誰もが簡単に無料で動画をYouTubeに投稿できるようになりました。

YouTubeチャンネル(自分の番組)を作り、趣味や特技を活かした動画を投稿をするYouTubeクリエイター(YouTuber)という職業も話題になっています。

しかし、ただ動画を投稿し続ければ再生回数が増えて、動画広告収入を見込める…というわけではありません。

動画をより良いモノに改善することはもちろん大切ですが、再生回数を増やすための基本的なことを理解し正しく活用する必要があります。

この記事では、YouTubeの機能を活用して動画の再生回数を増やす方法をご紹介します。

YouTubeの機能を活用して動画の再生回数を増やす方法1
関連動画を活用する

1つ目は、関連動画を活用することです。

関連動画は、再生中の動画に関連した動画を表示するYouTubeの機能です。

関連動画を活用することで1本の動画だけでなく、2本、3本と視聴され、一人あたりの再生回数を増やすくことになります。

PCでYouTubeを表示したときに、右側に縦に複数の関連動画が表示されます。

タブレットやスマホでは、再生している動画の下に関連動画が表示されます。

これをクリックして関連動画を見た経験がある人も多いでしょう。

自分の動画を視聴してもらっている時に、別の自分の動画を関連記事に表示させることができれば、それだけで動画の再生回数が増えます。

また、他人の動画を視聴されている時に、その関連動画に自分の動画を表示させることができれば、その動画の視聴者が自分の動画を見てくれる可能性が高まります。

では、どうすれば関連動画に表示させられるのでしょうか?

自分の動画が再生されている時に別の自分の動画を関連動画に表示させる方法

自分の動画が再生されている時に別の自分の動画を関連動画に表示させるためには、「メタデータ」を正しく設定することが大切になります。

 

YouTubeでメタデータは

  1. タイトル
  2. タグ
  3. 説明文

の3つです。

1:タイトル

動画のタイトルはとても重要です。

例えば、メイク動画のタイトルの場合、「メイク動画 No1」というタイトルにすると、動画の内容がタイトルからイメージすることができません。

ですので、どのような「メイク動画」なのかを正しく設定する必要があります。

例えば、

  • 「初デートモテメイク」
  • 「男を虜にするすっぴんメイク」
  • 「15分の簡単お手軽メイク」
  • 「休日メイク」
  • 「ブルゾンちえみ風メイク」

などにします。

そうすることでキーワードが自然とタイトルに設定されます。

同じメイク動画に関連動画として表示される可能性が高まります。

2:タグ

YouTubeに動画をアップする際、動画のキーワードをタグで設定できます。

タグはYouTubeの画面上には基本的に表示されません。
(YouTubeの再生画面で右クリックの「ページのソースを表示」で確認できます。)

タグは動画の検索や関連動画の表示にとても重要な役割を果たすデータです。

「再生中の動画と自分の動画は関連している」とYouTubeに認識されるようなタグの設定を行いましょう。

3:説明文

説明文はタイトルよりも動画の内容を具体的に記述できます。

検索一覧にも説明文が表示されます。

説明文に記載されたキーワードが関連動画の表示に活用されますので、タイトルやタグと同じで「関連動画」としてYouTubeに認識されるように設定することが大切です。

他人の動画再生時に自分の動画を関連動画に表示させる方法

人気のあるYouTuberなど他人の動画が見られている時に、自分の動画が関連動画に表示されれば、視聴者が自分の動画を見つけてくれやすくなり再生回数を増やせます。

そこで動画に興味を持ってもらえれば新規チャンネル登録にも繋がります。

「他人の動画再生時に自分の動画を関連動画に表示させる方法」は、「自分の動画が再生されている時に別の自分の動画を関連動画に表示させる方法」と基本的には同じです。

もう1つの方法は、自分の動画の説明文の中に他人の動画のリンクを貼る方法があります。

これによってリンクを貼った動画に自分の動画が関連動画として表示される可能性が高まります。

YouTubeの機能を活用して動画の再生回数を増やす方法2
コメント・カード・終了画面を活用する

2つ目は、

  1. コメント機能
  2. カード機能
  3. 終了画面機能

これらを活用する方法です。

YouTubeの機能をフルに活用すれば再生回数を増やすことができます。

1:コメント機能

YouTubeは、動画ごとに「コメントを許可」を設定することができます。

「コメントを許可」をして「承認制」にすることもできますので、何か特別な理由がないのであれば「コメントを許可」することをおすすめします。

コメント欄でユーザーとコミュニケーションを取ることができますし、ユーザーの悩みや問題が書かれ新たな動画のヒントになったりすることがあります。

また、コメントが増えると、批判的なコメントも増えてきます。

しかし、批判的なコメントを過剰に反応する必要はありません。

顔が見えないネット上で批判をする人は、どんな動画であっても批判をします。

ですので、あなたがどんな動画を出したとしても批判を繰り返すので、相手にするだけ無駄になります。

度を超えた批判コメントやコミュニティを荒らすようなコメントをするようであれば、コメントを承認しなければいいだけです。

2:カード機能

つい最近までアノテーション機能というモノがありました。

動画内にテキストやリンクを設定する機能です。

 

しかし、このアノテーション機能は現在廃止されカード機能が誕生しました。

盛り上がるポイントでカード機能を表示させリンクを飛ばしたりと効果的です。

カード機能は、6つの種類が用意されていますが、その中で再生回数を増やすために効果的なモノをご紹介します。

1:チャンネル

視聴者に視聴を呼びかけたい、おすすめのチャンネルにリンクできます。

2:リンク

リンクは、

  1. 「関連ウェブサイトカード」
  2. 「クラウドファンディングカード」
  3. 「商品紹介カード」

の3種類に分かれています。

動画と関連サイトをリンクさせたり、ライセンスを持つ商品を動画の中で紹介できたりするカードです。

3:アンケート

アンケートを表示して答えてもらうことで視聴者と交流できます。

コミュニケーションを図ることは、視聴者と信用・信頼といった関係性を構築し、動画の再生回数にも繋がります。

4:動画または再生リスト

視聴者が関心を持ちそうな別の動画や再生リストにリンクできます。

3:終了画面機能

終了画面は、動画の終了部分に別の動画を表示させたり、チャンネル登録ボタンを表示させたりすることができます。

これまでのアノテーションと大きく違うものは「動画と再生リスト」です。

終了画面では、

  • 動画または再生リスト
  • チャンネル登録
  • 承認済みウェブサイト
  • チャンネル

この4つを加えることができます。

例えば、「最新のアップロード」を表示させれば、「最新のアップロード動画」に移動してもらうことに繋がります。

「視聴者に適したコンテンツ」を表示させることができますので、自然と再生回数を増やすことができます。

また、この終了画面まで見ているということは、最後まで動画を見てもらえているということですので、興味を持たせることができている可能性が高いので、「チャンネル登録」を表示させれば、チャンネル登録に繋がる可能性が高いです。

YouTubeの機能を活用して動画の再生回数を増やす方法3
再生リストを作成する

3つ目は、再生リストを作成することです。

再生リストを作って、動画を整理しておくことで、動画の再生回数を増やすことに繋がります。

再生リストとは?

YouTube 再生回数を増やす上記画像のような「○○本の動画」という表示をYouTubeの検索一覧から見たことがあると思います。

これが再生リストです。

動画視聴後に別の動画が自動的に再生されることがありますが、それは再生リスト内の動画が自動再生されているということです。

再生リスト内の動画は自動再生されるので、次々と自分の動画を見続けてくれる可能性が高まります。

そうすれば自然と動画の再生回数は増えます。

再生リストをカテゴリー分けしておけば、関連動画がまとめておけるので、視聴者にとっても動画を検索する手間がはぶけて便利です。

再生リスト内の1本でも気に入ってもらえれば、チャンネル登録して継続的に視聴してくれる可能性も高まります。

再生リストの作成は、再生回数を増やすために重要なポイントとなります。