Webサイト全体の構成を一目で確認できるサイトマップページを自動生成してくれるプラグインがPS Auto Sitemapです。

あなたのWebサイトの記事で問題解決することができた見込み客は、他の記事でも有益な情報を手にできると感じ、Webサイト全体に興味を持ちます。

そんな時に迷う事なく全体が見れて、興味のあるコンテンツにアクセスできるページがあれば、凄く便利に感じて様々な記事を読んでくれるようになります。

しかし、コンテンツを公開する度に手動でサイトマップを更新するのは手間になってしまいます。

そこで、PS Auto Sitemapというプラグインが自動でサイトマップページを生成してくれます。

この記事では、PS Auto Sitemapのインストール方法、設定方法を画像を使って解説していきます。

目次

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapのインストール方法

WordPress サイトマップ

 

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapのインストール方法1:新規追加

WordPress サイトマップ

 

WordPressの管理画面にログインして左メニューの「プラグイン」の中から「新規追加」をクリックします。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapのインストール方法2:検索欄に入力

WordPress サイトマップ

 

右上部のプラグインの検索の欄に「PS Auto Sitemap」と入力します。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapのインストール方法3:インストール

WordPress サイトマップ

 

プラグインが表示されるので「いますぐインストール」をクリックします。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapのインストール方法4:有効化

WordPress サイトマップ

 

プラグインのインストールが始まり、「インストールが完了しました」と表示されたら「有効化」をクリックします。

以上で「PS Auto Sitemap」のインストールが完了です。

「PS Auto Sitemap」のプラグインをインストールしたら、設定を行います。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法1:固定ページ

WordPress サイトマップ

 

管理画面の左メニューの「固定ページ」の中の「新規追加」をクリックします。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法2:コードの貼り付け

WordPress サイトマップ

 

「タイトル」と「パーマリンク」を入力し、「テキスト」入力に切り替えて

上記のようにコードを貼り付けます。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法3:公開

WordPress サイトマップ

 

「公開」をクリックします。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法4:URLをコピー

WordPress サイトマップ

 

公開をクリックすると、ブラウザに表示されるURLの下記画像の赤枠部分の数字をメモしておきます。

(上記画像の場合287になります。)

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法5:設定

WordPress サイトマップ

 

管理画面の左メニューの「設定」の中に「PS Auto Sitemap」が追加されているのでクリックします。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法6:数字を入力

WordPress サイトマップ

 

「サイトマップを表示する記事」にステップ4でコピーした数字を入力します。

 

サイトマップページを自動生成してくれるプラグイン
PS Auto Sitemapの設定方法7:変更を保存

WordPress サイトマップ

 

「キャッシュの使用」は「W3 Total Cache」というプラグインを使う為、競合してしまうのでチェックを外します。(「W3 Total Cache」というプラグインを使わないのであればチェックを入れます)

以上で「PS Auto Sitemap」の設定は完了となります。

これをグローバルメニュー等に追加しておくと、見込み客は目的の記事を探しやすくなります。

いかがでしたでしょうか?

もし分からないことがありましたら、こちらからご相談ください。

お問い合わせ