YouTubeでブランディングをすることで、他のライバルや競合とは違ったオリジナルが生まれ、差別化することに繋がります。

差別化することができれば、ライバルや競合はもちろん、その他の外部環境に左右されることなくビジネスを独自路線で行うことができるようになります。

そのためには、ブランディングの基盤となる意義と基本理念を明確にしていきましょう。

この記事では、YouTubeでブランディングするための基礎をご紹介します。

YouTubeでブランディングする方法1
ブランディングの基盤となる意義を明確にする

あなたにとって意義のあることを明確にしてブランディングを行うことは、あなたの行動に繋がります。

モチベーションが極端に下がってしまい、YouTubeを継続することができなくなる…ということを防ぐことになります。

継続することこそが、ビジネスはもちろん、全てのことで重要なのです。

長期にわたって取り組む意欲を保ち続けるために、あなたにとって意義のあることを明確にしましょう。

ブランドを構成する要素1
コミュニティとの関係性

ブランドを構成する重要な要素となるのは、あなたのYouTubeチャンネルを支持してくれるコミュニティです。

YouTubeを活用したビジネスを行うときは、あなたのYouTubeチャンネルを支持してくれるコミュニティのことを常に考えるべきです。

YouTubeチャンネル登録者というコミュニティは、あなたが進むべき方向を示してくれています。

コミュニティと交流を行い、意見を求めて声に耳を傾けることが大切になります。

この積み重ねが視聴者さんとの関係性を作っていくのです。

ブランドを構成する要素2
ターゲットと分野の絞り込み

世の中には様々なビジネスがあり、必ずあなたと同じ分野のビジネスを行なっている企業や個人がいます。

むしろ、誰もやっていないビジネスを見つけることは、今の時代では不可能だと言えます。

もし、誰もやっていない画期的なビジネスを見つけることができたとしても、それは既に誰かがチャレンジしてうまくいかなかったビジネスだと思っておいた方が良いでしょう。

つまり、あなたは既にライバルや競合がいるビジネスを行なっていくことになります。

まともにやってしまっては、誰もあなたのことを見つけることができません。

そこで、大切になるのが、絞り込みです。

ターゲットや分野を絞り込むことで、他とは比べることができないオリジナルのブランドができるのです。

これをポジショニングと言います。

具体的には、ポジショニングの決め方とコツに書いていますので、参考にしてください。

 

YouTubeでブランディングする方法2
ブランドの基本理念を明確にする

ブランディングの基盤となる意義が明確になったら、次にブランドの基本理念を言葉にして明確にします。

基本理念を簡単に言うならば、あなたが目指す方向性のことです。

将来的に自分が実現させたいことやあなたのブランドが目指す場所です。

基本理念の特徴1
エネルギーの役割

あなたの目指す方向性を他人が聞いてもイメージできるように具体的にしましょう。

いつまでにどのような未来を実現させるのか、そして、それを行うことでどんなベネフィットがあるのか…

 

具体的なビジョンを描くことで、自分自身に力を与えるエネルギーの役割となります。

基本理念の特徴2
羅針盤としての役割

理念は、意志決定の際の明確な指針を与えてくれる羅針盤としての役割を持っています。

自分が進むべき道に迷ってしまった時の判断基準は、理念となります。

不測の事態でも拠り所にできるのが基本理念なのです。

基本理念の特徴3
具体的で明確

基本理念は、具体的で明確でなければなりません。

人に容易に説明できるようにしておきましょう。

基本理念は、達成したいと願うことを文章にして表現することで、目標を思い描きやすくなります。

まとめ

この記事では、YouTubeでブランディングするための基礎として、

  • 意義を明確にする
  • 基本理念を明確にする

という2点についてお話ししました。

この2つが不明確なままだと、継続することができなかったり、進むべき方向がわからなくなってしまいます。

この2つを明確にすることで、継続することができ、迷っても軌道修正することも簡単にできるようになります。

ですので、まずはこの2つを明確にすることをオススメします。