動画の制作をするときには、自分独自のアイディアを作り上げることが重要です。

独自のアイディアを動画にするには、動画制作を始める前に基本的なスタイルを作っておくことが大切です。

基本的なスタイルを考えておくことで、動画の作成が効率的になります。

また、ターゲットの絞り込みにも役立ちます。

この記事では、独自のアイディアを動画にする5つの方法をご紹介します。

独自のアイディアを動画にする方法1
資産を念頭におく

まずは、人やツールなど自分がどのような資産があるのかを把握しておくことが大切です。

動画制作に必要なモノを確認しましょう。

既に手元にあり活用できるモノ、購入するモノ、依頼するモノのリストを作成しておきましょう。

勿論、コストに目を向ける必要もあります。

継続して動画作品を作っていくことが重要ですので、動画を作るごとにかかってしまうような編集を外注するなどのコストは削減することを考えるべきです。

一人きりでやることばかりにとらわれずに、スキルを持った友人とチームになって動画を作ることも頭に入れておくと良いでしょう。

資産を把握すると、独自のアイディアはすぐに実現できるのか、それとも新たなモノが必要で時間がかかってしまうのかがわかるので、それを中心としてアイディアを組み立てると良いです。

独自のアイディアを動画にする方法2
時間管理

時間も大切な資産です。

時間管理については、それぞれで生活スタイルが違うので、自分自身で管理するしかありません。

どのように動画制作を行うのかを考え、制作にかかわる作業がどのくらい必要なのかをしっかりと把握し、無理のない計画を立てることが大切です。

これを開始する前に済ませておくように心がけておくと良いでしょう。

時間管理を計画に組み込んでおくことにより、撮影作業に集中できるようになります。

独自のアイディアを動画にする方法3
ストーリー

動画に引き込むには、ストーリーを語ることがポイントです。

動画を作成する理由は人それぞれ違います。

アイディアを形にする場合は、なぜそのストーリーを人に伝えようと思ったのか明確にしておきます。

ストーリーに関しましては、こちらの記事に詳しく書いておりますので、参考にしてください。

人を魅了し惹き込むストーリーテリング・テンプレート

独自のアイディアを動画にする方法4
ターゲットを意識する

もしあなたが、これまでにない画期的なアイディアを思いついたとしても、ターゲットとなる視聴者さんに届き観てもらわなければ意味がありません。

ですので、制作のプランを立てるときに、ターゲットがどのような人なのかということを明確にしておく必要があります。

どのような人に動画を観てもらいたいのか…

そして、実際に動画を観ている人のユーザー層を把握すべきです。

あなたがターゲットにしている人と、実際に動画を観ている人が違う場合もありますので、しっかりと把握しておきましょう。

これらを常に計測しておくようにしましょう。

また、もしあなたがターゲットにしている人に観てもらえていないのであれば、どうすればターゲットとする視聴者層に動画を見てもらえるのかを再度考えましょう。

独自のアイディアを動画にする方法5
独自アイディアを出す

ここまで、資産や時間管理、ストーリー、ターゲットについて考えてきました。

最後に、独自アイディアをどんどん出していきましょう。

ここでは、独自アイディアを出す2つのポイントをご紹介します。

独自アイディアを出すポイント1
常にメモをする

実際に多くのアイディアを出しても作品にならずに計画段階で終わってしまいます。

その原因は、忘れてしまったり、現実的に難しかったり、時代やニーズに合わないと決めつけてしまったり、様々です。

ですので、アイディアが浮かんだら、「できる」「できない」ではなく、全てをメモ帳やパソコン、スマホなどに書き留めるよう常に心がけておくべきです。

 

それがきっと後々、役に立つはずです。

思いついたらメモをする癖をつけておくと良いでしょう。

独自アイディアを出すポイント2
制限なしでアイディアを出す

アイディアを次々と出しながら、使えるモノだけではなく、全てを残しておくことです。

今できないからといって排除せずに残しておくことで、後々役に立つことが多いです。

様々な制限の中で、自分で限界を作ってしまいがちですが、想像力を働かせて自由に、大胆に発想しましょう。

現段階での実現は不可能だと思われるアイディアも、実現可能な何かを見つける場合もあります。

非現実的なアイディアでも、視点を変えて見ることで最適な方法を見つけられる場合があります。