待できます。

画像のファイル名やaltテキストを分かりやすいものにすると、テキストがメインのWebサイトの場合は、それほど効果的ではありませんが、デザイン系やファッション、料理などの画像を多く活用するWebサイトの場合、Googleの画像検索で表示されやすくなります。

画像の内容が分かるタイトルをつける

画像にもタイトルをつけることができます。

画像にタイトルをつけておくことで、画像につけたタイトルで検索された時に、Google画像検索の検索結果に表示されるようになります。

ですので、ページタイトルと同じように、画像のタイトルにもキーワードを入れておくことで、画像検索で上位に表示されやすくなるのです。

altテキストを設定する

画像にリンクを設定した場合、altテキストがアンカーテキストの役割を持ちます。

ですので、アンカーテキストと同じ感覚で altテキストを設定しましょう。

まとめ

この記事では、検索上位に表示させるためのWebライティングの基本をご紹介しました。

ここでご説明した通りに、Webライティングを行うことで、今までよりも検索上位に適切に表示されやすくなります。

是非、実際にやってみてください。

しかし、ここでご紹介したこと以前に、まずやるべきことは、コンテンツの質を追求することです。

冒頭部分で解説したように、Webライティングは、作ったコンテンツをクローラーがしっかりと読み取り、正しくインデックスさせ、正しく評価されるためのライティングスキルのことです。

無理やり上位表示させるモノではないのです。

ですので、コンテンツの質がよくない場合は、どんなに頑張ってWebライティングを最適化しようとしても効果はほとんどありません。

最優先すべきことは、良質なコンテンツを作ることですので、それを忘れてはいけません。