自己啓発 メリット デメリットある有名人が自己啓発セミナーで洗脳され、人生をめちゃくちゃにされた…という話が度々あることで、自己啓発は「怪しい」とか、自己啓発セミナーは「お金を巻き上げられる」というイメージが先行している方が多いと思います。

しかし、その反面、自己啓発は起業して成功するためには大切なことだと言われたり、実際に成功している経営者の講演などに行くと、自己啓発的な話がほとんどだったりします。

そこで、この記事では、自己啓発のメリットとデメリットや正しい活用方法についてお伝えしていきます。

自己啓発とは?

そもそも自己啓発とは、どのようなことなのでしょうか?

ウィキペディアには、下記のように書かれています。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

引用元:ウィキペディア=自己啓発

このように、自分自身を向上させることが自己啓発なのです。

自己啓発 メリット デメリットつまり、

  • 講演会やセミナーなどに参加する
  • 本を読んだり、音声を聞いたり、動画をみる
  • コーチングを受ける

これら全て自己啓発だと言えます。

勉強して学ぶことが自己啓発だと言えます。

ですので、自己啓発そのものは、自分の心やスキルを向上させるモノですので、決して悪いものではありません。

大声を出したり、ポジティブな言葉を連呼するといったモノが自己啓発だと思われている方が多いのですが、そうではないということです。

勿論、世間で言われているようにセミナーを開催する団体や個人の中には、マインドコントロール的なことで高いモノを購入させたり、怪しい宗教に勧誘したりするモノもありますので、気をつけなければなりません。

自己啓発のメリット

自己啓発のメリットは、「新しい価値観を取り入れることで悩みや問題を解決」できたり「自分自身のスキルアップにつながる」「目標達成までのスピードが早まる」などがあげられます。

 

自己啓発のデメリット

反対に自己啓発のデメリットは、「有効活用しなければ、お金や時間のムダになる」とか「自己啓発を正しく理解できていない人に、自己啓発というだけで、怪しい人だと見られる」ことです。

失敗しない自己啓発

一般的に、自己啓発はネガティブなイメージがあるのは事実です。

セミナーを開催する団体や個人の中には、悪徳な団体や個人もいるので、気をつけなければなりません。

では、どうすれば、そういった悪徳なモノに引っかからずに、自己啓発(自分の心やスキルを向上させる勉強)ができるのでしょうか?

その方法は、下記の3ステップです。

  1. 目的を明確にする
  2. その分野の専門家に学ぶ
  3. 実際にその専門家に会いにいく

一つずつ解説していきます。

1:目的を明確にする

自己啓発 メリット デメリットまずは、あなたが何を目的にするのかを明確にします。

起業したいと思うのであれば、どんな分野で起業し、どんな未来を手にしたいのかなどをはっきりさせます。

例えば、飲食店を出し、地域で一番のイタリアンレストランにして、将来的にフランチャイズ展開してそのオーナーとなって、経済的にも時間的にも自由になることが目的。

または、料理という趣味を活かして、なるべくリスクなく小さく週末起業からスタートして、軌道に乗せて1年後に会社を退職し本腰を入れることを目的にする。

など目的を明確にします。

2:その分野の専門家に学ぶ

自己啓発 メリット デメリット目的を明確にしたら、その分野の専門家に学ぶことです。

まずは、インターネットを使い、あなたの目的に合った専門家を探します。

最初は、ブログやメルマガを読んだり、その方が本を出しているのであれば本を購入し読んでみることです。

それだけでも「気づき」を得られますし、成功する可能性が高くなるでしょう。

ここでのポイントは、専門家に学ぶということです。

例えば、「起業コンサルタント」という肩書きでビジネスを行なっている人は多くいますが、それはあなたが目的にした起業ではない可能性もあります。

私の場合、趣味や特技を活かしてコーチやコンサルタントとして起業を目指す方専門の起業コンサルタントですので、飲食店などは専門外です。

これから飲食店を出店させようと思っている方のお役に立つことはできません。

このように、あなたの目的とマッチする専門家を選ぶことがポイントです。

3:実際に専門家に会いに行く

自己啓発 メリット デメリットブログやメルマガ、本などでその専門家の考え方やノウハウを学び、より興味を持つことができたら、次にその専門家に実際に会いに行くことです。

講演会やセミナー、ワークショップ、お茶会、朝会などをやっているのであれば、それに参加してみると良いでしょう。

また、もし開催していないようでしたら、ブログやメルマガ、Facebookなどでメッセージを送ってみましょう。

今は、どんな人にでも直接メッセージを届けることができる時代です。

例えば、アメリカの大統領であるトランプ氏もTwitterをやっていますので、メッセージを届けようと思えばできるのです。

勿論、それに答えてくれるかどうかは別の話ですが、真剣に熱意を持ってメッセージを送り続ければ、きっとそれに答えてくれる方は多いと思います。

また、実際に商品・サービスを購入して直接コンタクトを取るということもできます。

絶対にやってはいけないこと

自己啓発 メリット デメリット絶対にやってはいけないことがあります。

それは、自己啓発の専門家に学ぶことです。

自己啓発の専門家という訳がわからない人がいます。

自己啓発は、目的があった上で自分自身を向上させるモノです。

ですので、自己啓発の専門家という人は、そもそも専門家でも何でもないのです。

そんな団体や人のセミナーに参加することは、絶対に避けるべきです。

目的を明確にし、その目的にあった専門家を探し、その専門家に会いに行き直接学ぶことが自分を効率よく向上させる方法なのです。

28歳女性Bさんの事例

先日、弊社の独立・起業相談にお申し込みがあったBさんのお話をします。

このBさんは、自己啓発で失敗した典型的な例です。

※名前を出さないことを条件にBさんの許可を得て書いております。

25歳の時にはまった自己啓発の世界

自己啓発 メリット デメリットBさんは、25歳の時に起業を志していました。

そんな時に知人に紹介された自己啓発セミナーに半ば強引に参加しました。

このセミナーは、2泊3日で行われる合宿セミナー。

今までの自分自身がどんなに酷いことをやって感謝もせずに自分勝手に生きてきたのかを気付かされ、それに対して猛烈にフィードバックされるというモノだったそうです。

そして、声が出なくなるほど大きな声で決意を言ったり、本気とはどういうことなのかを体験しながら行う内容で、残り半日まではずっと涙を流し、早く終わって家に帰りたいと思っていたそうです。

しかし、後3時間で終了という時、今まで鬼のようだった講師が急に優しくなり、優しい言葉をかけてみんなを励まし、ねぎらったことで、今度は感動で涙が出てきたと言います。

セミナーが終了し、エネルギーを感じやる気に満ち溢れていたBさんは、「これで仕事もプライベートもうまく行くはずだ!絶対にこの気持ちを忘れないぞ!」と決意をしたのですが、3日後にはセミナーに参加する前と何も変わっていない状態に戻ってしまっていました。

その後、セミナーに参加したり、講座を購入したり、本なども含めて3年間で200万円以上を自己啓発に浪費してしまったのです。

セミナー会場は現実ではない

セミナー会場は、セミナー参加者や講師やアシスタントなど関係者だけの空間です。

ある意味、守られた環境です。

みんなが励まし、応援してくれるのです。

誰一人、否定することなく、仲間意識が生まれます。

しかし、現実は違います。

否定する人もいますし、嫌がらせのようなことをしてくる人もいます。

ネガティブな発言をして、その方向に引き込もうとする人もいます。

人はどんなに強い意思を持っていても、環境に左右されてしまいやすいので、セミナーが終了して元に戻ってしまうのは必然的です。

もしかしたら、あなたも過去にセミナーに参加し、やる気になったけれど、家に帰ったらそのやる気がなくなってしまったという経験をしたことがあるかもしれません。

それは、あなたが悪いのではなく、当然のことなのです。

モチベーションを継続する為には

では、モチベーションを継続させる為には、どうすれば良いのでしょうか?

残念ながら、セミナー等で上がったモチベーションは維持することはできません。

セミナー中がピークだとしたら、下がってしまいます。

しかし、その下がりを緩やかにしたり、下がっても上げることはできます。

その方法は、毎日小さな成功体験を得ることです。

小さなことでも良いので、成功体験をするのです。

例えば、毎日良質なブログコンテンツを1記事作るなどでも良いのです。

良質なブログを更新すれば、PV数などの数値が出ます。

数値という明確な結果が出ます。

1でも上がれば成功体験となります。

それを継続すれば、1万PV10万PVとなっていき、お問い合わせなどのコンバージョンにも繋がります。

これがいずれ習慣となります。

Bさんに必要だったこと

Bさんにとって必要だったことは、過去の自分を振り返り反省したり、大きな声で決意表明することではありません。

起業を志していたのだから、起業する為に必要な考え方とスキルです。

Bさんは、目的が不明確だった為に道から外れてしまったのです。

私は独立・起業相談でBさんと一緒に、目的を明確にしていきました。

そして、その目的に合った専門家をインターネットで探し、その専門家のブログやメルマガを毎日読み、できることから実践するように伝えました。

また、いろいろな本を何冊も読むのではなく、その人が書いている本だけを何度も何度も読むように伝え、独立・起業相談は終了しました。

それから2ヵ月後、独立・起業相談の時に探した専門家の方のセミナーに参加しコンサルティングを購入したとBさんから連絡がありました。

弊社のクライアント様にはなりませんでしたが、Bさんには頑張って成功していただきたいと心から願っています。

 

無料体験コーチング