起業して成功するには「運」を味方につけるも大切!?起業して成功するには「運」を味方につけることが大切だと言われます。

この「運」を味方につけるというのは、チャンスをモノにするということです。

「宝くじが当たれ」と願うことでもなければ「パワースポットに行って運気を上げる」ということでもありません。

チャンスを感じ取るアンテナを立てて、いつでもそれに取り組める準備をしていることが、「運」を味方につけることだと言えます。

準備しているからこそ、チャンスをモノにできるのです。

運が良い人と運が悪い人の違い

起業して成功するには「運」を味方につけるも大切!?常にチャンスをモノにしている人は、普段からいつ仕事の依頼がきても受けられる体制を整え、すぐに取り組むことができます。

一方で、チャンスをモノにできない人は、仕事の依頼があってから取り組もうとします。

大切なのは、チャンスが転がり込んでくるか、来ないかではなく、転がり込んできた仕事を受けられるかどうかです。

チャンスが転がり込んできた時に「忙しくて時間がないから調整して連絡します。」と言う人と、その場ですぐに「わかりました!」と言って仕事を受ける人がいたら、後者の方が確実にチャンスをモノにできるのです。

これは「予定を空けておけ」ということではなく、チャンスが転がり込んできた時でも対応できるようにしておくべきだということです。

効率ばかりを考えて無駄なことをやらない人は運が悪くなる!?

起業して成功するには「運」を味方につけるも大切!?起業すると、なるべく無駄のないようにスケジュールを立てます。

しかし、効率ばかりを考えて無駄なことをやらないようにすると、運が悪くなります。

例えば、セミナーを開催しようと思い集客をしたのに、誰からも申し込みがなかった場合、一般的には開催を中止します。

しかし、運が良い人は参加者0名でセミナーを開催します。

「参加者がいないのにセミナーをやっても意味がないじゃないか!」という人がいますが、意味のないことを意味のあることにするのが運の良い人なのです。

ビデオを撮り、そのビデオを見て、話し方や内容をチェックし反省し次に活かしたり、そのビデオをセミナーの価格で販売したり、無料で配ったり…

次に繋がるような行動をするのです。

一見、意味のないことや効率が悪いことをどれだけ行うかが大切なのです。

好きなことで起業すべきという理由

起業して成功するには「運」を味方につけるも大切!?弊社は、趣味や特技を活かしてコーチやコンサルタントとして独立・起業すべきだ!と言っています。

つまり、好きなことを仕事にすべきということです。

これは、「好きなことを好きな時にやる」という意味ではありません。

好きなことだから情熱を持つことができ、一見無駄だと思われることでも毎日継続することができるからです。

だからこそ、チャンスをモノにしやすいのです。

つまり、運が良くなるということです。