WordPressからの集客を実現する為には、SEOの基礎知識を身につけておくことが大切です。

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索結果ページで、上位表示させる対策、施策のことです。

狙ったキーワードで上位表示させることができれば、それだけで大きな結果を出すことに繋がります。

昔は、テクニックで上位表示をすることができた時代でしたが、昨今は、テクニックだけでは、検索結果で上位表示させることができない時代になりました。

インターネットを活用しているほぼ全ての企業がビジネスの成長のためにSEOを強化させています。

この記事では、よりビジネスを成長させたい方にSEOを攻略するために必要な知識の基礎を解説しています。

ここで解説している通りに、実践して頂ければ、どのような業種の方でもWordPressからの集客を実現することができるようになります。

これからWordPressサイトを作る方はもちろん、現在、思うようにサイトにアクセスが集まらなくて困っている方も、この記事を隅々までご覧ください。

必ず役に立つことをお約束します。

 

検索ユーザーに価値と満足と感動を提供すること

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字を取ったもので、「検索エンジンで上位表示をさせるための対策」です。

現在多くの企業は、コンバージョンの獲得を目的として、SEOに取り組んでいます。

実際に、弊社でもお問い合わせの約半分はSEO経由です。

そのため私は、SEOはビジネスを行う上で不可欠なことだと実感しています。

しかし、SEOを意識してていても、全くアクセスが増えていないとか、アクセスが集まるけどコンバージョンが凄く低いといった状態に陥ってしまいます。

こうなってしまう原因はシンプルで、「SEOのためにやっていること」と「SEOに取り組む考え方」の二つが間違えているからです。

そこで、まずは「本当に成果を出すために行うべきSEOは何か?」を明確にしていきます。

 

正攻法のSEOとは

多くの企業や個人は、なぜSEOから成果を得ることができていないのでしょうか?

おそらくそれは、そもそもSEOを行う上で基本となる考え方がズレているからです。

まずは、そのズレを知りしっかりと正攻法となる基礎を身につけましょう。

SEOの定義

SEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またはその技術のこと。

〜引用元:wikipedia

この定義では、シンプルすぎて正しく伝わらないため、弊社では以下のようにクライアント様に伝えています。

SEOとは検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWEBページを作成し構成すること。

株式会社InnoRise

SEOの専門家は、検索エンジンという機械を対象に行うものだといった考え方ですが、弊社は、検索ユーザーという人間を対象に行うものだと定義しています。

SEOの専門家は、検索エンジンを攻略するためにテクニックや技術に目を向けます。

価値のないページを上位表示させようとするテクニックや技術のSEO対策は、昔は通用しましたが今は通用しません。

一方、弊社や弊社のクライアントさんは検索ユーザーに上位表示されるべきと思われるような価値あるページを作り上げることに情熱を燃やしています。

当然、検索ユーザーに上位表示されるべきと思われるような価値あるページを作り上げる方が、上位表示された時に質の高いコンバージョンを獲得できます。

そして、その結果として検索エンジンから評価され上位表示されることに繋がります。

SEOで成功しビジネスのより大きな成長を実現するためには、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWebページを作成し構成することは絶対に欠かすことのできないことです。

 

機械を対象としたSEO

過去のSEOは、アルゴリズムを解明し上位表示を実現するためのテクニックを追求し実行することでした。

アルゴリズムとは、検索エンジンがWebサイトの表示順位を決める時に重視している項目のことです。

その為、検索エンジンのアルゴリズムの隙を突いて、価値のないページでも、検索エンジンを騙して、価値のあるページだと評価させて上位表示を実現させていました。

実際、あるSEOコンサルタントは、「どんなページでも簡単に上位表示させることができる」と言っていました。

その結果、価値のないページが上位を占めると言う問題が発生しました。

そこで、Googleはこの問題を解決する為に、パンダアップデートやペンギンアップデートに取り組みました。

Web上から価値のないページを排除する試みを行った結果、今ではアルゴリズムの隙が以前と比べて少なくなり、これまでの小手先のSEOは通じないようになりました。

弊社で進めている人間を対象としたSEOは、検索エンジンを対象としたSEOとは対極の考え方です。

 

正攻法のSEOを行うために必要な考え方

これからのSEOで追求すべきことは、検索ユーザーに対して何をすることで最大限の価値を生むことができるのかを考えることです。

検索ユーザーが感動してくれるぐらい大きな価値を与えるWordPressサイトを作ることです。

それだけで、多くのアクセスを得てコンバージョンを獲得することができます。

 

あなたが取り組むべき3つのSEO

ここからは、具体的にどのようにして多くのアクセスを集めコンバージョン獲得するのかをお伝えしていきます。

これからあなたが行うべきSEOは3つです。

1つ目は、コンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するコンテンツを作ることです。

2つ目は、内部SEOです。

内部SEOとは、使いやすく見やすいサイトを作ることです。

そして3つ目は、外部SEOです。

外部SEOは、サイトを多くの人に知ってもらう為に行うことです。

この3つをしっかりと理解して実践すれば、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWordPressサイトを完成させることができるはずです。

その結果、検索エンジンから質の高い多くのアクセスとコンバージョンを獲得できるようになります。

一つひとつの要素を詳しくご説明します。

 

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するコンテンツを提供することです。

コンテンツSEOは、先ほどのSEOの3つの要素の中で最も重要なモノとなります。

それは、「Googleはより検索ユーザーの役に立つコンテンツを上位に表示したい」と思っているのと「良質なコンテンツは質の高いアクセスと多くのコンバージョンを生む」という2つの理由があるからです。

 

コンテンツSEOが検索エンジンに高く評価される理由

Googleは、SEOに関する知識や技術は関係なしに、検索ユーザーにとって最も価値のあるサイトが上位に表示されるべきだと考えています。

それを実現するために今でも日々検索エンジンを改良しています。

今後はより良質なコンテンツが上位表示されやすくなっていくと予想できます。

つまり、高い価値を提供するコンテンツを作ることが上位表示の近道だということです。

なので、価値あるコンテンツの作成に最も多くの時間を使うべきです。

 

コンテンツSEOで質の高いアクセスと多くのコンバージョンを生む理由

コンテンツSEOが重要な2つ目の理由は、コンテンツの質が高ければ高いほど、お問い合わせ、メルマガ登録などのアクションを取ってくれる確率が高くなるからです。

良質なコンテンツを見たユーザーは、信用・信頼をします。

なので、当然コンバージョンの数や質を高めてくれるのです。

 

内部SEOとは

内部SEOとは、ユーザーにとって見やすく使いやすいページ構成でサイト構造を実現することです。

見出しや改行の使い方が非常に丁寧で、とても読みやすいサイトにすることがユーザーや検索エンジンにより良く評価されます。

内部SEOでやるべきことは「インデックス最適化」と「クロール最適化」の2つです。

 

インデックス最適化の方法

インデックス最適化とは、「WordPressサイト全体、サイト内のページを、ユーザーにとって見やすくなるように整えること」を言います。

ページを作る時に「タイトルタグ」「見出しタグ」「meta description タグ」「noindexタグ」「canonicalタグ」に注意すればするほどユーザーにとってより見やすいサイトになります。

例えば、ページのタイトルにキーワードを含めれば、ユーザーは、そのタイトルを見ただけでどんなコンテンツのページなのか…ということが分かります。

また、見出しタグを適切に使用することで、そのページ内の段落構成が分かりやすくなるしデザイン的にも読みやすくなります。

さらに、クローラーと呼ばれるサイトの情報を収集する役割の検索エンジンのロボットは、ユーザーに近い動きをするようになっているため、ユーザーにとって見やすいサイトということは検索エンジンにとっても見やすいサイトになります。

その結果、上位表示もされやすくなるのです。

 

クロール最適化の方法

クロール最適化とは、「ユーザーが迷わずにサイト内のコンテンツを見つけられる構造のこと」を言います。

ユーザーが迷わずにサイト内のコンテンツを見つけられる構造にするということは、検索エンジンのロボットもサイト内を隅々まで巡回できるようになり、サイト内のどのページを重点的に評価すれば良いかが分かるようになります。

結果、クロール最適化を行うことによってサイト全体のSEOに好影響が生じるのです。

 

外部SEOとは

外部SEOとは、サイトを多くの人に知ってもらう為に行うことです。

稀に、自作自演で被リンクを貼ることだと思っている方もいるのですが、それはペナルティの対象になる行為です。

本当の外部SEOは、SNSやPPC広告などの外部手段を使って、必要とするユーザーにあなたのサイトを知ってもらうことなのです。

FacebookやTwitterで記事の更新情報を流したり、自信のあるコンテンツを、しっかりとターゲット設定を施したFacebook広告、Google adwardsに出したりするのは、多くの人にコンテンツを知ってもらうためのSEO外部対策の有効な手段です。

このように、あなたのサイトをまだ知らない人に見てもらう努力をすることで、SNSでシェアされたり紹介してくれるようになります。

 

コンテンツSEOが重要

SEOでコンテンツSEOが重要です。

検索ユーザーも検索エンジンも「このページが上位表示されるべき価値あるモノ」と判断されなければ、内部SEO、外部SEOを行っても意味がありません。

最高のコンテンツを届けているサイトは、結局、すぐに誰かの目にふれて支持されていき上位表示されるモノです。

これからWordPressサイト作るという方は、コンテンツSEOを完璧に理解して実践するところから始めると良いでしょう。

 

SEOとは検索ユーザーの悩みや問題を解決すること

そもそも検索ユーザーは、疑問や悩みを検索します。

その疑問や悩みに対して明確な答えを提供することが価値あるWebサイトです。

つまり、SEOとは検索ユーザーの悩みや問題を解決することなのです。

では、そのユーザーに対して最高の答えを提供する為には、どうすれば良いのでしょうか?

それは、自分自身がある分野での専門家として高いレベルでなければいけません。

資格などではなく、常に学び、新しいことに挑戦して価値を提供し続けるのがプロです。

 

まとめ

これからの時代は、価値を惜しみなく提供できるかどうかが大切となります。

検索ユーザーに価値と満足と感動を提供するWEBページを作成し構成すること。

このような価値観でWebマーケティングに取り組めれば、SEOコンテンツだけでなく商品やサービスの質、人間力もどんどん向上していくと感じています。

なぜなら、真剣にSEOを行うようになると、ユーザーが今どういうことで困っていて、彼らの生活をより良いものにするために、どういうコンテンツ、サービス、商品を生み出すべきかが、イメージできるようになるからです。

人の気持ちを理解できるようになります。