WordPress 目次を設置WordPressに目次を設置すると、ブログに訪問してくださった人がどのようなことが書かれているコンテンツなのかが一瞬でわかり、見たい部分だけをすぐに見ることができるようになります。

WordPressでは、簡単に目次を設置することができるTable of Contents Plusというプラグインがあるので、3分ほどで設置することができます。

また、過去の記事にも自動的に設置されるので、過去の記事を編集しなくても良いのでとても便利です。

この記事では、Table of Contents Plusのインストール方法と設定方法を解説します。

手順通りに行えば簡単に目次を設置することができますので、ぜひやってみてください。

 

WordPressに目次を設置するプラグイン:
Table of Contents Plusのインストール方法

まずは、Table of Contents Plusをインストールします。

Table of Contents Plusは管理画面からインストールすることができるので、下記の手順をそのまま行なってください。

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
インストール方法1:プラグインの新規追加

WordPress 目次を設置

 

WordPressの管理画面にログインして左メニューの「プラグイン」の中から「新規追加」をクリックします。

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
インストール方法2:検索欄にTable of Contents Plusと入力

WordPress 目次を設置

 

右上部のプラグインの検索の欄に「Table of Contents Plus」と入力します。

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
インストール方法3:インストール

WordPress 目次を設置

 

「Table of Contents Plus」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
インストール方法4:有効化

WordPress 目次を設置

 

プラグインのインストールが始まり、「インストールが完了しました」と表示されたら「有効化」をクリックします。

以上で「Table of Contents Plus」のインストールが完了です。

できましたでしょうか?

もし分からないことがありましたら、こちらからご相談ください。

お問い合わせ

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plusの設定方法

次にTable of Contents Plusの設定方法を解説していきます。

ここも特別難しいことはありませんので、手順通りに進めていってください。

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
設定方法1:TOC+の設定

WordPress 目次を設置

左サイドバーの「設定」のメニューの中に、「TOC+」という項目が追加されるのでクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
設定方法2:基本設定

WordPress 目次を設置WordPress 目次を設置WordPress 目次を設置

 

上部に「基本設定」「サイトマップ」「ヘルプ」とありますが、「基本設定」を選択します。

他の「サイトマップ」「ヘルプ」はデフォルトのままでOKです。

各項目を簡単に解説していきます。

 

1:位置

目次の表示場所を設定します。

以下の4つから選択します。

最初の見出しの前(デフォルト)

記事本文の最初の見出しの上に表示されます。

最初の見出しの後

記事本文の最初の見出しの下に表示されます。

記事タイトルの下に表示されます。

記事の最下部に表示されます。

2:表示条件

何個以上の見出しがある時に目次を設置させるのかを設定します。

2~10まで選択できます。

3:以下のコンテンツタイプを自動挿入

目次を設置する記事の種類を設定します。

弊社の場合は、通常の記事のみに表示させたいので、「post」だけにチェックを入れております。

post

通常の記事

page

固定ページ

※以下はプラグインの部分となります。例えばコンタクトフォーム7を導入していると「wpcf7_contact_form」という項目が表示されます。

4:見出しテキスト

目次の上にタイトルを表示

目次のタイトルを設定します。

ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可

ユーザーが目次の表示・非表示を切り替えできるようになります。

※弊社ではチェックを外しています。

5:階層表示

目次の階層を表示させるか設定します。

6:番号振り

目次に番号を付けるか設定します。

7:スムーズ・スクロール効果を有効化

目次をクリックした時に、滑らかにスクロールさせるか、一気に飛ぶか設定します。

一気に飛ばす場合はチェックを外します。

8:横幅

目次のサイズを設定できます。

基本的には、自動で良いと思います。

9:回り込み

「なし」「左」「右」の3つから選択できます。

10:文字サイズ

文字サイズを設定できます。

基本設定では、95%となっていますので、デフォルトのままでOKです。

11:プレゼンテーション

表示させたいデザインを選択します。

※上級者向けの設定をできますが、デフォルトのままでOKです。慣れてきたら後から設定すれば良いと思います。

WordPressに目次を設置するTable of Contents Plus
設定方法3:設定を更新

最後に右下の「設定を更新」をクリックすれば完了です。

既に公開している記事を確認すると下記画像のように表示されているはずですので、確認してみましょう。

WordPress 目次を設置

いかがでしたでしょうか?

もし分からないことがありましたら、こちらからご相談ください。

お問い合わせ