Webマーケティングを成功に導く3つの基礎Webマーケティングの悩みはつきないモノです。

相談する相手がいれば良いのですが、Webマーケティングの専門家が身近にいないというコーチやコンサルタントは多くいます。

Webマーケティングの悩みは、Webマーケティングで結果を出している専門家に相談すべきです。

しかし、Webマーケティングのコンサルタントと聞くと、高額のイメージがあるため、なかなか気軽に相談することができません。

そこで、この記事では、Webマーケティングを成功に導く3つの基礎をご紹介します。

基本的で実践可能なことなので、是非すぐに実践してみてください。

Webマーケティングを成功に導く基礎1
自力に頼りすぎてはいけない

Webマーケティングを成功に導く3つの基礎コーチやコンサルタントなどの個人起業家は、できることは自力でやる癖ができています。

これは、資金の無駄を省くという面では素晴らしいことなのですが、時として成功を遠ざけてしまうことがあります。

また、これは起業したばかりの方に多く見られます。

しかし、マーケティングは学ぶべきことも多いですし、実践をして経験から得られることが多いです。

これを全くのゼロから自力で行うのは、時間ばかりかかってしまいます。

もちろん、コンテンツの作成やSNSの運用など、自力でやるべきこともたくさんあります。

「自力」にこだわりすぎるあまり、成功を遠ざけてしまっている場合や自分の本職の知識を得る時間を少なくしてしまっている場合があります。

対策

自力で何とかなるということは、多くあります。

しかし、その費用対効果はどうでしょうか?

単純にそれを外注すると他のことに時間を使うことができます。

1日5時間かかってしまうモノを外注すれば、その5時間を別の事に時間を使えます。

その5時間を使うことでどのくらいの売上を生むことができるのでしょうか?

また、それはあなたしかできないことでしょうか?

様々な面で考え、その上で自力でやるべきなのか、それとも外注する方が良いのかを判断しましょう。

多くの場合は、初回は無料で相談に乗ってくれる業者も増えてきていますので、数人にお問合せをして、話を聞いて、本当に信頼できる人を選んでも良いと思います。

注意点

外部業者に依頼する時も丸投げすることは危険です。

最低限の知識は頭に入れ、実際に会って話をすることが重要です。

どんなことをどこまでやってもらえるのかを明確にしておきましょう。

Webマーケティングを成功に導く基礎2
徹底する

Webマーケティングを成功に導く3つの基礎あなたが何を目的にするのかで適したマーケティング手法は違ってきます。

Webマーケティングは移り変わりがとても早いです。

ここ数年で流行したプロダクトローンチは、爆発的な売上を目指すのに適したマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングは、時間がかかりますが、安定した集客を常に見込むことができるといった特徴があります。

このように、一言でWebマーケティングと言っても色々な手法があり、それぞれメリットがあればデメリットがあります。

新たな手法が流行すると、その手法が一番のような広告が多く出されます。

これまで取り組んできた手法で中々成果を出すことができていないと、そういった手法に惑わされて目移りしてしまいます。

新たな手法の情報を取り入れることは決して悪いことではありませんが、全てを取り入れていてはどれも中途半端になってしまいます。

中途半端に流行を追って手を出しても、成功する可能性は低いです。

「先行者利益」という言葉は、心が動かされますが、現実的にあなたの元に情報が届いた時点で「先行者利益」を得られる可能性はほぼゼロです。

「今はやらない」といったやらない勇気を持つことも必要です。

対策

まずは、様々な手法の中で自分に適していると思うモノを徹底して行いましょう。

もし外注に依頼するのであれば、ここもしっかり相談してみると良いでしょう。

自力でやるのであれば、徹底して調べることからです。

注意点

世間一般で有名な手法は、確実に成果につなげることが証明されていますが、大企業向けの手法もあるので注意しなければいけません。

Webマーケティングを成功に導く基礎3
検証

Webマーケティングを成功に導く3つの基礎Webマーケティングを実施した後、結果だけをみてはいけません。

成功して喜んでばかりで、しっかり検証をしていないと一発屋で終わってしまいます。

Webマーケティングは結果が数値で現れるため、少しの改善がすぐに結果に反映することがあります。

結果が良くても悪くても検証を行うことが、Webマーケティングを成功へと導きます。

 

 

対策

常に仮説を立てるようにしましょう。

例えば、ランディングページでは、ベネフィットを前面に打ち出すAというモノ。

そして、違ったベネフィットを前面に打ち出すBというモノを同時にスタートさせてコンバージョンを図ります。

このAとBでコンバージョンの違いが出てきます。

仮説を事前に持っておけば、結果が出た時に「見込み客が求めているベネフィット」の仮説を検証できます。

更にそのベネフィットを改善することで、より高いコンバージョンにすることができるかもしれない…

という仮説を立て、検証し、また改善して目標の数値へ近づけていきます。

このように仮説・検証・改善を繰り返すことが、Webマーケティングの成功には欠かせません。

まとめ

Webマーケティングを成功に導くためには、

  • 専門家をうまく使う
  • 徹底する
  • 仮説・検証・改善を繰り返す

ことです。

これは、マーケティングでは当たり前のことです。

この当たり前のことを徹底的にやることこそが大切なのです。

迷った時は、常に基本に立ち返り、シンプルに考えます。

これだけで、今まで以上の成果が得られるはずです。